うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN744日 】 2016年04月13日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 744 日め 葉 
第36代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『 濃い 』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

雨の日を思い出すのか小松菜は水に放てば青が濃くなる

月花

9 8+1 星

衣未(みみ)けら月丘ナイル桔梗しま・しましま静ジャック真夜中五條ひくいち

小松菜の青さを「雨の日を思い出す」からだろうかとするの、ステキですね。
シンクの小松菜から、雨の小松菜畑にイメージが広がっていきました。

しま・しましま


顔洗ふ水を両手にすくひつつ初夏成分が濃いかと思ふ

しま・しましま

5 4+1 星

亜梨笠和ささね小宮子々ツナマヨ

初夏成分が濃い水ってどんな感じなんだろう。さっぱりとした水か、あるいは冬とくらべて冷たさがやわらいだ水でしょうか。顔洗うことで汗かいてたことに気づいたのかも。いずれにせよ、まだ暑くなる前の朝のすっきりした感じが伝わってきて好きです。
亜梨


葉桜の隙間を縫って降り出した雨が濃くする桃色の路

希和子

4 3+1

井田直きつねラーさん

Twitterで見た、桜に染まる哲学の路を思いました。「振りだした雨が濃くする」が、これからますます美しい風景になりそうに感じさせて良いですね。
mis0no


期待にも濃淡がありこれは濃い 箱のリボンをしゅるるとほどく

西村曜

3 2+1 星

外川菊絵麗子

しゅるるが鮮やかですね。自信もみなぎっているようです。
外川菊絵

「期待にも濃淡があり」「箱のリボン」のわくわくした気持がいいなって思いました。「しゅるる」という擬音に躍動感があってそこも好きです。
しま・しましま


パラソルが浜辺に落とす濃い影の中だけでしか聞こえない音

といじま

3 2+1


戻せなくなるくらいならこの恋は水を知らないままのカルピス

亜梨

3 2+1 星

西村曜文佳

「水を知らないままのカルピス」というのが抜群にいいなとおもいました。それだけで詩になるといいますか、恋の比喩としても甘酸っぱくて、しかしどこか切なさを含んでいてすてきです。
西村曜


会えぬではなくて会わぬと決めたからいつもより濃いさよなら告げる

月丘ナイル

3 2+1


濃い珈琲葡萄の色に香らせて夜の階段そろりと登る

けら

3 2+1 葉 はじめて


屋上のカメラは異国をうつしだす濃霧注意報東京の朝

ニキタ・フユ

2 1+1


きみをおいて夢から覚めた明け方にすこし濃すぎるコーヒーを呑む

桔梗

2 1+1 星

だゆう

「きみ」は、まだ眠りの中にいるのか、もしかしたら、「夢」の中にいるんでしょうか。もういちど「きみ」のところに戻るんではないところがいいなと思いました。
しま・しましま


モーニングサービスだけの濃いバター香りの記憶が引き戻す場所

外川菊絵

2 1+1 星

mis0no

口ずさんだときに、オ段の音が心地よく感じられました。
mis0no


何気ない君のことばをドリップする 夜よりも濃く 朝よりも淡く

五條ひくいち

2 1+1


墨筆の濃ひもあはくかすれゆき 名をば消へゆく歌ぞ返せず

ラーさん

2 1+1

青山ハナコ

旧かな表記のようですが、「濃ひ」は濃い、「消へ」は消えだと思います。
桔梗


絵画から飛び出たような濃い青の薔薇を嗅いでる青い目の犬

サリーB

2 1+1


あの人の事はとっくに忘れたけど濃かったまつげがぱちぱち鳴るの

麗子

2 1+1

酒田青枝

「あの人」のイメージはぼやけているのに、濃いまつげで縁取られた大きな目だけがイメージされて何だか面白いです。
酒田青枝


夜明けまであと何時間あるだろう 濃いめのジンジャーエールはじける

mis0no

1 0+1 星


カルピスを一壜飲んだ夏だったあれは怒りというにはみだら

こりけケリ子

1 0+1


「ヌリカベ」と陰で呼ばれる厚化粧落としたときがまさに妖怪

樂々

1 0+1


濃い味は体に悪いと言いながらラーメンの汁全部飲む人

きい

1 0+1


濃く淹れたコーヒーを飲む真夜中の凛と淋しい暗闇にいて

文佳

1 0+1


カラカラと氷をまわす音がする きみは薄めのカルピスが好き

井田直 家

1 0+1


君の嘘が薄まることはないけれど濃いカルピスを今日は作ろう

真夜中

1 0+1


「東京で最強に濃いラーメン」を甘く見たのがまずかったのだ

Y川 家

1 1

といじま

「東京で最強に濃いラーメン」、めちゃくちゃ気になります……。結句の「まずかったのだ」は実際にまずかったのとかけているのでしょうか。なんだかひどい目にあわれたのですね……。
西村曜


恋人が恋人でなくなった夜につくるカルピスは濃いめにしてね

うにがわえりも 家

1 0+1


濃淡で言うなら濃いを選ぶでしょう二十歳の君の今日のマニキュア

静ジャック

1 0+1


塩水の味が濃くなりすぎぬようつかずはなれず見守っていて

小宮子々

1 0+1

どんまい!

汗かけば濃き顔浮かぶ言の葉は顔を隠せず汗も隠せず

だゆう

1 0+1

どんまい!

朝剃って昼剃ったのに黒々と夕焼け硝子に映えるヒゲづら

くろじたう

0 0


たまにはね濃い味のもの食べたくて女将の店へ寄るのさ

心伝

0 0


にいさんに作ってほしい、いつだって小さじ一杯濃い牛乳で

カカオ

0 0


喧騒を逃れたところの濃い青は待つあの人の撒いた媚薬か

九乃九作

0 0


とんこつのスープ飲み干し舌を出す「こんくらいがいい」とは君の談

なかの

0 0

どんまい!

昨日 2016年04月13日(水) 明日

出詠した人選歌した人



 2016 04 
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30