うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN749日 】 2016年04月18日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 749 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
 伝田ちひろ かっぱのおさら 高村七子

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

ね、の音で君は言葉をつなぎつつ花をどれだけ咲かすのだろう

小宮子々

8 7+1 星


捜しても姿を見せぬフェレットは隠れて韻を踏むように鳴く

サリーB

3 2+1


花びらが春を紐解く日も遠く緑が彩る夏も見落とす

なべとびすこ 家

3 2+1 星

ニキタ・フユ酒田青枝

「紐解く」と「日も遠く」のナチュラルな韻の踏み方がいいなと思いました。主体は春からも夏からも遠いところにいるんでしょうか、パッと見での字面からはそんなにさびしい印象はないのですが、読み込むとさびしいような感じがして、不思議な感覚になる歌だなと思いました。
荻森美帆


好きだとは云へないひとに月と云ふためにきれいだこよひの月も

桔梗

3 2+1


spring has come 浮かぶ雲まねてガム噛むきみは息を吹き込む

木原ねこ

3 2+1

なべとびすこ亀山真実

「has come」と「ガム噛むだけ」でなく、さりげなく「浮かぶ」でも踏んでいるのと、「君」と「息」も同じ母音なのでとても気持ちよいです。韻だけでなく、内容もポエジーな感じでとても好きです。
なべとびすこ

リズムが洗練されているように感じます。風船ガムに春を感じる情景もまた素敵です。
亀山真実


韻律の渦に呑まれて三たび読み歌行燈の筋を追ひたり

宮木水葉

3 2+1

樂々桔梗

泉鏡花ですかね。あの独特の言語感覚、好きです。
小宮子々


この右手離すときには満月と別れるような余韻持たせよ

月丘ナイル

2 1+1


新しい水玉模様の傘させば雨もポップな韻律となる

希和子

2 1+1


キャビネット飛び越え上司にラリアットする日を夢みて測るスリット

深影コトハ

2 1+1


おやすみと左の耳に囁いて今日の余韻に浸って眠る

薄荷。

2 1+1


ぴんとした猫のしっぽは韻に似て踏めば民家にみゃんみゃん響く

荻森美帆

1 0+1 星


「またこんど」と貴方の声の余韻を詰めた小瓶が棚を占領してる

麗子

1 1

荻森美帆

七音であらわされた二句・三句・四句・結句がすべて、四音・三音(あなたの・こえの)(よいんを・つめた)(こびんが・たなを)(せんりょう・してる)とで構成されていて、リズムがとてもよくて、破調が気にならない歌だと思いました。棚を占領している感覚が字余りとしてあらわされているような感じもあります。あと、声を詰めた瓶ってなんだか怖くて、それが漢字表記の文字の多さと歌の破調とがマッチしていると思いました。
荻森美帆


加齢した記憶は無いのに魅力とか視力が落ちてる。気力はまだだ。

亀山真実

1 0+1 星


韻踏んだ短歌詠もうとしましたがつまらないのですぐやめました

樂々

1 0+1

率直な思いを詠んだ歌ですね。とても共感できました。
荻森美帆


復讐の予習をしたら翌週には特集になる晩秋の朝

ニキタ・フユ

1 0+1


風立ちぬ空蝉たちの杉木立うつりすぎゆく小さないのち

東風めかり

1 0+1


妄想ははかどりそよぐ鼻歌のアンドレブルトンナンナンナンジャ

水沼朔太郎

0 0


爆弾に曝露されたる瀑布あり漠漠とした獏さんのかばん

笠和ささね

0 0


ウユララのお告げは霞み足踏みのラッパーたちが地を轟かす

文屋亮

0 0

どんまい!

残り香が確かな錯覚でキミを見る シャッター音のかすかな余韻

九乃九作

0 0

どんまい!

君の口からこぼれ出す五線譜飾る韻律を音楽と呼ぶ

カカオ

0 0

どんまい!

昨日 2016年04月18日(月) 明日

出詠した人選歌した人



 2016 04 
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30