うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN756日 】 2016年04月25日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 756 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
 キョースケ

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

ゆふぐれに街の名ひとつ吐き出した券売機 まだ春を知らない

秋本こゆび

7 6+1

須磨蛍ツナマヨ天使きらり久哲静ジャックさわい

王道のような短歌ですね、とても好きです。券売機が切符を出す様子を「街の名ひとつ吐き出す」という表現をされたことが白眉です。あえて指摘をするならば、オーソドックスすぎる点でしょうか。「ゆふぐれ」「街」「春をしらない」は舞台装置としてとても良く出来ている分、使われすぎているかなぁと少しおもいました。
須磨蛍


胸躍る事件が起こるかも知れぬだから切符は片道を買う

遠木音

5 4+1 星


星へ行くチケットみたい テロメアと呼ぶ生命の回数券は

月花

5 4+1 星


友達のままでいられる半券を捨てて気持ちを告げる春の日

えり

4 3+1 星

遠木音うにがわえりも下弦

友達のままでいられる半券という表現が好きです。
文月りか

半券を捨てるというところで、なるほどと思いました。一般的に好意を伝えるときはいきなり暴発させるのではなく、まずはお友達・顔見知りになるという段階を踏むのですよね。だからこそ、チケットを捨てるんじゃなくて、半券を捨てる。今回が2回目の「入場」になるわけですね。

気持ちを告げる、のあたりもうちょっとかっこよくできそうな気もするし、一席をどれにするか他のいくつかと迷いましたが、半券という見方の新しさと、あっさりとしたリズムが気に入ったから♡あげます。

うにがわえりも

思い切って半券を捨てる勇気が心地よいです。代わりに素敵なチケットが手に入りますように。
遠木音


クーポンのことでけんかをする人が険しい顔でくうぽんと言う

中牧正太

4 3+1

もりのさと西村湯呑門脇篤史

おもしろい歌です。そういわれれば、「クーポン」って間抜けな響きですよね。「クーポンのことでけんかをする」のも、くだらなくておもしろいですが、「くうぽん」がそれをさらに引き立てているとおもいます。
西村曜


十年のインクが薫る旅券には時間旅行の形跡がある

那須ジョン

3 2+1 星


できるだけ遠くを目指す子供らが途方に暮れる券売機前

前田沙耶子 家

3 3

阿坂れい那須ジョン葵の助

帰りの分も考えたら一駅分くらいしか行けなくて、ああなんて閉塞感なんだろう。
那須ジョン

券売機の前で途方に暮れてしまう気持ち、わかります。知らない路線、知らない駅名、他にも「知らない」が列をなしている。ひとつずつ、経験を積みながら明かされるパズル。そのときもまだ、「できるだけ遠くを目指し(す)」ていたら…それはまた違う意味を持つのかも知れません。
真結

わいわいと仲間で夢を描いても実現できない現実のかべ
阿坂れい


ポケットの底ひに潜む半券は冬のにほひを放ち続ける

門脇篤史

3 2+1


整理券持たぬ僕らは自殺者の列からさえもはじき出される

Y川 家

3 2+1 星

松木秀中山とりこ

自殺は勝手に死ぬものだと思いきや、何やら社会的なシステムのようなものに組み敷かれて初めて成し遂げられるものなのか。ゾッとするようなホッとするようなところに惹かれました。
那須ジョン


食券を買い間違えたぐらいでもわらべ唄ならほぼ殺される

久哲

3 2+1

月花深影コトハ

あぁ、と頷いてしまいました。わらべ唄って不条理ですよね。
月花


地下鉄の券をしまったポケットに行方不明のピアス見つける

真夜中

3 2+1


結婚て映画みたいね半分にちぎった名前で入場するし

中山とりこ

3 2+1 星


アイドルの握手券付きCDは歌を忘れて案山子と暮らす

たかはしみさお

2 1+1

三月海月

畑や田んぼで、鳥避けにぶら下げられている、あのCDのことでしょうか。「歌を忘れて案山子と暮らす」というのは、CDの本来の役目を解かれてかなしいことなのかもしれませんが、そんな余生もどこかいいなとおもわせてくれました。まなざしが優しい歌ですね。
西村曜


天国の招待券を手書きして祖母の棺へ入れる火葬場

つん

2 1+1

えり

すごく優しい歌ですね。天国の招待券を入れてもらえるような孫がいるだけできっとすごく幸せだったんだろうと思いました
えり


わたしとは初めてなのに回数券取り出す彼に切[せつ]ないラブホ

樂々

2 1+1

温子

なんかわかるなぁ。ただし、だからこそ「切ない」と直接的に書いてしまったのはちょっとアウトかと思われます。この場合は、直接書くことで生まれる効果はそれほどないかと。

「わたしとは初めて」でラブホは連想できますから、結句を丸々新しくして、なにか自分の心情をうまいこと歌ってほしいです。でも、なんかわかるから♪です。

うにがわえりも

笑ってしまいました。相手がラブホで回数券を買ってしまう人っていうのも切ないですね。
中山とりこ


いつもとは違う景色を見るために券売機のどのボタンを押そう

吉川みほ

2 1+1


旅券には有効期限があるという旅とは君と歩いた時間

永昌

2 1+1


はじめてのデートでもらった半券は2枚かさねて手帳にはさむ

ルイドリツコ

2 1+1


行き先は同じ切符のはずだった君 特急でいってしまった

傘なし

2 1+1

真夜中

切ないお歌だと思いました。下の句でその効果がぐぐっと。色々な解釈の仕方があるかとは思いますが、個人的には「行き先=死後の世界」、「特急でいってしまった=自分より先に死んでしまった」と受け取りました。
真結


券面が示しているその行き先は 薔薇の種類のひとつだと思う

ナッキーナ

2 1+1


霧の森音楽会の招待券(若葉二枚)がお礼だってさ

こりけケリ子

2 1+1


二人分の回数券を握りしめ母はしずかな夕映えの中

さわい

2 1+1


まさぐられ汚い金を突っ込まれアッカンベーをする券売機

深影コトハ

2 1+1


試合前笑顔をくれた窓口のおねえさんが券売機に

うにがわえりも 家

2 1+1 星


大人2枚、子供1、いや、子供2枚 車窓から見る四月の海だ

葵の助

2 1+1

西村曜

子どもの成長についての実感がこもっていてほほえましいです。
那須ジョン


トントンと小さなグーでトントンと優しく伝う かたたたきけん

ツナマヨ

2 1+1

衣未(みみ)

トントンと言うのが可愛いです。
衣未(みみ)

心あたたまる可愛い歌ですね。
ほのぼのとした若い母子の映像が浮かびます。
思わず幸あれとエールを送りたくなるような。

天使きらり


今もまだ引き出しにあるチケットがたまに顔出し胸を痛める

温子 家

1 0+1 おとの日


遺品から出てきた「かたたたたき券」に描き添えられていたケンシロウ

西村湯呑

1 0+1

特選迷いました!ずるい!って思いながら笑ってしまいました。遺品と北斗神拳というのが微妙に響きあってるところもとても良いなぁとおもいました。
須磨蛍


君と観た映画の半券捨てられず冬のコートのポケットにある

天使きらり

1 0+1 星


半券をしおりにしているゆりちゃんの 想いは誰にも届かないまま

藤原蛍 家

1 1


これはまだ有効なのと母が訊く 不揃いな字の「かたたたきけん」

文月りか

1 0+1 星


無造作に破った写真のひとひらはもぎりのようで私だけいる

須磨蛍

1 0+1 星


空き箱に溜め込みすぎた半券は噛み合わぬこと知っているのに

真結 家

1 0+1 星


ばあちゃんの遺品のアルバムの中に貼られたままの「カタタタキけん」

阿坂れい

1 0+1 星

その「カタタタキけん」は主体である孫から貰ったものだったのか、ばあちゃんの娘か息子(主体の母親か父親)からもらったものだったのか…。風に乗り、ひらりと行く手に落ちてきた、なんてこともあるかも知れません。それを大事に大事にしていたのですね。物語がまあるくポウッと浮かび上がるようです。
真結


消えてゆく文字が鼓動に昇華するまだ捨てられない映画の半券

木原ねこ

1 0+1


肩たたき券でも買ってくれるって子の減る町の金券ショップ

西村曜

1 0+1 星


お母さんありがとうって手渡され使えず貯まる肩たたき券

タカノケイ

1 0+1


きみと話すことは実は何もない映画のチケットもぎられても

1 0+1


裏通りアンニュイ香る暗がりのフィルムに魅せられもぎりに励む

もも

1 0+1


券売機ヴぃぃぃぃぃんと吐き出して朝の駅舎は切符で埋まる

もりのさと

1 0+1


「発券ボタンを押してください」押せば入れてくれる君は優しい

大方水分 家

1 0+1 葉 はじめて


肩たたき券思いっきり使われて肩が痛くて腕が上がらず

松木秀

1 0+1


連休の度にあなたを連れ出してしまう青春18きっぷ

綴紡 家

0 0


昨日 2016年04月25日(月) 明日

出詠した人選歌した人

つん 綴紡家 松木秀 大方水分家 ナッキーナ 阿坂れい 温子家 門脇篤史 真結家 藤原蛍家 前田沙耶子家 天使きらり 深影コトハ 中山とりこ もりのさと うにがわえりも家 さわい 真夜中 傘なし えり たかはしみさお 吉川みほ ツナマヨ Y川家 西村曜 西村湯呑 久哲 月花 秋本こゆび 木原ねこ こりけケリ子 那須ジョン 樂々 タカノケイ 永昌 文月りか ルイドリツコ 中牧正太 もも 須磨蛍 遠木音 葵の助

遠木音 須磨蛍 三月海月家 ルイドリツコ 衣未(みみ) ツナマヨ 温子家 西村曜 つん 文月りか 傘なし 阿坂れい 木原ねこ 九乃九作 nu_ko うにがわえりも家 下弦 松木秀 天使きらり Y川家 真結家 中山とりこ 那須ジョン 真夜中 樂々 もりのさと 吉川みほ タカノケイ 久哲 こりけケリ子 サリーB 葵の助 宮本背水 西村湯呑 大方水分家 もも えり 永昌 秋本こゆび 中牧正太 あべせつ ふるり 月花 深影コトハ たかはしみさお 静ジャック 門脇篤史 さわい ナッキーナ

43 人

50 人



 2016 04 
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30