うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN762日 】 2016年05月01日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 762 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
   石勇斎 水華

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『 まぶた 』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

思い出はトリミングしたはずなのに切れ端ばかりまぶたに積もる

かつらいす

7 6+1

柴田葵渚さらさ三月海月田村穂隆九乃九作きい

わかりすぎて困る。
三月海月

辛い悲しい思い出はいきなり息を吹き返す、そんなもんなんでしょう。あまり瞼を酷使したくないですね。
九乃九作


ふたりとも瞼をとじるタイミング見つけられずにひらく夏空

秋子七子

6 5+1


まぶたから零れるものが海ならばこれはあなたと夜にみた海

七海奏一郎

5 5


わたくしによく似たむすめの眼を撫でる(一重を愛せる日がくるなんて)

淡海わこ

4 3+1


ゆつくりと近づく気配 明け方のまぶたの向かうのおはやうを待つ

桔梗

4 3+1


あしたにはなにもなかったことにする だから今夜はまぶたを冷やす

ネネネ

3 2+1 星

南瑠夏月花

どうして瞼っていう部位はこんなにも辛いことを反映させるのでしょうか。辛かったことも冷やして固めて捨てちゃってください。
九乃九作


無防備なまぶたを見せる君がいて僕はでこぴんしてみたくなる

きつね

3 2+1 星


夢くらい見せてほしくて閉じたのにまぶたの裏にあしたが見える

あみー 家

2 2


羽根の降るような速度だ まなうらに流れ続けるエンドロールは

吉川みほ

2 1+1


おとなには絶対泣けない日があると姉がまぶたに造る堤防

海老茶ちよ子

2 2


瞬きがあまりに規則的すぎて人間でないことに気付いた

もりのさと

2 1+1

こわい!!
むしろまばたき以外は人間のようだったんですね。

ネネネ


ふるえだす瞼をせつにもてあますひとのおでこにおでこを当てる

萩野聡

2 1+1


くちづけるまぶたをすこし吸ってみる起きてもいいし起きなくてもいい

飴町ゆゆき

2 1+1

小向大也

まぶたって閉じてる時(眠っている時)でないと見られないから、こういう官能的な側面がありますね。「起きてもいいし起きなくてもいい」の部分にぞくっとしました。
小向大也


はつなつの柔くまぶたに射すひかり朝の匂いをゆっくりと嗅ぐ

文佳

2 1+1


開いてたら見えないけれど知っている瞼のほくろ(あなたは知らない)

ニキタ・フユ

2 1+1

桜枝巧

わあ!色っぽいです。色っぽい関係を想像してきゅんとしました。
衣未(みみ)


ゆるゆるとまぶたを流れる通学路私はふつうになれたでしょうか

南瑠夏

2 1+1

nu_ko

ふつうになんかならなくていい。そんなにイヤだったら逃げてしまえばいい。後からならそう言えるんですけどね。
九乃九作


十年も奴のまぶたに棲むというひとに近ごろ恋をしている

こりけケリ子

2 1+1

あべせつ

ヤバい。奴が友人でなければ良いが・・・
九乃九作


劣性の遺伝子を継ぐまぶたでも笑って生きるから見ていてね

なべとびすこ

2 1+1 星


いつ目蓋閉じたのかすらわからない手術終わって病室の中

三月海月 家

2 1+1 星


まぶた落ち眠りに落ちる一瞬に蒼く澄んだ羽根を見たんだ

渚さらさ

2 1+1

だゆう

やさしい色合いの一枚の絵が思い浮かんできそうです。
さくらいく


目に見えぬ美しさもある 例として眼球まもるまぶたの厚み

嫉妬林檎 家

2 1+1


余所行きの顔が出来ないお守りに真っ赤真っ赤な瞼を買わせて

2 1+1


やさしさを忘れてしまった休日の動物園のきりんのまぶた

つん

1 1

こりけケリ子

キリンにはいつもやさしい目をしていてほしい。休日の彼女も...。しかし彼女は鬼の目をしているかも。
九乃九作


嗚呼まるで景色を噛み砕くように一秒に二度まばたくまぶた

田村穂隆

1 0+1


まぶたから零さぬように空をみた僕の味方は僕でしかない

久哲

涙をこらえてちょっと大人に近づいた”僕”が見えたような気がしました。
さくらいく

よくある若男詠みですが、共感とヒリヒリするような
孤独感が魅力💛

久哲


ぼくに似た一重まぶたの子どもたちなんで寝相はきみに似たんだ


ねえどうか愛してるままぶたないで 日々永くなる朝のまばたき

まそ

1 0+1

「ままぶたないで」のところに密かに「まぶた」を読み込んでいて、あとから「まばたき」でもう一度まぶたを連想させるのがいいと思いました。「長く」ではなく「永く」であることで、最後は永遠にまぶたを閉じたままなんじゃないか、と思わせる恐怖も出ている気がします。
なべとびすこ


キスできる距離までふたり近づいてまぶたをかわりばんこで見てた

小向大也

1 0+1 星


喉を灼く水なし一錠飲み込んで早く効いてとまぶたをおとす

2600

1 0+1


八月の朝日は瞼を貫いて私を殺すレーザービーム

星野ぐりこ

1 0+1 星


その下に黒い硬質隠してる。蒼く優しい君のまぶたは

さくらいく

1 0+1


人形の瞼のひらく音がして振り返る、そう、あなたの後ろ

柴田葵 家

1 0+1


はじめからまぶたを持たぬおさかなのよう 君は目を閉じずねむった

秋本こゆび

1 0+1


思い出はここにメモしてとっておこう無くさないよう忘れないよう

いち

1 1 葉 はじめて


(きみが泣くまいと)まぶたを上下するたびに瞳の色が変わっていった

雀來豆

1 0+1


海ひとつ越えることない若鳥のまぶたに触れる頬のあること

久哲

1 0+1 星


泣いているのを目薬のせいにされてなにがなんだか、まぶたの裏は

うにがわえりも 家

1 0+1


ひとすじの朝の光に溶けてゆくまぶたの裏のAnother World

きい

1 0+1

どんまい!

気付いても目をつぶっててまぶた上 目を描いて寝るうららかな午後

傘なし

1 0+1

どんまい!

降る雪が瞳を閉ざしゆく時も消えないでいて瞼の母よ

宮嶋いつく

1 0+1

どんまい!

この脂肪さえなかったら憧れの二重まぶたになれたはずなのに

たんこぶ

1 0+1

どんまい!

まなうらに映る世界を見るために今日もゆっくりまぶたを閉ざす

門脇篤史

0 0


倒れ伏す僕に駆け寄る音がする今、開いたら負けだぞ目蓋


めはじきのやうな少女の輝きに覚める眼球 また傷みます

大方水分 家

0 0


日の本の民よ目を閉じ思いを馳せよ 皆の心を阿蘇の大地へ

0 0 葉 はじめて

どんまい!

昨日 2016年05月01日(日) 明日

出詠した人選歌した人

つん 海老茶ちよ子 大方水分家 星野ぐりこ あみー家 chari 久哲 2600 もりのさと こりけケリ子 宮嶋いつく 吉川みほ 雀來豆 柴田葵家 門脇篤史 いち ネネネ たんこぶ 三月海月家 たかはしみさお 秋本こゆび 傘なし きい なべとびすこ 淡海わこ 七海奏一郎 まそ 飴町ゆゆき かつらいす ニキタ・フユ 小向大也 渚さらさ 田村穂隆 きつね 南瑠夏 りりー うにがわえりも家 嫉妬林檎家 萩野聡 さくらいく 桔梗 秋子七子 文佳

柴田葵家 渚さらさ ネネネ かつらいす 三月海月家 衣未(みみ) うにがわえりも家 桜枝巧 温子家 傘なし 南瑠夏 きつね 田村穂隆 藤原蛍家 ニキタ・フユ まそ 嫉妬林檎家 淡海わこ たんこぶ 久哲 秋本こゆび 小向大也 雀來豆 吉川みほ 2600 なべとびすこ 飴町ゆゆき こりけケリ子 星野ぐりこ 月花 静ジャック 五條ひくいち 九乃九作 えんどうけいこ 宮嶋いつく あべせつ きい 萩野聡 桔梗 秋子七子 もりのさと りりー nu_ko 文佳 だゆう

45 人

46 人



 2016 05 
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31