うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN748日 】 2016年04月17日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 748 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
   キウイ

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『 ボタン 』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

ともだちがティッシュみたいと言ってからくしゅん、くしゅんと咲く牡丹園

朝倉洋一

5 4+1 星

三原雨菜田村穂隆酒田青枝久哲

あの大きくて薄い花びらがティッシュみたいなんですね。友達がティッシュみたいだと言って以来、そのイメージがまとわりついてしまう切なくもおかしいイメージが伝わります。「くしゅん、くしゅん」がかわいいです。
酒田青枝


絵日記の記憶の端をカシカシとボタンインコがかじって回る

吉川みほ

4 3+1

三月海月衣未(みみ)サリーB

このボタンインコが何者なのかわからないけど、記憶の端を齧るインコは居るに違いない。
多香子

こうして記憶はどんどん消えていってしまう。絵日記の記憶は楽しい記憶。なんだか寂しいですが、楽しさを感じさせる歌ですね。
九乃九作


必要になるとは知らず捨てたもの コートの予備のボタンみたいに

三原雨菜

4 3+1

天使きらりえんどうけいこきつね

よくあることの例えがコートの予備ボタンとしたところが面白いと思います。
想い出は捨てようとしても海馬がしっかりと記憶してますが・・・

天使きらり

ボタンに限らず、何でも必要になったときには手元にないものですよね。
今までに何度もそれを体験しているはずなのになかなか学習しません、、、

えんどうけいこ

実は影で見守ってくれてたはずなのに捨ててしまったら簡単に同じものは手に入らないんですよね。
えり

後から必要だ!と思える存在なのに、どうして捨ててしまう時には気づかないのでしょうか。取り戻せないボタンは余計に悲しいです。
九乃九作


エレベーターボタンをいつも連打する君は努力を惜しまない人

海恵ふきるゆきやなぎなぎ子朝倉洋一

エレベーターのボタンを連打するという、報われない努力もせずにはいられないそのひとに、なんだか愛しさを感じました。
海恵ふきる

ささいな「君」の仕草に注目して、そんな「君」への愛情をたっぷり表現しているステキな作品だと思いました。
シュンイチ

エレベーターにすらベストを尽くすのですね。素晴らしいと思います。
朝倉洋一

どうでもいいけど、今どきのエレベーターは同じ階のボタン連打したらキャンセルされちまうんじゃないか…などと思いました。「君」は子供なんじゃないかと読みました。
Y川


指先に触れたボタンのくぼみにも後悔してる気持ちが残る

4 3+1 星

月花静ジャックあおいおあ

「ボタンのくぼみ」に注目するという発想はなかったので驚きました。繊細な感覚にみずみずしい口語がぴったりとはまっていると思います。
シュンイチ

何かを言えなかったり、できなかったりした日の終わりに家で上着を脱ぎながら、そのことを思い出して「あのとき、ああしていれば…」などと後悔している様子だと受け取りました。服を羽織ったり着替えたりしているときって、色々考え事していたりするので共感しました。ボタンのわずかなくぼみに着目したところが素敵です。
あおいおあ


おまもりと君が笑って手にのせたボタンはふるえる心を留めた

青山ハナコ 家

4 3+1

遠木音菊池優花外川菊絵

小さなものに願いをかけて、何でもないものが特別になっていく。そんな頃を思いました。恋もいいけど、友情としても素敵。女の子らしい約束のような温かい気持ちです。
外川菊絵


開けるときボタン押してたあの電車今もそちらで走ってますか?

中山とりこ

3 2+1

多香子tow

私に田舎はないけれど、旅先で押して降りた二両編成位の電車のなつかしさ。本当に「いまも走ってますか」と言う気持ち。
多香子

ノスタルジックな風景が浮かぶ歌です。北国の電車でそういうのありましたね。私もずいぶん昔に旅行したとき乗ったことがあります。アレはビビった……。
三田たたみ


綻びに気付かぬふりをしていたら失くしたボタンと古き友人

えり

3 2+1 星

ホシキョウイチタカノケイ

「綻び」に二重の意味がある。第一にボタンの留め糸の綻び。第二に旧友との仲の綻び。「気付かぬふり」がいいですね。案外、ボタンの緩みも旧友との距離の微妙な変化も、ほとんどの人は気付きつつも後回しにしてしまうのかもしれない。ボタンを失くすのも一大事だが、旧友と別れるのも人生の一大事。一世一代の痛恨事と言ってもいい。悔恨の一首と言ってもいい。
雨宮 司

とても共感できる歌でした。綻びに気づいているのに、いったいなぜ放置してしまうのか……現実逃避癖のある私にとって、失くしたボタンも友人も数知れず。そして今まさに、穿いているズボンの腹ボタンがぷちっと弾けそうな……うん、たぶん気のせいでしょう。(ぁ
三田たたみ


とれかけたシャツのボタンが付いているありがと三年話さぬ妻よ


押していいボタンばかりが増えていき世界は次第に閉ざされていく

森下裕隆

3 2+1


抽斗に閉じ込められて化石にもならず輝きつづけるボタン

サリーB

3 2+1


満員のエレベーターについているボタンの音が舌打ちに似る

荻森美帆

2 1+1

エレベーターのボタンの音、どんなだったかなぁと思い出そうとしたのですが、すでに刷り込まれてしまったのか「チッ」という音で再現されました。満員エレベーターって謎の緊張感がありますよね。普通にストレス感じますし、そういう風に聞こえてもおかしくないのかも……。
三田たたみ

カチッという音が舌打ちに聞こえる、なんてすごい着眼点だと思いました。閉鎖的空間の息苦しい雰囲気が伝わってきます。


押し込めた思いが部屋に満ちてゆくボタンをひとつひとつ外せば

菊池優花

2 1+1

秋軸ざきこ。

セクシーですね。そして、なんだか「押し込めた」の言葉のせいか切ない感じがあります。
秋軸ざきこ。

どことなくエロース……な匂いを感じる歌です。ボタンの中に押し込めた思いとは、やはり異性への愛情なのでしょう。そのボタンを外しているのはいったい誰なのか……ドキドキ。
三田たたみ

私は帰宅後に、学校なり会社なりで抱えてたものから解放されるように感じました。他の方の評を見て、私にはエロスが足りないと思いました…。
笠和ささね


この胸の奥ひそやかに取れかけのボタンにも似た不確かなもの

音叉

2 1+1

九乃九作

自分の感情でありながら曖昧な感情、不確かな思いというのは確かにあるように思います。時を経て、その感情の正体が分かってくるのでしょうが、その思いが成就されるのかどうかは誰にも分かりません。心くすぐられる歌です。
九乃九作


得意げにいちばん上のボタン押すエレベーターにて背伸びしながら

太田青磁 家

2 1+1 星

シュンイチ

身近なところに子どもの成長を感じる瞬間が隠されていて、それを「得意げに」「背伸びしながら」と表したところが上手いです。きっと、これを見ていたお父さんお母さんも、わが子のうれしそうな姿に「得意げに」なったんじゃないかなあ。
シュンイチ


小指より小さきボタン操作して男も女も時を亡ぼす

天使きらり

2 1+1 星

雨宮 司

どこでもネットやSNSができて時を亡ぼすのは本当に他人事ではないです…。ボタン=突起物の先入観によりガラケーのイメージを強く感じてしまいました。
笠和ささね

その小さきボタンを毎日操作しております。特にうたの日の♪は超小さきボタンで……まあそこに時間を使うのはいいのです、問題はまーぢゃんなどのげーむ……いや、それも日々の貴重な癒しですし……(←ダメ人間
三田たたみ

スマホのゲームにみな夢中になっているのだと読みました。よく電車に乗ることがありますが、最近は新聞や雑誌や本を読む者は稀で、本当に多くの者がソーシャルゲームに夢中になっています。乗客のほとんどが無言でぽちぽちとボタンを押しているのには戦慄を覚えますね。見返りはひと時の達成感だけというのも空しい話です。まさに「時を亡ぼす」。時間は有意義に使いたいですね。
雨宮 司


ただいまと疲れて座り込む部屋に眠る娘とボタン目のクマ

タカノケイ

2 1+1


取れたボタン付けられなくて泣けちゃうよ逃げた女房に未練はないけど

樂々

2 1+1


氷河期よ来て真っ先に凍らせて押してはいけない破滅のボタン

遠木音

2 1+1

えり

「破滅のボタン」は説明するのも野暮だが、核ミサイルの発射ボタンだろう。一国が発射ボタンを押せば、連鎖的に報復攻撃用のミサイルが発射され、人類の世界は滅亡してしまうらしい。そういうシステムにそもそもなっているのか不明だから、らしいと付けざるを得ないのだが。確かに凍らせてほしい。物騒極まりない連鎖を生むシステムなど、こちらから御免こうむる。
雨宮 司


ボタンさえままならぬ手のやわきこと つよくにぎってはなさぬように

太田青磁

やわき手は弱りゆく人の手なのかなと思いました。やわいからこそ、つよくにぎってしまう主体のおもいが伝わってくるようです。
太田青磁


Aボタンを押すと大量のミカンがぼとぼと降ってきますびちゃびちゃ

田村穂隆

2 1+1

三田たたみ

Bボタンには何が…。
笠和ささね

「ぼとぼと」「びちゃびちゃ」……いったいどんなゲームなのでしょう。気になって仕方がありません。
三田たたみ


菜種梅雨 いつしかボタンの掛け違い今朝のけんかを悔やむひるすぎ

多香子 家

2 1+1 星


いつもなら聞き流せるジョークさえあなたとぼくの違(たが)えたボタン

tow

2 1+1


空色のダッシュボタンが押せなくてアユムは旅をあきらめました

シュンイチ

2 1+1 星


誘うよう艶やかに佇むそれに触れたら戻れないと知ってた

海恵ふきる

2 1+1 星

笠和ささね

よくよく考えると禁断の恋の話だと思うのですが、初見では萩尾望都の『なのはな』所収作品のような、ファム・ファタール的魅力をもつ核関連技術の話だと思い込んでしまいました。どちらにしてもとても美しく破滅的な歌だと感じました。
笠和ささね


花冷えに雪の少しく降りにけりボタンの欠けしコオトを羽織る

高岡恵 家

1 1

吉川みほ

読むだけですうっと冷気を感じました。急に冷えた日の、どこか不安げな心持ちが「ボタンの欠けし」というあたりから漂ってきます。
三田たたみ

ボタンの欠けたコオトと分かっていながら、突然の寒さに耐え切れず羽織ってしまったのでしょうか。不完全なものを頼りする心細さが、上の句を終止形で一旦閉めていることでより強く感じられます。
九乃九作


若者がボタンをかけ違えているお洒落だろうか 迷える不惑

三田たたみ 家

1 0+1 星

判断しかねますね。本当の不惑はそのようなところに目がいかなくなるということなのでしょうか。
九乃九作


なにもかも拒絶し帰る我が家では押しボタン式両親が待つ

Y川 家

1 0+1 星

「押しボタン式両親」というフレーズにやられましたw 上の句から想像するに、学校か会社で嫌なことでもあったのでしょうか。そこに押しボタンがあると、ちょっと癒されそうですw しかし「押さなければ動かない両親」という意味だとしたら、かなりダークな印象になりますね。どちらでしょう。
三田たたみ


生きている以外もボタン押すんだよ エレベーターは最上階へ

こたきひろし 家

1 0+1


母親の針箱の中探してはおねだりするの可愛いボタン

衣未(みみ)

1 0+1


ぼろぼろとただ崩れゆけ世界中ボタンだらけで掛け違いばかり

あおいおあ

1 0+1 星


春深み牡丹鍋なら季節外どこへ行っても大皿は出ない

雨宮 司

1 0+1 星


家庭科のミシン浮かれる釦の字考えた人天才かよと

笠和ささね

1 0+1 星


くるみボタンの仕組みのように目の奥にきみが抱える銀のみずうみ


ポータブルゲームを買ってみたものの うまく飛べない ✖️が押せない。

秋軸ざきこ。

1 0+1 星


ワイシャツのボタンをかけていくようにつなぎあわせる互いのからだ


袖のボタンを失くしたことに気がついて気がついて失くなったのでなく

照屋沙流堂 家

0 0


昨日 2016年04月17日(日) 明日

出詠した人選歌した人

高岡恵家 音叉 えんどうけいこ 衣未(みみ) 中山とりこ 吉川みほ 三原雨菜 雨宮 司 タカノケイ こたきひろし家 tow 菊池優花 きよだまさき 太田青磁家 三田たたみ家 樂々 天使きらり 朝倉洋一 シュンイチ 照屋沙流堂家 多香子家 サリーB 遠木音 えり 外川菊絵 Y川家 森下裕隆 ホシキョウイチ 荻森美帆 あおいおあ 海恵ふきる 青山ハナコ家 秋軸ざきこ。 田村穂隆 ゆきやなぎなぎ子 笠和ささね

三原雨菜 遠木音 こたきひろし家 中山とりこ 菊池優花 天使きらり 多香子家 荻森美帆 田村穂隆 秋軸ざきこ。 外川菊絵 三月海月家 九乃九作 海恵ふきる 三田たたみ家 笠和ささね けら 雨宮 司 青山ハナコ家 こりけケリ子 衣未(みみ) ホシキョウイチ えんどうけいこ 樂々 タカノケイ きつね 音叉 サリーB 酒田青枝 吉川みほ シュンイチ 久哲 tow ゆきやなぎなぎ子 朝倉洋一 月花 森下裕隆 Y川家 えり 太田青磁家 静ジャック あおいおあ だゆう

37 人

44 人



 2016 04 
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30