うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN729日 】 2016年03月29日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 729 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

夕焼けを見るためだけに作られた五反田駅の三番ホーム

小向大也

6 5+1

田村穂隆遠井海桔梗小川けいと塾カレー

五反田あんまり使わないんですけど3番線て東急線のホームですかね
JRのホームも高いとこにあるのに東急のホームさらにその上だからたしかに夕日きれいそう‥こんど見てみたいなー

すみみ

五反田駅に行った事は無いが、「夕焼けを見るためだけに作られた」と思わせるだけの夕焼けが見られるのだろう。是非一度行ってみたく思う。固有名詞が入る事でぐっと読者を惹き付ける歌となっていると感じる。
塾カレー

絶対そんなことはないのだけど、それほどに夕焼けがきれいなんだろうなと。
すっきりしていて好きな歌です。

小川けいと

一枚の絵のようだと思いました。きれいな夕焼けとそれを見て佇む一人の人。夕焼けの時間は帰宅する人がいて、きっと一番ホームにも二番ホームにも三番ホームにもそれなりに人はいるのだと思いますが、その中でどれだけの人がその夕焼けの美しさに気づいているのか、とても素敵な空間だと思います。
ゆきやなぎなぎ子

断定に詩性が宿っていると感じました。
那須ジョン


わたしとは反対の手で髪を梳くわたしはすこししあはせさうだ

桔梗

5 4+1


反対のホームの君を見届けるために逃した終電がある

朝倉洋一

5 4+1


〈反きみ〉をかかげて走る夜だもの雨はがんがん降っててもいい

小宮子々

5 4+1

葵の助久哲朝倉洋一ゆきやなぎなぎ子

振られて(振って?)雨に打たれて走る、って言うのはかなり使い古された表現だと思うのですが、それを逆手にとっての〈反きみ〉が素晴らしく効いていると思う。鮮烈さのある歌。
塾カレー

雨の中、強気で走るというシーンが好きです。でも〈反きみ〉をかかげて夜中に走るくらいだし、しかも「降っててもいい」という言い方は、むしろ降ってほしいみたいで、本当は雨の中で泣いているのかも、といろいろ想像してしまいました。〈反きみ〉という言葉も独特で、お題の使い方が上手いなーすごいなーと思いました。
ゆきやなぎなぎ子


反対側の歩道でバスを待つ人とまじわることなく職安へ行く

那須ジョン

3 2+1 星

小宮子々文佳

職安から出てきた人かな それとも職安ともなんにも関係ない人かな
たぶん職安とか行く人 あと免許センターとか試験会場とか行く人なんかもそうかもしれませんけど自分と一緒の方向に行く人を「あの人もそうかな」みたいなかんじで見ることがあるとおもうんですけどこの歌でもちょっとそうした心理があるのかなて感じました
でも結局そういう人ともほんとなにかのきっかけがなければ話すことはないしそこから一生会うこともない人がほとんどだと思います そんな結局の孤独感とか「まじわることなく」ていうのに出ててよかったです

すみみ


僕が乗るときだけいつも火葬場で降ろそうとする一反木綿

宇野なずき 家

3 2+1


抗えぬ遺伝子レベルの好みあり祖母の着物を反物にする

矢波多恵

3 2+1


わたしとは正反対の君だから真正面から向き合えるんだ

菊池優花

3 2+1

遠木音宇野なずき

正反対だったら背中合わせになりそうなものですが、そんな事はどうでもよく。
そういう些事を蹴散らしてしまうほどの勢いがある一首だと思います。
読者を納得させるだけの力がある。

塾カレー

この歌そのものが真正面から詠まれた歌で、詠んだ人の人柄が見えるよあな歌だと思いました。確実に主人公になれるタイプの人だと思います。短歌は悲観的だったり切なかったりするのが多いし、31文字しかないから、余韻を残したりすることでそういったことをあらわすのに向いてると思うのだけど、この歌はまさに対極で、短く簡潔で、言いきりをうまく用いたことで成功していると思いました。
ゆきやなぎなぎ子


天井に乱反射して卒業歌それぞれの目に映る景色は

きい

2 1+1

菊池優花

木の床に日の光が反射してるのかな 乱反射なんでなにか高そうな花瓶とか宝飾品とかに日が当たってるんでしょうか
その上の句と結句言いさしにホイホイされてしまった そう見ると卒業歌が異分子みたくも思えますがでもこれがいいですよね みんなの歌ってるところから目にフォーカスされていく様子が浮かびました

すみみ

自然と体育館で行われている卒業式の風景が思い浮かびました。高い天井に乱反射する卒業歌、きらきらしているようで、若者たちの未来をあらわしているみたいです。みんなが見ているのは未来で、それぞれの道を歩いていく、というのはイメージとして「反」と合っていると思います。私も「反」で詠むモチーフにしようとしたもののひとつでした。また、天井に視線が行っているのは、泣きそうなのを堪えているのかな、と思いました。青春のきれいな歌だと思います。
ゆきやなぎなぎ子


雪解けに反射している太陽は春か冬かとキョロキョロしてる

吉田一美

2 1+1

月花

かわいい歌ですね
「雪解けに反射する」ていう表現の正確さが気になったのとその2句目は題なので仕方ないですが「きらきらひかる」くらいでよかったかなとおもいました

すみみ


春を飼う魔法をきみは持っていて少し反る指先にとまる蝶

文佳

2 1+1

ダックス

題である「反」に歌のフォーカスがされていてうまい歌になっているとおもいます
下の句の破調はもうすこし整えられるかな‥

すみみ


散り際に背筋を反らしたチューリップ 涙は明日の風が乾かす


釣り針にいまだ闘志はおとろへず反転をせし銀鱗のあり

東風めかり

針をふくんだ魚からテグスを伝った竿の軋みまで
伝わってくるようです。魚との会話が綴じられていて好きなお歌です!

東風めかり


丸猫も反りっぱなしになるような春の長屋に薫る いかなご

東風めかり

2 1+1 星

雀來豆

背中を丸めていた猫も、暖かくなってきたので伸びをしているんでしょう。
「反りっぱなし」という描写が良いですね。「いかなご」の前の半角空けは「薫る」が終止形であることを強調しているのでしょうか?そこが少し気になりました。

塾カレー


ぱらりらりスピード違反上等さ 春をゆっくりゆっくり歩く

ダックス

2 1+1

すみみ

ぐおおお これ<わたし>は車道を走ってくバイクを見ながら歩いてるんでしょうか
わたしはそんな田舎ぢゃないんですけどいちど蓮田駅に降りたときに駅前をほんとおっきい音させて改造したみたいなオートバイが10台ちかく走ってたのを見て これが田舎の実力か‥みたいになったのを覚えてます
たぶんこの歌にでてくるぱらりらりもそんな地方のかわいい若者たちでもし追っかけてくる警察がいてもその警官すらもいつもの巡査で「まーた君らかー」みたいな注意をして総長「うるせーな」みたいな
この<わたし>もまたバイク来たバイク(BKB! ヒィーア)くらいにしか思ってない そういうのんびりした情景を思い浮かべました 春だね

すみみ


少年は牡羊の背に反りかへる半ば瞑れる火のまなざしで

有櫛由之

2 1+1


猿のごと反省したり犬のごと浮かれてみたり春の陽気に

雀來豆

2 1+1


月のした背中あわせの僕たちは星を巡って朝に逢うのだ


いつまでも反りが合わない夫婦って子どもを傍観者にさせるよね

瀬戸さやか

1 0+1


反芻をやめて吐き出せ目の前の未来のほうがもっと美味しい

小川けいと

1 0+1 星


賛成の反対なのだ スリッパにも右と左がなんとなくある

すみみ

1 0+1 星

バカボンでしょうか(笑)
取り合わせがいい。「賛成の反対」と「スリッパの右左」という、繋がりがありそうで実はさほど無さそうな取り合わせだが説得力がある気がする。何故だ。。

塾カレー


べとべとさんに貸したスマホに顔しかめ丁寧に拭く一反木綿

宮嶋いつく

1 0+1


花束をほどけばお辞儀するものや反り返るものあり花瓶のガーベラ

希和子

1 0+1

ちょっと全体が長い一節になってて途中で切ってもいいかなと思いました
すみみ

それからガーベラていう主題が頭に出てきたほうがイメージしやすい‥たびたびすみません‥
すみみ


反骨の精神持ちて立ち向かういつも俺達野党側だな

心伝

1 0+1


プラカード反対の文字読めてない彼らは今夜も秘密の会議

麗子

1 0+1


昨年の反省をすることもなく花見のための場所取りに行く

静ジャック

1 0+1


いつもより多く反省しております背中合わせの恋人たちは

ニキタ・フユ

1 0+1


「一反歩」の体感がない僕たちは人生を切り売りするしかなくて

文屋亮

1 0+1


会うたびに反発していた二人さえ空気にしてしまうの月日は

葵の助

1 0+1


反町が演じる信長思い出すああそうあれも暑い夏の日

天野うずめ

0 0


空気淀み 身分の差が満ち 月欠ける 星の軌道に 反し風吹け

文岡亜由果

0 0


昨日 2016年03月29日(火) 明日

出詠した人選歌した人

東風めかり 文佳 塾カレー ゆきやなぎなぎ子 矢波多恵 宇野なずき家 葵の助 小向大也 きい 吉田一美 心伝 ニキタ・フユ 文屋亮 ダックス 希和子 すみみ 桔梗 宮嶋いつく 文岡亜由果 朝倉洋一 菊池優花 静ジャック 小宮子々 麗子 瀬戸さやか 小川けいと 那須ジョン 有櫛由之 雀來豆 天野うずめ 五條ひくいち

ダックス 田村穂隆 雀來豆 衣未(みみ) ニキタ・フユ 希和子 菊池優花 遠木音 有櫛由之 心伝 葵の助 久哲 井田直家 遠井海 宇野なずき家 朝倉洋一 矢波多恵 月花 文屋亮 瀬戸さやか きい すみみ 麗子 東風めかり 小向大也 宮嶋いつく 桔梗 静ジャック 小川けいと ゆきやなぎなぎ子 塾カレー 那須ジョン 吉田一美 小宮子々 借みね 文佳

31 人

36 人



 2016 03 
    01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31