うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN720日 】 2016年03月20日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 720 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『 卒業 』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

胸もとに咲かせし花が落ちるとき学生服は眠りにつきぬ

みれー

6 5+1

404notF0816宮木水葉静ジャック絹更ミハルヨノハル

長い間ありがとうお疲れさま! って言いたいですね(^_^)
たちばな

卒業式で胸につける花ですね。式が終わって外すことで服が眠りにつく、というのがいいなあと思ってハートを入れました。花をつける/外すという行為が儀式めいてるなあとも。ただ、「咲かせし」「落ちる」「眠りにつく」と動作が連続しているところには、個人的にやや引っかかりました。慌ただしい印象です。そこを除けば、一番綺麗な歌だったと思います。
ヨノハル


ご卒業おめでとう以下回文と校長自作の回文を聞く

田村穂隆森下裕隆ホシキョウイチ淡海わこ吉田一美

うわぁ…この卒業式に出たいです。校長の回文、めっちゃ興味を掻き立てられました(笑)
遠木音

楽しそうですね。そんな校長先生なら話を聞くのも苦じゃないかもしれないです。
淡海わこ


脱退を卒業と呼ぶ人たちのやさしいきもちでねじれる世界

もりのさと

5 5

えんどうけいこ能見シモンネネネみれー三田たたみ

そうだなあとおもいます。卒業って、実質脱退ですものね。それを卒業と言いかえるのはやさしさに他ならないのだけれど、皮肉なことにそのやさしさが世界をねじ曲げている。「やさしい」「きもちで」「ねじれる」とひらがなに開かれているところから、どこか心もとない印象を受けます。
西村曜

脱退を卒業と表現するのは、確かに(西村さんの評にもありますが)皮肉にやさしいことですね。ただ、私としてはそのことが「世界をねじれさせている」という規模の大きさにまではあまり繋がらなくて(ピンとこなくて)、音符は入れませんでした。アイドルという存在やその扱われ方を思うと、ゆるやかにねじれているイメージは湧くのですが、この歌からはそこまでは読み取れませんでした。
ヨノハル


まだ僕を知らない君がうつくしくわらう、卒業アルバムの中

菊池優花

4 3+1

葵の助ダックスたちばな

初めて彼女の部屋に上がったときでしょうか? 「見せて」とせがんだ卒業アルバムで笑っている君は、僕を知らない僕の知らない君だった。くすぐったいような二人の光景が目に浮かびます。
たちばな

うつくしいと思ってもらえる写真が残せていてうらやましいなと思いました…(感心するとこ違う)
淡海わこ

僕を知らない君がうつくしいということは、僕を知ったことで君はある意味うつくしさを失ってしまったのでしょうか。なんだかそう考えるとグッときました。「卒業アルバムの中」というのは少し説明的というかありがちに感じられたので、もう少し表現を練ってほしかったかなと思います。
ヨノハル


「もう泣くな俺たち遊びに来るから」に無言で頷く体育教師

たちばな

4 3+1 星 葉 はじめて

衣未(みみ)海老茶ちよ子鳩麦

いつも素朴な疑問を抱くんだけれど、どうして学校を舞台にしたドラマの三枚目担当は体育教師と相場が決まっているのでしょうか。実際には全く違う場合の方が断然多いんだけれどねぇ。世間に流布しているイメージを使った方が判りやすいというのはある。それはそれ。この短歌、どうも不良のメンバーがなだめているらしい。それが解かれば話が早い。何と生徒に慕われている教師か。
雨宮 司

教師のほうが泣いてる、というシチュエーションが面白いです。
StarLighter


この街を卒業できぬよろこびの、はたかなしみの沈丁花咲く

森 雅彦

4 3+1

雀來豆終栗夢笠和ささね

複雑な気持ちを沈丁花で表すのが言い得て妙ですね。あの白の質感や、彩りの赤も地味な感じは、桜の賑々しさと比べると「ああ、かなしみだな」と思わされます。香りは華やかなのに。
笠和ささね


職を得て花を見ぬまま発ってゆく 友よ素晴らしき人生を得よ

雀來豆

4 3+1

inboxStarLighter太田青磁

この場合、花には特に深い意味がなく、春を表す花、例えば桜などならいいのだろう。卒業式は別れの儀式だ。高校や大学を卒業すると、友は日本中に離れていってしまう。冷静に考えればこれはめでたいことなのだが、感情面ではそうもいかない。一字空けの後の言葉は、感情を抑制させた、友としては精いっぱいのはなむけの言葉。就職する友を祝う、最高の別れの言葉だ。
雨宮 司

就職先の研修などで卒業式に出られない、という同期生が数名いました。そういう人たち、あるいは中途退学して仕事についた人への歌なのかな、と思いました。ユニークな視点だと思います。
StarLighter

職には就けたけど、花形というか、楽しいことに辿り着かないまま辞めてしまったのだと読めました。あまり歓迎されない形の別れではあれど、この上なく前向きな言葉を贈っているところが素直に心に入ってきました。この場合、スペースはなくてもよいかな?とも思います(が、一呼吸おいて声をかける間にも見えますね)。
ヨノハル


石の上に七年座って得たものをさらりと捨てて友旅立ちぬ

永昌

3 2+1

飴町ゆゆきだゆう

留年して休学して何とか卒業したあと自殺してしまった先輩を思い出してしまいました。詠まれたご友人の旅が悲しいものでないことを祈ります。
飴町ゆゆき

せっかく7年も座ったのにさらにそれを捨ててしまうのですね…と思って不思議がっていましたが、そういう旅立ちもあるのかと結果発表を見て気づきました。「さらりと」という言葉は少し軽さが過ぎる印象です。もう少し「得たもの」や捨ててしまった理由など、具体的な要素があればと思います。
ヨノハル


「あなたから卒業します」と片付けた 追試を受けておけばよかった

笠和ささね

3 2+1 星

遠木音

せつないです。年月が過ぎても、まだ悔いているのですね。
新たな季節が訪れることを願いたくなりました。

遠木音


歯車がひとつ外れてピカピカがまわりだすんだ「さくらソング」に

こたきひろし

3 2+1

多香子シュンイチ

よくわからないけれど、卒業することで枷のようなものが取れていく事を詠んだかと思いました。「さくらソング」が卒業にあってます。
多香子


春だから卒業しないとだめらしい 未練を海に撒いて弔う

衣未(みみ)

2 1+1


明日から生徒ではないわたしでも彼女にはしてもらえませんか

えんどうけいこ

2 1+1

森 雅彦

ドキっとしますね(笑)。
StarLighter

先生のことが好きなんですね!あるあるだなぁ♡
淡海わこ


今横で安心しきって寝る君の第2ボタンをまだ持ってるの

綴紡 家

2 2

朝倉洋一井田直

愛がずっと続いている様子が描かれていていいなあ、と思います。
StarLighter

ごちそうさまです!
朝倉洋一


在校生代表レースカーテンがアロハと揺れて終わる同棲

朝倉洋一

2 1+1 星


どんな日もきょうの続きにあるのなら別れはいつも「またあした」だね

シュンイチ

2 1+1

雨宮 司

友人が全国に離れてしまう高校や大学の卒業式などではこの様には割り切れないとは思うんだけれど、電話以外にも通信の手段が広がっている現代においては別れの感情が希薄になっているのかもしれない。そうやって旧交を手軽に温められるのなら、「さようなら」という言葉の重みは感情レベルでは解からなくなっているのかもしれない。「またあした」っていうのは随分気楽な言葉かな。
雨宮 司

寂しさを和らげるおまじないですね。
たちばな


僕たちはその日巣立った 地下鉄にサリンがばら撒かれた世界へ

森下裕隆

2 1+1


卒業はしたけど明日からニートだけれど夢はあったんだけど

吉田一美

2 1+1

こたきひろし

なんだ? これは高校卒業時のあたしか?
宮嶋いつく

これはもしかして、本日の歌題全部詠みでしょうか。「けど」と「けれど」が一つの歌のなかに混在しているのが少々気になりましたが、なんとも切なくてすきです。ニートでも夢はみられる! と、おもいますよ……!
西村曜

お題の全部詠み、お見事です!
StarLighter

全部のお題が入ってますね!すごい。
淡海わこ


卒業はいつも他人事ひとごとみたいにて感激に水は差さないように

照屋沙流堂 家

2 2


どうしても一緒に写真撮りたくて君を目で追う式の終わりに

StarLighter

2 1+1 星

秋子七子

キュンとしました。私もボタンがもらいたくて目で追ってました。もらう前になくなってしまった思い出がよみがえりました。
淡海わこ


カラオケで尾崎豊とユーミンを歌う 気持ちは15の春だ

淡海わこ

2 1+1 星


あげたのが誰かはきけずそっと抱くあなたの第二第二ボタンよ

飴町ゆゆき

2 1+1 星

久哲

第二「第二ボタン」ということでよいのでしょうか(となると、何番目だ…?)。初めに単なるリフレインとして読んでしまい、??となってしまいました。2番手に甘んじてしまう主体の切なさが感じられて好きです。しかしながら、「卒業」の題として、ごくありふれた景から抜け出せていないのが少し残念でした。
ヨノハル


「あなただれ?」筒です卒業証書の「何を」雨漏りを受けてます

久哲

2 1+1

こりけケリ子

卒業式の涙を証書入れの側から見たのが面白いです。実は筒のふたが逆さになって本物の雨漏りを受けていると読んで♪を入れました(どういう事情なのか気になって)。もちろん読み直したあとも♪です。
笠和ささね


さよならも言えずに卒業するきみに木蓮の花言葉をおくる

404notF0816

1 0+1

ちょうど卒業シーズンに咲く木蓮の花言葉は「持続性」。卒業してしまっても忘れないとか、好きでいるとかを伝えたいのでしょうか。さよならすら言えないからこそ花に託した思い、伝わるといいなぁ。そういうことを読み取ってくれるだろうと思える人だからこそ、主体は惹かれたのかな。
木原ねこ


卒業に泣きそな自分に戸惑って証書の筒をポンポン鳴らす

遠木音

1 0+1 星


もうこれは卒業だよとおしゃぶりを壊した父の大きな両手

木原ねこ

1 0+1 星


コンタクトレンズが痛い「中学の卒業アルバム見せて攻撃」

葵の助

1 0+1


結婚は寂しさからの卒業で憂鬱感の始まりだった


卒業は悲しいものと思ってたただ不安だけ足元にいる

雨宮 司

1 0+1 星


よく似た時計や眼鏡を見かけてももう痛まない卒業します

秋子七子

1 0+1


お終いと決めて川面に流しやる雛の別れよ二人の卒業

多香子 家

1 0+1 星


先輩の卒アル欲しい ユーミンの「卒業写真」ごっこをしたい

田村穂隆

1 0+1

卒業後数年はやってたような気がします。同学年だからできたんだな、と今気付きました。
淡海わこ


短ランとボンタン纏った青春は卒業写真でピリオドを打つ

宮嶋いつく

1 0+1 星

「青春は…ピリオドを打つ」がどうしても引っかかってしまい、音符を入れませんでした(青春がピリオドを打つ…?)。ボンタンは初めて聞いたのでググッてみましたが、あの不良の変形ズボンのことなのですね。やんちゃしていた時代も終わって、彼らもわりかし普通に生きてゆくのでしょう。もう少し内容的にもワル感があればおもしろかったと思います。
ヨノハル


AKB48 卒業にシーズンもなく最後の制服

鳩麦 家

1 0+1 葉 はじめて


楽器手に卒業の日を祝わんとG線上のアリア奏でる

太田青磁 家

1 0+1


「今年こそ卒業すると決めたんだ!」 その後彼を見た者はいない

Y川

0 0

彼、どうしちゃったですか!? とても気になりますw
たちばな


卒業をおめでとうって言えなくて誘惑してる「もう一本どう?」


昨日 2016年03月20日(日) 明日

出詠した人選歌した人

衣未(みみ) 朝倉洋一 ホシキョウイチ 404notF0816 西村曜 淡海わこ 宮嶋いつく もりのさと 森下裕隆 StarLighter なかばまち子 雨宮 司 遠木音 飴町ゆゆき 葵の助 鳩麦家 多香子家 菊池優花 雀來豆 照屋沙流堂家 森 雅彦 久哲 永昌 えんどうけいこ 太田青磁家 笠和ささね シュンイチ たちばな 吉田一美 秋子七子 みれー こたきひろし 田村穂隆 Y川 木原ねこ 綴紡家

衣未(みみ) こりけケリ子 海老茶ちよ子家 404notF0816 田村穂隆 多香子家 遠木音 西村曜 秋子七子 飴町ゆゆき シュンイチ 森 雅彦 宮嶋いつく 宮木水葉 雨宮 司 久哲 えんどうけいこ 森下裕隆 こたきひろし 能見シモン inbox 雀來豆 StarLighter 朝倉洋一 木原ねこ 葵の助 ネネネ 太田青磁家 ダックス ホシキョウイチ 鳩麦家 終栗夢 菊池優花 淡海わこ みれー たちばな 吉田一美 静ジャック 笠和ささね 永昌 井田直家 三田たたみ家 絹更ミハル家 だゆう ヨノハル 弓斗

36 人

47 人



 2016 03 
    01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31