うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN721日 】 2016年03月21日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 721 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
 千葉ちゃん かつらいす 

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『 フライ 』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

この人が釣った魚という点で同士と言えるこのアジフライ

といじま

7 6+1 星

吉田一美西村曜久哲井田直薄荷。ネネネ

うまい!旦那さんの釣った魚を、奥さんが揚げているのかな。なんてことない日常のなかのひとこまに、幸せな春を感じます。
井田直

釣りたてのアジのフライ、いいですね。思わずにやっと笑ってしまう大人の余裕とユーモアがすきです。
しま・しましま


しつぽ食べないのと言はれ海老フライぱきりと不服ごと噛みしめる

しま・しましま

7 6+1 星

ふきのとう真夜中海老茶ちよ子葵の助サリーB三田たたみ

共感しました。私も幼稚園の頃、そうやって言われて悔しかったです笑
海老茶ちよ子

海老フライのしっぽ、食べる方は食べますねえ。「ぱきり」は海老フライを噛みしめた音ですが、心が折れた(といっては大げさですが)音にもきこえました。それこそ「不服」の音のような。
西村曜

しっぽ食べる派の人からしたらもったいないようですが、食べない派からしたらほっといてほしいものです。ぱきりからあとが特に好きです。
真夜中


往年の三冠王の打ち上げしファールフライは力なく落つ

Y川

5 4+1


お弁当のえびのフライで釣り上げた無邪気なひとと春を漕ぎゆく

黒井真砂

4 3+1

田村穂隆六池小宮子々

ハートめちゃくちゃ迷いました。旦那さんのかわいい無邪気さと春のあかるさ、漕ぐという動詞をもってきたのがぴったりだと思いました。
井田直


物語とは一本のマックフライポテトが通学路に落ちるまで

西村曜

4 3+1 星

黒井真砂きつねしま・しましま

確かに!なぜ、ここにこれが!
近くにマックがなければなおさら気になります。

小川窓子

道に落ちた一本のポテトから、逆回しでマクドナルドの店内までが再生されるようで、広がり方の面白い歌と思いました。
しま・しましま


牡蠣フライはちゃんとしょっぱい味がする働くことが嫌になっても

天野うずめ

3 3

京野凶作かたゆまちゃん堂那灼風

牡蠣フライそのものに「ちゃんとしょっぱい味」があるのかどうかは個人的な感覚があると思いますが、食べることで確認できる精神的なバランスっていうところがいいなと思いました。
しま・しましま


エビフライ2本あげたら昼休みじゅうの自由をくれる子がいる

吉田一美

3 2+1


大飛球、ファウルになればそのあとは見るまでもない春物語

サリーB

3 2+1


自由形ひとりざぶんとフライング ちょっと縮んだブーメランパンツ

三田たたみ 家

3 2+1


僕よりも先に死んだらフライングですよと笑う桜木の下

真夜中

2 1+1 星


受け止める覚悟ならもうできているファウルフライしか打てない君を

薄荷。

2 1+1


目を細め帽子のつばを背へ跳ねてフライを捕って春風になる

小宮子々

2 1+1


食べちゃったゼリーフライのお返しと忍城みたく水攻めに遭う

東風めかり

2 1+1

衣未(みみ)

ゼリーフライ、思わず検索しました。
StarLighter


カキフライという時の「カキ」の発音が「柿」に聞こえるまだ春なのに

静ジャック

2 1+1

といじま

たいへん、たいへん僭越ながら「柿」を「夏期」にすると「まだ春なのに」と呼応して笑いにもっていけるのではないかと思いましたが、そういう目的の歌じゃないですよね、失礼しました。
StarLighter

結果後で失礼します。声に出して読んだら本当だ!って思って楽しかったです。
といじま


せつなくて時計の針を揚げましたいまもお腹でちくたくいいます

ふきのとう

1 0+1

せつなさと時計の針への飛躍ができる柔軟性をうらやましく思いました。
「ちくたくいいます」が、パッと見ると「ちくちくいたい」に見えて
何度も見ました。

小川窓子

なにがせつなかったのでしょう。時間が経ってしまうことそのものでしょうか。揚げてもお腹にはいってもなおちくたく動く時計の針は、健気なようで、どこか無情にも感じられます。
西村曜

おもしろいです。
StarLighter


Fly me to the 涙のない世界 (あるいはあなたとすごした日々)


弱いからこそ美味しさがあるのだと一人ごち食むイワシフライを


おひさまに隠れて落ちる六回のレフトフライのような恋だな

大橋春人 家

1 0+1


ちはやぶる無限遠まで飛べつぶて我が手に銃(つつ)のひとつとてなく

堂那灼風

1 0+1


インフイールドフライが高くコールされ立ち盡くすのみむらぎもの心

佐藤博之

1 0+1


憧れのボタンフライのリーバイスもうアメリカじゃ造っていない

永昌

1 0+1


フライングまじかで打ってるキーボード何を詠うかまだ決めてない

麗子

1 0+1


ローラント・フライスラーの気違いめ資料室では御気を付け遊ばせ

だゆう

1 0+1

ローラント・フライスラー調べました。勉強になります。
StarLighter


小さくたたみ財布に入れた求人チラシをシュレッダーに Fly into the sky

小川窓子

1 0+1 星


ドーナツに切れ目を入れて泣き虫の鼻水吸った泣き虫リング

六池

1 0+1

どんまい!

春だものシフォンスカート翻し準備オーケー I can fly


「高く飛べ」じゃなくて「フライハイ」と書く まず羽ばたきが大事な春に

多田なの

0 0


バタフライ200㍍決勝にテレホンカード三枚分の夢をみる

水沼朔太郎

0 0


春の窓 触れつつ君を想うのは いつも葉書が胸にあるから

黒蜜きな粉プリン

0 0 葉 はじめて

お題の「全部詠み」でしょうか。「春」「葉書」はすぐ見つかるのですが「フライ」は「触れつつ」のあたりに隠れているのかな、とか考えていると楽しいです。
StarLighter


昨日 2016年03月21日(月) 明日

出詠した人選歌した人

永昌 だゆう 東風めかり 麗子 といじま 堂那灼風 多田なの 黒井真砂 三田たたみ家 真夜中 小宮子々 小川窓子 ふきのとう しま・しましま 六池 ひぞのゆうこ 吉田一美 黒蜜きな粉プリン 薄荷。 サリーB 水沼朔太郎 天野うずめ 西村曜 なかばまち子 大橋春人家 かたゆまちゃん 静ジャック Y川 佐藤博之

衣未(みみ) 吉田一美 ふきのとう 田村穂隆 Y川 真香家 といじま 真夜中 麗子 小川窓子 海老茶ちよ子家 永昌 西村曜 六池 遠井海 大橋春人家 葵の助 黒井真砂 佐藤博之 京野凶作 久哲 きつね 静ジャック 井田直家 かたゆまちゃん サリーB しま・しましま 薄荷。 秋子七子 ネネネ 堂那灼風 StarLighter 東風めかり ダックス 小宮子々 三田たたみ家 だゆう

29 人

37 人



 2016 03 
    01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31