うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN756日 】 2016年04月25日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 756 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
 キョースケ

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『 カラオケ 』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

カラオケが好きだと言えば意外だと言われる僕の歩幅のひろさ

小宮子々

5 4+1

ナタカ月花桔梗森下裕隆

カラオケが好きであることと、歩幅の広さと何か関係があるのでしょうか。わからない。わからないけど、何か惹かれるものがあったので特選です。
森下裕隆


お隣も一人で歌っているらしいあなたも何か怒っているの

ナタカ

5 4+1

久哲田村穂隆九乃九作朝倉洋一

シンプルですが、見える。💛を^^
久哲

私も仕事帰りにひとりカラオケに行くので、よくわかります。思いきり発散しようと駆け込んだはずのカラオケで、隣室が気になってしまう、主体の悲しみを感じました。
朝倉洋一

あー、ハート入れたかった!
そして見えてるんですか、わたしが歌ってるところ(滝汗)

きむろみ


カラオケで嗄らしたのどに朧月転がしながらやわらかく飲む

きい

5 4+1

下弦麗子宮本背水菊池優花

朧月を飲むとしたところが面白い。
村田馨

カラオケの帰り道の、思う存分歌って心が満たされている気分が伝わってきました。ヒトカラで……。
三田たたみ


バリトンのはたらくくるま浴室に響き渡って子が湯を叩く

星野ぐりこ

4 3+1 星

月丘ナイル藤 かづえ藤田美香

のりものあつまれ、いろんなくる~ま♪
かわいらしい。ほほえましい。

村田馨

お父さんのバリトンで歌われるはたらくくるま、想像しただけで素敵です。それに合わせて小さな男の子(たぶん)がぱしゃぱしゃお湯を叩くのも可愛らしいですね。とても温かいお歌だと思います。
藤 かづえ


宵闇のクジラは波をカラオケに52Hzの孤独な歌を

宮本背水

4 3+1

星野ぐりこ薄荷。村田馨

寂しさと美しさ。「カラオケ」というお題の賑やかさと真逆な静謐さにとても惹かれました。
星野ぐりこ

52Hzというと、かなり低音。人間の耳の可聴域の下限(20Hz)に近い。クジラの発する音波はこんなに周波数が低いのか、と新しい発見があった。カラオケとの組み合わせも個性的で、うまく一首に仕上がっている。
村田馨

解釈が難しい歌です。クジラが可愛らしくもあり、孤独が切なくもあり……。あとなんとなく「波よ聞いてくれ」というマンガを思い出しました。孤独とは強さでもあるのかもしれません。
三田たたみ


カラオケ屋が潰れてしまつた街にゐて風に歌つてゐる日々がある

桔梗

3 2+1

静ジャック小宮子々

実家(田舎)の潰れたカラオケ店を思い出しました。そこがなくなったら、もう学生は外かお風呂で歌うしかないですよね……。切ないけど、逞しさのようなものも感じます。
三田たたみ


こんなにも悲しい僕の失恋の歌にチープなPVがつく

田村穂隆

3 2+1

なべとびすこ三田たたみ

すごく共感できる歌です。なぜカラオケのPVってあんなにしょぼいのだろう……そしてちょっと時代が古かったり、小芝居が大げさだったり。悲しみに浸りたくても白けますよね。でもそれで気が紛れるなら結果オーライなのか……。
三田たたみ


太陽をめぐる地球の隅っこでカラオケマイクは公転してる

下弦

3 2+1

サリーB

スケールの違いにウケましたw でも確かにぐるぐる回ってますね、マイク。人体は小宇宙、みたいな感じでしょうか。
三田たたみ


コンビニのCMソングになってから歌わなくなった好きだった歌

nu_ko

3 2+1

六池大橋春人

具体的にどの曲かはわからないけど、その気持ちはわかります。コンビニのCMって流れる回数も多いし、少しチープに感じてしまう。主体はあまり目立ってなかったその歌を歌うのが好きだったのでしょう。流行りに乗ってるとか思われるのが嫌だったのかも。
大橋春人


雨の音が寄り添うように降りそそぐ寂れた町のカラオケ店に

菊池優花

3 2+1

nu_koきい

類想の歌がいくつかあったが、本作品が一番詩情を感じた。
村田馨


ふと君は寺山修司を口遊(くちずさ)む歌の途絶えた未明の部屋で

森下裕隆

2 1+1 星

あべせつ

なぜ、寺山。カラオケはどこに。「時には母のない子のように」か?
村田馨

カッコよすぎて選びたくなかったんですけどねえ(笑)カッコイイんだなあ、この歌。
藤田美香

歌の途絶えた未明の部屋、と言うのはカラオケボックスのことなのだろう。
所謂カラオケオールと言うやつだと思われるが、未明になるとだんだん皆疲れてしまう。
そんな時にふと寺山の短歌を「君」は呟いたのだろう。寺山修司と言う名が、気だるげな場の空気にいかにも合っている様に思える。渋いけれども格好いい一首だと思う。

塾カレー

追記:「君」が呟いた(おそらく)短歌が寺山の作だと知っている主体もまた、気だるげな空気を共有しているんですよね。そういうところも良いなあと思います。
以上、長々と失礼しました。

塾カレー


友人がサビで何度もレスポンス「(心は死んでるけど)あがってる!」

なべとびすこ

2 1+1

2600

たぶん作者は世代的に同じくらいだと思うけど、私は「下がってるー!」と叫んでました。
大橋春人


二次会でカラオケに行く前フリとしての中トロコハダアジ(ヘイラッシャイ!)

月丘ナイル

2 1+1 星

東風めかり

シブガキ隊の「スシ食いねえ」。しかし、なぜいま。
村田馨

カラオケで好きな曲を歌うってこと以外に意味はありません。>村田さん
月丘ナイル


昼前のカラオケ屋では主婦たちがヒトリヒトリの世界に籠もる

藤田美香

1 0+1 星

ひとりカラオケなのか、集まってもそれぞれの殻に閉じこもってしまうのか。いずれにしても、孤独な主婦像。
村田馨

お子さんが幼稚園などに行っている間、奥さまたちは密かにストレス発散さているのですね。そういう場所があるってことが、救いになっているとよいのですが……。
三田たたみ


黄泉に寄席あらば柳昇師匠なるカラオケ噺聞きに行きたし

宮木水葉

1 1


ありがたいいっこく堂の唇は遅れても大丈夫と言っている

六池

1 0+1


子らと行くカラオケだからディズニーとヒーローものと教育テレビ

村田馨

1 0+1 星


きゃりーぱみゅぱみゅの「ふりそでーしょん」の『はたち』を『三十路』にして、おめでとう

朝倉洋一

1 0+1 星

声に出してみると分かるだろうが、読みにくい一首。
村田馨

きゃりーぱみゅぱみゅ(うまく言えない)のその歌のことは知らないけど、三十路を迎えた人のために替え歌にしたのでしょう。結句のおめでとうはシンプルだけどいいですね。
大橋春人


窓の外に広がってゆく春を見て猫が鼻を鳴らしている朝

サリーB

1 0+1


足繁くかよったカラオケ跡地にはぱたぱた揺れるパーキングナンバー

藤 かづえ

1 0+1 星

ぱたぱたというオノマトペがありきたり。
村田馨


カラオケを 歌う姿に ご用心 幻滅したり 惚れ直したり

あべせつ

1 0+1

語句の間のスペースは不要。
村田馨


またきみは首でリズムを取っているマイクを握ることを拒絶し

大橋春人 家

1 0+1 星


カラオケで尾崎豊を選んでる 遠回りした学生の頃

静ジャック

1 0+1


いつもよりカッコいいとこ見せたくてあなたを誘うカラオケボックス

薄荷。

1 0+1


カラオケの帝王と言われ今日もまたマイクを握るたぬきのおじさん

麗子

1 0+1


カラオケ屋タッチパネルが使えない齢 ひたすら合いの手を打つ

三田たたみ 家

1 0+1 星


つつみこむようにの前に消えたひと例えばMISIAのいないダンサー

東風めかり

1 0+1


独りでは未だにいけぬカラオケを車の中で大熱唱す

心伝

0 0


シジュウカラ桶で水浴びする様を笑顔で見守る娘と三毛猫


永久に言わないはずの劣情を十八番とすれば今日も催し

カカオ

0 0


昨日 2016年04月25日(月) 明日

出詠した人選歌した人



 2016 04 
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30