うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN753日 】 2016年04月22日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 753 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
 桜餅

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『 人生 』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

飛べないね飛べないなあと笑いましょうせっかく人に生まれましたし

中牧正太

9 8+1

けら西村曜ツナマヨもも木原ねこ月花しま・しましま飴町ゆゆき

強張った肩の力がそっと抜けるような歌、好きです!
明日も自分の意志でがんばれますね。

もも


雨だけどこの靴じゃなきゃ嫌なんだそんな強さであなたは生きる

井田直 家

6 6

天使きらり九乃九作久哲nu_ko温子堂那灼風

この靴じゃなきゃだめだというなにか強い
信念みたいなものを感じます。

天使きらり

生きづらい思いをしているかもしれないけれど、「あなた」の魅力にやられました。
「あなた」のようなひとの生き方におさなさのような弱さではなく
「強さ」を読み取る主体の感覚も
歌人! って感じでちょういけてると思います。

猫丸頬子

雨なのに高級革靴、雨なのに白い靴、雨なのに便所サンダル……どんなパターンを考えてもゆるぎない強さを感じます。
三田たたみ

こだわりが強いと生きづらいですが、そのぶん人生が豊かになる一面もあるように思います。
森下裕隆


からあげの下に敷かれたスパゲティみたいに味気なくて人生

西村曜

4 3+1 星

中牧正太静ジャック三田たたみ

からあげの下に敷かれたスパゲティ、結構好きな人多いと思います。味気ないけど、無いと物足りないペアですよ。
衣未(みみ)

人生に彩りを与えていると思えばまた違った毎日が見えてくる。
たかはしみさお

スパゲティの悲哀を感じました。からあげの下にいる存在は、常に味気ないものです。レタスやキャベツしかり。でもワタシはちゃんと全部食べますよ……。
三田たたみ

ぼくはあれけっこう好きです。味が染みてて。
森下裕隆

あのスパゲティいつも弟にあげちゃうんだよな……っていうのを思い出してちょっと切なくなってしまいました笑
秋本こゆび


桂馬だけ盤から跳び出せるルール人生詰んだら思い出してね

西村湯呑

4 3+1

シュンイチささやか朝倉洋一

後ろ向きな感情に対してユーモアのある明るさと理解があって素敵です。
ささやか


人生はドミノであると聞きました さいご倒れて完成すると

ツナマヨ

3 2+1

こさき南瑠夏

な、なるほど……確かにその通りですね。途中、道半ばで倒れて終わるときもありますし。なんか寂しいです。
三田たたみ


決められたレールを走りたくないのなら人を轢く覚悟をしろよ

宇野なずき

3 2+1

猫丸頬子酒田青枝

決められたレールを走るというモデルに対する
批判とも強制とも読める気がします。
無難であることをやめる痛みを「人を轢く」という
言葉で表す鋭さが印象的でした。

猫丸頬子


人として生きる決意をした矢先アースジェットの粒子に負ける

秋本こゆび

3 2+1 星

サリーB祐鈴

ああっ! 決意がっ!! 笑
人生の無常さがすごく伝わります。
こういうままならなさを笑いの視点で読めるって
すごくかっこいいです。

猫丸頬子

いったい何者なのでしょう。人として生きておらず、アースジェットに負ける存在とは……ちょっとテラフォーマーズのにおいがしないでもない……。
三田たたみ

ここまでのドラマを想像しました…
祐鈴


5年後のきみは短歌を詠んでると言ったらボクはへんな顔した

森下裕隆

3 2+1 星

宇野なずき秋本こゆび

おもしろい歌ですね。わたしもたぶんへんな顔するとおもいます……。
西村曜

素直に納得できる歌です。五年前の自分にとって、今の自分とは想像もつかないことをやらかしている……でもそれが人生ってことなのでしょう。
三田たたみ


春の虹サヨナラだけが人生と告げて鳶の輪なづみつつ解く

有櫛由之

3 2+1

高岡恵あおいおあ

円弧が歌にかけられている。虹のそれと、鳶の輪それとだ。虹がいつの間にか消えていってしまう。鳶はなずみつつ飛んでいると思えば、視界から消えていってしまう。人生というテーマを出しながらも、人生をそこまで前面に押し出さず、清らかな自然詠に仕上げている。
高岡恵

浮かぶ景色がとても大きく綺麗で、のどかだけれど切なさがあって選ばせていただきました。春の空の遠くにかかる淡い虹、頭上の高いところで円を描いて飛んでいるとんび、でもそこから少しずつ、円の軌道はずれてゆき解けていって、主体自身も旅立ちのときを迎えて歩きはじめている。そんな感じでしょうか。
あおいおあ


青木家で暮らしたきみの人生は幸せだったか、なんて愚問にゃ

きつね

2 1+1 星 通算500首詠

つん

人生という言葉が持っている、なんというか
感傷的なというかもっと言えばひとりよがり的なニュアンスを
軽やかに拒否する感じで、とってもスマートな「にゃん」だなと思いました。
こういう視点すきです。


猫丸頬子


死ねるほど薬を出してもらえずに人生ゲームの棒らしき日々

前田沙耶子 家

2 2

たかはしみさお有櫛由之

きゅんと切なくなりました。人生ゲームの棒、そんなに悪くないと思いますよ。常に車に乗って移動できるし、突然結婚したり子どもができたりするし……そうならないルートもあるけど……。
三田たたみ


間違いじゃなかった猫にも人生と迷わずに言う人を選んだ

木原ねこ

2 1+1

きつね

つまり猫の人生を語る想像力とか共感能力および
言葉の枝葉末節を気にしないおおらかさのあるひとなんだろうな、
と思い至り、なるほどなるほどとすごく納得しました。

猫丸頬子

「間違いじゃなかった」の根拠がユニークですね。たしかにその選択は間違いじゃないとおもいます。
西村曜

わたくしのことでしょうか!?笑
きつね


人生で貰える三つの袋のうちの二つ目までを開けてしまった

西村湯呑

「三つの袋」がいったい何なのか考えてしまいました。就職とか結婚とか、そういうテンプレートなものとは違うような気がしないでもない……とりあえず最初の一つは脱道程(誤字)ではないかと。
三田たたみ


重ねたら山折り谷折りジャバラ折り 開いて花を壁に飾ろう

けら

2 1+1

かつらいす

リズミカルで楽しいです♪山あり谷ありの人生が、最後は花開く。素敵だなと思いました。
かつらいす


人生にあなたと出会う偶然とあなたと別れる必然がある

天使きらり

2 1+1 星


あなたとの暮らしは死ぬまで楽しそう 人と生きる喜びもらい

温子 家

2 1+1


一切の希望を捨ててここにゐてぬるきコーヒーすすつてゐたり

門脇篤史

1 1

森下裕隆

上句はダンテ『神曲』の地獄の門を思わせます。「ここ」とは自らの人生のことでしょう。人生とは、地獄でも天国でもなく、生ぬるく味気ない日常の連続である、ということでしょうか。
森下裕隆


シナモンとバニラビーンズきいているミルクのような君の人生

つん

1 0+1

シナモンのかんばしさと、バニラビーンズの甘みが混ぜ込まれた、やさしい口当たりのミルクがそこにある。飲まずとも、そのカップに注がれたさまを見ているだけで、人を幸せにできる。そんな人に出会えた幸せが歌われている。
高岡恵


I can′t can′t can′t が欠け合ってちゃんとあなたと会えた人生

朝倉洋一

1 0+1

can′t と「ちゃんと」以外にも、きれいにアの母音で頭韻を踏んでいたり、韻の仕掛けが面白い歌です。
森下裕隆

声に出して読みたくなる素敵な歌だなあと思いました。意味ももちろんですが他の方も書かれている通り、韻律がとてもいいですよね。「あ」の音はとても発声しやすい音ですし、T音の刻み方や「can′t」「ちゃんと」のリズムも分かりやすくて、本当に誰でも「ちゃんと」音を楽しめるお歌といいますか。歌の内容はなんとなくSuperflyの「愛をこめて花束を」を彷彿としました。
あおいおあ


シロップは最後に入れる本当は飛びきりなんてない人生の

かつらいす

1 0+1 星


人生のパートナーならここにいる 抜け毛の増えた猫を撫でつつ

三田たたみ 家

1 0+1 星


死神に願いを告げる 人生の終わりは春の暖かな日に

たかはしみさお

1 0+1 星

人の死を司る神がいるなら、その神に希望する死に方、死に様をお願いするといいのだろうか。西行法師は桜の咲く季節に死にたいと思っていて、その通りになったとか、ならなかったとか。生き方ばかり喧伝され、意識してしまうが、死に対してもその延長として常に思いを馳せたい。
高岡恵


ぺらぺらの日々をひたすら重ねおる私は明日も生きていますか。

祐鈴

1 0+1 星


根拠のない自信に支えられながら迷子になってでも生きていく

シュンイチ

1 0+1


太宰へともたれる前に人生を這いずつていけそののちしやがめ

飴町ゆゆき

1 0+1


頼むからぼくの分まで生きてくれリセット有りの人生ゲーム

サリーB

1 0+1


あと二年生きてるうちにまた二年生き継ぐだけの気力を貯める D.C.

堂那灼風 家

1 0+1

ダカーポ使うとか現代短歌をすっごく感じます。
たかはしみさお


新しいページを開く いくつかのいいことだけで生きていけたら

南瑠夏

1 0+1


老いぼれたポンコツ天使のプレゼント『トム・ソーヤー』を雨の日に読む

宮本背水

1 0+1


弾倉に込めた冗談撃ち抜いて笑いに麻痺する俺の人生

タノウエチトセ 家

1 1 葉 はじめて


人生は人生ゲームさ 六の目が出たら自殺でふりだし戻る

ささやか

1 0+1 星


歩みつつ 振り返りつつ歩みつつ 歩いて僕らはおとなになって

藤原蛍 家

0 0


二十五年の人生の結果がこれです。感情失くした退職理由

嫉妬林檎 家

0 0

どんまい!

昨日 2016年04月22日(金) 明日

出詠した人選歌した人

つん 南瑠夏 シュンイチ 温子家 祐鈴 ささやか かつらいす 門脇篤史 たかはしみさお 井田直家 前田沙耶子家 藤原蛍家 タノウエチトセ家 天使きらり 森下裕隆 嫉妬林檎家 木原ねこ しま・しましま 西村曜 けら 有櫛由之 宮本背水 朝倉洋一 中牧正太 飴町ゆゆき サリーB 宇野なずき 秋本こゆび きつね ツナマヨ 西村湯呑 堂那灼風家 三田たたみ家

猫丸頬子家 けら 酒田青枝 たちばな 天使きらり サリーB 衣未(みみ) こさき 九乃九作 久哲 たかはしみさお かつらいす 中牧正太 高岡恵家 nu_ko 西村曜 宇野なずき 祐鈴 つん 温子家 宮本背水 堂那灼風家 ツナマヨ 有櫛由之 もも きつね 静ジャック 三田たたみ家 南瑠夏 木原ねこ 森下裕隆 シュンイチ 月花 ささやか家 しま・しましま 秋本こゆび あおいおあ 朝倉洋一 西村湯呑 飴町ゆゆき

33 人

40 人



 2016 04 
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30