うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN760日 】 2016年04月29日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 760 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

おいしさが染み込むほどに白が抜け透明になる大根の丸

傘なし

6 5+1

松木秀遠木音衣未(みみ)遠井海桜望子

本当に!美味しそうです。
衣未(みみ)

大根が透明になっていく、幸せなコトコトという煮込みの音が聞こえるようで、ハートを付けさせていただきました。
遠木音

着眼点がおもしろいです。人間もかくあらん、ですね。
九乃九作


いさぎよく歩道を染めるヤマモモの実の赤さほど強くなりたい

小川けいと

5 4+1

桜枝 巧傘なし有櫛由之宮嶋いつく

ヤマモモの木を見たことはないのですが、ベリー系の赤い実が落ちて真っ赤にしてしまうのでしょうか。そのイメージと「強い」感じがしっくりきました。歩道のそこだけ赤く主張している感じは強いですね。
九乃九作


日々、ヒトに感染をするウイルスは地球を守るための抗体

きつね

5 4+1 星

淡海わこ知己凛温子亀山真実

確かに。考えさせられる一首ですね。
知己凛

なるほど、環境問題を考えるとそうかもしれません。いい加減にしないと他の免疫機能が出てきて人類が駆逐されるかもしれませんね。
亀山真実


あの人に会える期待がわたくしのあちらこちらを染めてゆきます

淡海わこ

5 4+1

つん飴町ゆゆき井田直藤 かづえ

わかります!会えるとわかると、なんだか急に自分が変わっていくような気がします。
つん

その期待は体中を火照らせる。いいですね。
九乃九作


目玉焼きにはソースを落とす少しずつあなたに染まる生活がある

門脇篤史

4 3+1

ツナマヨ森雅彦五條ひくいち

あ、好き。そう思える一首です。ソースを落とすたびに、生活が「あなた」色に染まっていく。二句目がちょっと苦しそうですが、柔らかな光景に思わずほほえんでしまいました。
桜枝 巧

今まで暮らしてきた生活の様々な作法を少しずつ寄せ合って行く感じがいいなと思いました。
しま・しましま

一緒に暮らしているうちに相手の食の嗜好がうつったケースは多いようですね。少しずつ落ちる液体の速度が、醤油じゃなくソースの速さなのがとても良いです。
五條ひくいち

ふむふむ面白い。醤油だったか塩だったのか、はたまたケチャップだったのか。生活するとは同化することなのかもしれませんね。ちなみに私は何も付けずに食べますので染まりにくいかもしれません。関心の外でしょうが。
九乃九作


お互いに染まる色などもう無くて腕の裏側見せ合っている

藤 かづえ

4 3+1

森下裕隆久哲小川けいと

夫婦と読みました。良い腕の裏側の色使いですね^^ 💛
久哲

長年連れ添うとそのようになっていくのでしょう。腕の裏側を見せ合うってのが面白いです。手の内を見せ合う関係ではないってことなんでしょうか。関係ないかな?
九乃九作


宵闇の静けさ包む御城下に染み入ってゆく晩の梵鐘

宮嶋いつく

4 3+1

たかはしみさお月花門脇篤史

ただ、ただ美しい景。横書きなので固く見えるけど縦書き筆文字になればいっそう深まってくるはず。
たかはしみさお


水筒の麦茶わずかに泡立って夕日に染まる腕だけ熱い

しま・しましま

3 2+1 星


藍染の浴衣で逢瀬するときの薄紅染まりゆく君の頬

つん

3 2+1 星


この染みはたぶん血だけど公園のベンチの下の百万拾う

森下裕隆

2 1+1


新緑に風も緑に染まる今日彼のウグイスも上手に鳴けり

遠木音

2 1+1 星


月はもう家に帰ったのに君の染色体は貪欲だよね

中山とりこ

2 1+1


監視する正義に人は汚染され奪った四肢を火に焚べてゆく

たかはしみさお

2 1+1 星


染髪をやめる白髪に覆われるコンタクト止め眼鏡をかける

雀來豆

饒舌なようで、何も言ってないようで(失礼)、なぜか楽しい歌。
雀來豆


はじめての人はたそがれ色になり輪郭だけがしかと立ちをり

飴町ゆゆき

2 1+1

文佳

男も女性も年を経ていい色になっていくのでしょうね。輪郭がしかと立つ、その姿はかっこいいです。
九乃九作


青春を支えた歌は青いまま疲れの色を静かに染める

ツナマヨ

1 0+1


たくましく染井吉野は葉をかざしするどき夏の陽をさえぎりぬ

村田馨

1 1

きつね

春ではない桜、たくましい桜が新鮮でした。
きつね


塩酸を浴びて既定の個性ごと染色体を漂白しよう

亀山真実

1 0+1 星


生と死のすべてを受け入れたゆえに灰色に染められてゆく海

雀來豆

1 0+1 星


王子は蛙 王女は眠り口づけの無い夕暮がみどりに染まる

しま・しましま

救われない世界が「夕暮がみどりに染まる」という倒錯で、ほんのすこし救われるような気がしました。
しま・しましま


藍染めにされたみたいに深いあい夜空の下で思い出すひと

桜望子

1 0+1


アレッポの石鹸あらばアレッポに流れたる血で真っ赤に染めよ

松木秀

1 0+1


幾代も染色体を混ぜ合わせけなげに生を引き継いでいる

遠井海

1 0+1


染色体だったといわれても困る目に見えるひとだけ信じてる

文佳

1 0+1


わっひゃーと驚くクセがうつってたことからばれて再会の夏

西村湯呑

1 0+1

可愛いです。
衣未(みみ)


わた毛舞うたんぽぽヶ丘で寝ころんで染色体はあかい夢みる

嫉妬林檎 家

1 0+1


さらさらとお天気雨が通り過ぎパステルカラーの虹を染め抜く

薄荷。

1 0+1

どんまい!

今回は滋賀県が飛ぶ NHK短歌の染野太朗選見る

天野うずめ 家

0 0


帰り路 近づく影のその距離に 君と夕陽に染められた僕

hana_uta

0 0


昔からわたしはどこにも馴染めないわかっているけど、だけどさみしい

2600

0 0


君の眼の色に染まったこの髪を 撫ぜるのがどうか君であるよう

藤原蛍 家

0 0


昨日 2016年04月29日(金) 明日

出詠した人選歌した人

つん きつね 2600 門脇篤史 hana_uta 宮嶋いつく こりけケリ子 雀來豆 遠井海 村田馨 小川けいと 中山とりこ 松木秀 傘なし たかはしみさお 藤原蛍家 天野うずめ家 桜望子 森下裕隆 嫉妬林檎家 藤 かづえ 遠木音 飴町ゆゆき 淡海わこ ツナマヨ しま・しましま 薄荷。 文佳 ホシキョウイチ 亀山真実 西村湯呑

西村湯呑 桜枝 巧 松木秀 ツナマヨ 淡海わこ 森雅彦 遠木音 つん 衣未(みみ) 吉田一美 遠井海 森下裕隆 中山とりこ 嫉妬林檎家 飴町ゆゆき 久哲 きつね たかはしみさお しま・しましま 傘なし 有櫛由之 雀來豆 月花 井田直家 知己凛 五條ひくいち あべせつ 温子家 ホシキョウイチ 薄荷。 小川けいと 亀山真実 宮嶋いつく 藤 かづえ 文佳 門脇篤史 だゆう 桜望子

31 人

38 人



 2016 04 
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30