うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN750日 】 2016年04月19日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 750 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
   心音 黒井真砂

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

似てきたと思えば鏡 あのときの父の気持ちも僕に映して

久哲

8 7+1


潮時とするかしないか揉めている三面鏡の左と右が

中牧正太

7 6+1

多香子秋子七子中山とりこ真香宮本背水三月海月

何の潮時か(別れる、一緒になる。まだ若い、婆と呼ぶ…)のようなことか、三面鏡がもめるのはおかしいとはーと。
多香子

自己の葛藤をよく悪魔と天使にたとえますが、この三面鏡の左右という発想は面白いと思いました。最近では三面鏡も珍しくなってきたような気がします。
真香

もう答えは決まっているのかなと。揉めているのが三面鏡の左と右、というのが愉快なようで少し切ない。
衣未(みみ)

阿修羅像をイメージしました。顔の左右で揉めはじめたらうるさいだろうなぁ…。
淡海わこ


天井の鏡に映っている君とわたしの方が幸せそうだ

えんどうけいこ

4 3+1 星

御殿山みなみ真結猫丸頬子

天井の鏡、というところで、これはおそらく行為の後なのだと思ったのですが、形式だけになってしまった恋愛ということでしょうか。君とわたしの背景がいろいろと想像でき、広がりのあるうただと感じました。
中山とりこ

その状況下でその冷静さということは、つまり、そういうことなのだな。と、嫌でも察してしまいますね。
映像と物語がものすごく浮かびました。
まるで短編小説!

猫丸頬子


世の果てでふたつ重なる制服をカーブミラーは黙って見てた

中山とりこ

4 3+1 星


踊り場で消えたあの子の行き先を知っているけど信じてくれる?

ネネネ

3 2+1

文屋亮tow

ミステリーですねw そういえば学校の踊り場には大きな姿見があったことを思い出させてくれました。やはり鏡は異界への入り口なのでしょうか。
真香

それを知ってるあなたは何者なのっていう二重の怖さがありますね。
下の句でとつぜん「話しかけられてる」感が出てくるのが効いていて、
なんとなくひとごとのように思っていた上の句から一転、
不可抗力でやばいことの当事者になってしまったような気分になりました。

猫丸頬子

おもしろい歌ですね。読んでからスッと背筋が寒くなりました。疑問形で締められているのが、またストーリーを広げてドキドキします。
宮本背水

古い校舎の踊り場の大きな鏡ですね。
「信じてくれる?」の息遣いが想像されていいなと思いました。

しま・しましま


世界一うつくしいのは女王様ですがよくある顔かもしれま

猫丸頬子 家

3 2+1 星

なかばまち子タオル春巻き

女王様の歌、二首ありましたがこちらを推したいです(笑) 最後の尻切れトンボな部分に女王様の激しい怒りが垣間見えます。
淡海わこ

割られちゃったんでしょうか…心配です。。
なかばまち子


鏡越しの夫は見知らぬ人のよう そぉっと正す襟と居ずまい

淡海わこ

3 2+1 星

こたきひろししま・しましま

上の句の感じ、めっちゃ分かります。そこで、引くんじゃなくて、「そぉっと正す襟と居ずまい」という主体がステキすぎます。
「そぉっと」がやや幼い印象になるのが残念な気がしますが、ふと見知らぬ人のように見えた夫に居ずまいを正すって意外ですてきでした。

しま・しましま


夜もすがら中区役所のガラス戸を姿見としておどる影たち

東風めかり

3 2+1 星


草臥くたびれた顔の男が鏡から我を凝視す月曜の朝

村田馨

3 3

えんどうけいこ藤 かづえ宮嶋いつく

一週間のはじまりは憂鬱ですよね。本当にお疲れさまです。
えんどうけいこ

鏡に映った顔は我ではなく「草臥れた顔の男」だという感覚に共感します。しかも、それが「月曜の朝」のことだというのですからますますよくわかるような気がします。
藤 かづえ


ささくれた唇の皮をいつくしみわたしをなぞる向こう側のひと

酒田青枝うにがわえりも蒼井灯

いつくしんだりなぞったりする主導権が向こう側にあるから、これは鏡の内側からの視点なのかなと思いました。「鏡」という題がなかったとしたらそう読み取れるだろうか、というところは少し自信ないんですけど、その視点が好きです。不可思議な怪談のような空気が漂っているように感じました。
椋鳥

唇の皮をささくれさせたのも自分、そこに薬用リップ(でしょうか)を塗るのも自分なのに、いつくしむ方の役割を鏡の向こうに押しやってしまう。その自虐めいた目線がどこか悲しいです。
蒼井灯


曲がり角泣き出しそうに膨らんだカーブミラーの向こうの世界

吉川みほ

2 1+1

かつらいす

カーブミラーの向こうにはどんな世界があるんだろう、と、鏡が異界につながっているような不思議な感じにひきこまれました。カーブミラーのぷくっと膨らんだ様子を泣き出しそうと表現しているところがいいなと思いました。
かつらいす


美容師は鏡と話す 映るのは魂抜きのわたしと知らずに

藤 かづえ

2 1+1 星


鏡越しに見える世界のはしっこで知らない柄の靴下の君

しま・しましま

2 1+1 星

サリーB

鏡の中の世界って不思議ですよね。
知らないうちに異化された現実の中に来てしまっていたような、すこし不安な感じを読み取りました。
気になる歌です。。

猫丸頬子


恋をして鏡を覗きこんだけどすぐにきれいになるわけないか

タカノケイ

2 1+1

永昌

このひとみんながイェーイ! あげあーげ! っていう瞬間にひとりだけ乗っかれないタイプのひとなんじゃないかなと思ったりしました。
素朴さがかわいいです。

猫丸頬子


目尻にはシミシワくすみやつれててここに映っているのはだあれ

なかばまち子

2 1+1 星

静ジャック

老いの問題を超えて、生きていたら知らないうちに背負っていくものってきっとたくさんあって、
ある日ふと自分にだあれって問いかけるときがくるのかなと思いました。
ふむむ。。


猫丸頬子


透き通る頬を紅潮させながらドレスの少女鏡見つめて

衣未(みみ)

2 1+1 星

宮木水葉

女王様の歌を読んでからだったので、すっかり童話のイメージで読みました。白雪姫なのかシンデレラなのか…シンデレラのがしっくりきますね。
淡海わこ


鏡だよつてママは言つたよ見えてても向こうは行けない世界なんだよ

文屋亮

2 1+1


手鏡とスマホ離さぬ吾子なれどマスクせぬのが拘りらしい


洗面の鏡覗くとそこにいた 胸があたるよ キミらしくない

こたきひろし 家

2 1+1


絶望の涙ではれた顔を見て思わず笑う 朝の赤鬼

かつらいす

2 1+1 星

東風めかり

突き抜けて好きなお歌でした!
東風めかり


Mirror, mirror 子供の頃のわたしより心は綺麗になったでしょうか

蒼井灯

2 1+1 星

田村穂隆

冒頭が読み取れなくてセミコロンの意味を調べたりしたのですが、これは鏡の前で十歳の頃の自分といまの自分を比べてるのでしょうか。
「子供の頃」というのはいまよりも綺麗なものとして扱われることが多いイメージなので、子供の頃よりもいまのほうが綺麗になっているというのは新しいなと思いました。(問いかけなので実際にはなっていないのかもしれないですが)
わざわざ「心は」と言っているということは、「(外見は綺麗になったけど)心は綺麗になったでしょうか」という含みを持たせている?とも考えましたが、これは勝手に想像しすぎかもしれません。

椋鳥


スマイルでごまかす気持ち赤ら顔鏡に映る僕の下心

tow

2 1+1


シベリアに渡ること無い水鳥が水田鏡に飛び込んでいく

永昌

1 0+1


鏡字に置いてきたのにかなしみが ぼくの姿にすくすく育つ

秋本こゆび

1 0+1


水あかを拭きやる夜半の鏡から今日の終わりを告げる鼻歌

森 雅彦

1 0+1


二次元の異なる世にも鏡花には向かひ干支なる兎の守る

宮木水葉

1 0+1


正直に映してしまうキミだからほっぺ叩いて奮わせる朝

秋子七子

1 0+1


鏡から無数に伸びる手の甲にいちいちキスして今日も出かける

Y川 家

1 0+1

ハートと迷いました。鏡から伸びてくる手って完全にホラーなのに毎日キスするなんて主体はミッチーなのかな?(笑)
淡海わこ


綺羅綺羅と光に響く色硝子くるくる万華鏡の中で

遠木音

1 0+1


世界一美しいのはあなたです女王様と答えろ鏡

樂々

1 0+1


中指で口紅なおしもう一度鏡にむかって「わたしは綺麗」

多香子 家

1 0+1 星


アラサーに足ふみいれて朝イチのあくびに鏡あぜんとしてる

御殿山みなみ

1 0+1

面白いと思ったけれど、アラサーが何歳からなのかふと疑問に思って音符。
多香子


己が身の鏡に映る醜さに身もやせ細る吾のがま口

宮嶋いつく

1 0+1

醜さに身もだえしているのは「がまぐち」なのですね。
多香子


ねえ鏡返事をしてよねえお願い私を一人にしないでよ ねえ

田村穂隆

1 0+1

もともとこわれていたひとがもっとこわれちゃった瞬間でしょうか。
孤独さにひりひりしました。

猫丸頬子


お風呂では目を瞑っちゃいけないと鏡に写る湯気が囁く

ともしど 家

1 0+1

「湯気が囁く」のが意外性があっていいなと思いました。
二句目の字足らずが読みづらいのが残念でした。

しま・しましま


冷たさに花の名前をつけましょう鏡に映る君という花

真結 家

1 0+1


見つめ合う私と私見つめ合う私と私 おまえは誰だ

ふたり

0 0

自分でも知らなかった自分を発見するこわさというのか、
ひとの多面性の闇の歌としても読めるのかなの思いました。
見つめ合う、という言葉の甘さが美しいです。
ものすごく字余りになっちゃうけど、あえて見つめ合う私と私のリフレインを増やして破調にしちゃうみたいな、なんらかのルール破りが似合う歌かもと思ったりしましたです。

猫丸頬子


とびきりの笑顔を映す限りなき鏡の中に私はいない

知己凛

0 0


家出づる前に確かめたき事実鏡はわれの両の眼映すか

高岡恵 家

0 0


われに似ぬものを求めて恋うためにミラーニューロンがきみをおどろく

照屋沙流堂 家

0 0


何を言えどおうむみたいに返ってくる あなたはあたしの何者なのかい

こさき

0 0 葉 はじめて

どんまい!

昨日 2016年04月19日(火) 明日

出詠した人選歌した人

樂々 えんどうけいこ 真結家 こたきひろし家 かつらいす 知己凛 やまだわるいこ家 吉川みほ ともしど家 照屋沙流堂家 田村穂隆 宮嶋いつく 文屋亮 御殿山みなみ 中山とりこ tow こさき ネネネ 村田馨 多香子家 ふたり 東風めかり 猫丸頬子家 衣未(みみ) 秋子七子 しま・しましま 久哲 森 雅彦 高岡恵家 タカノケイ ホシキョウイチ 淡海わこ 秋本こゆび 蒼井灯 遠木音 中牧正太 なかばまち子 宮木水葉 永昌 藤 かづえ Y川家

こたきひろし家 ネネネ サリーB かつらいす ともしど家 ホシキョウイチ 多香子家 久哲 御殿山みなみ 秋子七子 中山とりこ 酒田青枝 えんどうけいこ 文屋亮 遠木音 真結家 秋本こゆび 真香家 タカノケイ 田村穂隆 猫丸頬子家 衣未(みみ) 宮本背水 Y川家 三月海月家 tow 樂々 しま・しましま 淡海わこ 藤 かづえ 宮木水葉 きつね 森 雅彦 静ジャック 永昌 中牧正太 うにがわえりも家 蒼井灯 宮嶋いつく 東風めかり 月花 吉川みほ なかばまち子 だゆう タオル春巻き

41 人

45 人



 2016 04 
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30