うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN714日 】 2016年03月14日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 714 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
 三原雨菜 未音

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

公園のジャングルジムのてっぺんで風をあやつる小五の男子

吉川みほ

6 5+1 星

真夜中雀來豆りん文屋亮だゆう

最近、小五の男子がヒーローポジションの漫画が増えてきました(?)が、この歌もまさにそんな感じですね。風をあやつる異能を身につけた少年、カッコイイですw
三田たたみ

言葉のチョイスが素敵です!
5月の爽やかな風かなぁ、と想像してみたり…。

りん

風使い。ファンタジーの主人公っぽくて子どもの頃、憧れました。
森下裕隆

ああ、小5でなくてはならないあの少年の感じ、ありますよね。
小学五年生は子どもの中で最高の万能感、将来を憂うなにもなく、
伸びやかで、可能性に満ちていて、不思議を起こせる、あの感じ。

文屋亮

三田たたみさん りんさん 森下裕隆さん 文屋亮さん ありがとうございます。小五男子の万能感無敵です!
吉川みほ


わたしより細い手足であっさりとわたしを抱くこの男ときたら

藤田美香

5 5

えんどうけいこ木原ねこきつね飴町ゆゆき

あああ、ガリガリ好きにはたまらないですね…つかまった時の首や腰が細いのに力持ちって。すいません、評になってなくて…。
外川菊絵

これはあれですね、ずるいですね
きつね


男爵の深き窪みの奧にふく固き新芽を春がまさぐる

佐藤博之

4 3+1 星

三田たたみStarLighter秋子七子

それはソラニンの毒がある。
多香子

「男爵」の痴態に思わず身もだえしましたw 春が男爵をまさぐっゃうなんて、かなり淫靡ですな……思わず脳内に「よいではないか~」という悪代官の声が再生されかけましたが、よくよく考えてみると、これは新芽をチラつかせる男爵が悪い。(←痴漢的心理
三田たたみ

独特なお題の使い方、密やかで官能的な描写、春への想い、とすべてが素晴らしいです。
StarLighter

おお、これはちょっとロマンチックな。
この場では珍しい傾向の歌ですが、好きです。

文屋亮

うわっ思いっきりBL耽美に誤読していました!
そっか、よく考えればジャガイモですね。
誤読を誘う意図は作者の方にはおありだったのでしょうか?

文屋亮


いつのまに男になった弟が嘆く「B’zがもう歌えない」

シュンイチ

4 3+1 星

雨宮 司楽水童子朝倉洋一

これは思春期の男の多くが経験しているはず。声変わりです。B’zはけっこう高音域で歌う部分があるから、声が低くなるときついのでしょう。声の質を考えなければ結構歌えるものなんですが。ちょっとした変化が進行していくから、家族は逆に気づかないのかもしれない。「いつのまに」が兄としての静かな驚きを端的に表していて、なかなかいい。高音域の綺麗な歌手ばかりでも寂しいものだ。
雨宮 司

嬉し恥ずかし声変わりですね。弟さんの照れ臭さが伝わります。
朝倉洋一


男なら泣くなと祖母に叱られし微かな記憶として昭和あり

森下裕隆

4 3+1 星

外川菊絵西村曜藤 かづえ

男だから、女だから、という表現は今の時代には不釣り合いで好みではないのですが、この歌はすごく力強くて好きです。それは祖母の言葉であって、強くなければ過ごせなかった時代を背負ってきた力強さが現れているからだと感じます。昭和が好きです、ちゃんと時代が繋がっていることを感じられるところがいいです。
外川菊絵

社会派で真面目な歌ですね。昔……といってもほんの30年くらい前は、こういう思考が当たり前だったということにあらためて気づかされました。そして今の時代はとても自由だなぁと。別に男女の平等うんぬんと騒ぐ気はありませんが、その手の発言すら許されなかった時代があったことは、忘れちゃいけないですよね……。
三田たたみ

昭和が遠くなっていくと言われますが、この歌の主人公は昭和の終わりごろに生まれたのでしょうか。全体がきれいにまとまっていて、参考にしたい作品です。
シュンイチ

「男なら泣くな」。わたしはあまり聞いたことがないですが、年配の方にはそう言う方もいらっしゃるようですね。平成の世は、「男なら」「女なら」ということを昔に比べれば気にしなくなったぶん、肩肘張らず生きていけるようになったのかなあ……。

西村曜


どのへんがメンズかわからないけれど男はそんなもんさ、ポッキー

西村曜

4 3+1 星

シュンイチ小川窓子猫丸頬子

男というお題から「メンズポッキー」への発想が素敵ですw 確かにメンズポッキーって不思議ですね。普通のポッキーより何かパワーが出るような成分が入っているのでしょうか。例えばマカとか……という流れで「ボッキー」という言葉を思い浮かべてしまいましたが、男ってそんなもんですよね。
三田たたみ

ポッキーのCMのイメージなのかな。なんか開き直っている感じが好きです。リズムもいいですね。
シュンイチ

メンズポッキー、今はもう売ってないのでそれを考えるとひときわ切なく思えます。
StarLighter


母になる覚悟はできた羊水に男の証を揺らすお前の

木原ねこ

4 3+1


「あー引力」と言い何度もキスをする男とエグい風邪をひいてる

ナイス害

4 3+1

森下裕隆萩野聡吉田一美

初句五音として読むと、「あーいんりょ」という謎の言葉が急に投げ出されて始まるようで、何か感覚をずらされたような妙な気分になります。
風邪をひいた時は普通ひとりになるものですが、主体は「何度もキスをする男」と一緒に風邪をひいています。「エグい風邪」というのも、何かアブノーマルな性愛関係を連想させます。
引力というのは、自分の意思とは無関係に相手に作用を与えてしまうものなので、どうしようもなくお互いに惹き合ってしまうような関係を表象した言葉なのかもしれません。

森下裕隆


わたしとの約束ふいにするほどの男ができたとみていいんだね

飴町ゆゆき

3 2+1

ダックス井田直

これは百合的な物ではないのでしょうね。
多香子

「男」を使って女同士の友情を描くところがうまい!と思いました。
StarLighter


不意打ちで抱きしめられたその時にあいつも男なんだと気づく

ネネネ

2 1+1 星


遺伝子を残すつもりはないからと嘯く男にドロップキック

三田たたみ 家

2 1+1 星


火男と彼を表す人もいて熱き心をもつかひょっとこ

遠木音

2 1+1

吉川みほ

そうですね。「ひょっとこ」は、元来「火男」だったのが音便変化して今の呼び方になったと言われています。私は大瀧詠一のファンだったので、「熱き心」と問われると「きぃ~た~ぐ~に~の~」と歌い出したい衝動に駆られるのですが、それはそれ。ユーモラスな外見の裏にマグマの様に熱く煮えたぎる心を秘めていると考えると、なかなか痛快ではないですか。よっ、日本一!
雨宮 司


男らしい腕を伸ばされ飲みかけのペットボトルが渡せなくなる

もも

2 1+1 通算150首詠

深影コトハ

キュンとしました。
恋が生まれた瞬間でしょうか?

ネネネ

とても可愛らしい恋の歌にきゅんときました。ペットボトルを渡せずもじもじする乙女を見て、何も気づかない鈍感ヒーローでもいいし、何かに気づいて赤面する聡い男子もよし……夢が膨らみますなぁ……(←「早く寄越せよ(ニヤリ」みたいな俺様系は好みではない
三田たたみ


オスカルかリボンの騎士のスペックがあれば男装してみたかった

多香子

どんなスペックだろう(フェンシング?足の長さ?)と思ったけど、皆男を詠っている中で男装の麗人というところがはーと。
多香子

わかります(笑) 恋愛対象とはまたべつの憧れってありますよね。男という歌題でこういう切り口もあるんだなあと思いました。
猫丸頬子


男子校一割ほどが女性化し相合傘の仲睦まじき

文岡亜由果

今は自分の心を自由に解放しやすくなってこういうことも珍しくなくなるかも知れませんね。仲睦まじいの意味が多義にわたる時代を感じます。
外川菊絵

ある意味社会的なテーマの歌……になるのでしょうか。最近BLもしくは男の娘モノという漫画ジャンルも当たり前の世の中になってきましたが、まさか男子校の一割とは……でも仲良きことは美しきかな。私はいいとおもいます。いいとおもいます。(←大事なことなので二度
三田たたみ

それは「女性化」したのではなく、時代が変わって
本来の性指向を堂々と出せるようになっただけだと思います。
茶化すようなところが気になりました。

文屋亮


喉仏鳴らし牛乳飲むきみは(凹んだ部位がどこにもないのね)

2 1+1

久哲

健康的でがっちりとした、性格もあまり屈託していない男性を想像しました。パーレン内は主体の女性の述懐だろうと思いますが、この男に凹んだ部分をつくってやりたい(身体に、あるいは心に?)というような欲望があるようにも感じました。
森下裕隆


男の子みたいだねって言われてるけれど隣にいさせてくれる

まとか珈琲 家

2 1+1


言葉より背中を信じていいですか男のにおいの肩によりそう

藤 かづえ

2 1+1

ネネネ

不器用だけれども魅力ある男性が真っ直ぐに詠われていて好感を持ちました。
外川菊絵


窓を開けた男子更衣室に届く桜吹雪とサッカーボール

真夜中

2 1+1


「男でしょ泣いちゃダメだよ胸張って」うるせペチャパイ!バカ!ブス!死ぬな!

ダックス

2 1+1


ショベル礫にあたりて骨をつたひゆくをのこせいの感触のあり

楽水童子

2 1+1


知っていた?男のひとの香水はだいたいメロンの香りであること

井田直 家

2 1+1


おとこのこ持つ母親の高笑い握り飯ってこうして作る

外川菊絵

2 1+1 星

静ジャック

高笑いしながら握り飯を作るとは、なかなかキャラのたったお母さんですね……! でも「高笑い」から豪快さが伝わってきます。握り飯の量も尋常じゃないんでしょうね……。
西村曜


男などめんどくさいと言いながら垣根の向こうを背伸びして待つ

多香子 家

2 1+1 星


いたずらを繰り返しては男子たち教師の反応楽しんでいる

文乃

2 1+1


それワタシついていないよバブル期のダイエーでしか売ってなくって

久哲

2 1+1

中牧正太

題詠「男」なので何がついていないのか分かりますが、もしかしたら題から離れて読んだ方がミステリアスで面白いかもしれません。
森下裕隆


詩情を所持した疑いで、中央区・無職の男が連行された

那須ジョン

1 0+1

これは難しい歌です。日常に流れてくるニュースの一幕が、ふと、主体にはそのように聞こえてしまったのでしょうか。個人的には「詩情を所持して/いた疑いで」と初句を大胆に字余りにしてしまったほうがいいかなと思いました。
シュンイチ


「昔、男ありけり」と国語教師が始めれば「先生、煙草くさい」と女生徒

雀來豆

1 0+1

寺山修司の本歌取り。
本人に直接言ってしまへる辺り、本歌よりこの国語教師に愛着ありさうにも感じました。

佐藤博之

ちょっと長めですが、独特のリズムというか空気感が好きです。特に女生徒の辛辣な発言が面白いw こんなとき先生としては「すまん」と謝って禁煙するしかありませんね。よほどのイケメン教師でない限り……。
三田たたみ

寺山修司ですね。全体に古風な雰囲気が漂っているのがステキだなと思いました。
シュンイチ


他のひとなんて少しも視野になくきみを見ていてこぼしたビール

衣未(みみ)

1 0+1


イケメンにおつかれさま!って言われたい叶わないから布団に潜る

淡海わこ

1 0+1

そりゃ言われたい。そして大抵かなわない。
多香子


あの時は気がつけなくてごめん 私に歩幅を合わせてくれたね

文岡亜由果

1 0+1


母と泣く。分娩室から絶え間なく泣き声きこえ「男の子だね」

小川窓子

1 0+1

感涙ですね。典型的な嬉し泣き。最近は事前の診断で男女の別が分かるのですが、この作中主体の家族は楽しみにとっておいた様です。結句の台詞「男の子だね」は、作中主体の母親の言葉でしょう。分娩室以外の場所にいますから、作中主体は男性。母親は作中主体を産んだ時のことが思い出されて、余計に感極まったのかもしれません。派手さはありませんが、いい短歌です。
雨宮 司


「男には気をつけろ」父がぽつりと十八の春 巣立ちの朝に

秋子七子

1 0+1

パパのぽつり、すごく素敵ですw でも娘としては「そんなの関係ねぇ!」って感じでしょうね。せっかく親元を離れるんだし、恋しないでどーすんの、と。しかし都会(?)には危険なオオカミがいっぱい……そこで私が考える最高の方法は「闇金ウシジマくん」を渡すことです。あれは身に沁みます。
三田たたみ

たしかにですね。
お月ちゃん


精通が起こりしころに初恋を。男の匂いを心が拒み

こたきひろし

1 0+1


泥まみれ本来男の仕事だがこの仕事にも性差はないぞ

雨宮 司

1 0+1 星

いわゆるドカタ仕事で働く女性もよく見られるようになりましたが、
体力差は如何ともし難く、大抵の女性は同じように働こうとすると、体を痛めると思います。
この歌は「辛い仕事は男だけって、そんなことないよな、な」
という嘆き節のひとつとして読みました。

文屋亮


異性交遊なところもあるけれどほんとは男女交際なひと

中牧正太

1 0+1

どんまい!

男だけの話ったって食い物とゲームとガチャじゃさびしからずや

照屋沙流堂 家

0 0

なんとなく哀愁の漂う歌ですね。「食い物」「ゲーム」「ガチャ」……うん、私はいいとおもいますよ。というか、私がつるんでいる妙齢メンズはほぼそんな感じです。プラス「アニメ」「野球」「電車」……ほら、どんどんさびしくなくなってきた!
三田たたみ


わたくしと短歌では書くわたくしは3月14日の男にて

松木秀

0 0


昨日 2016年03月14日(月) 明日

出詠した人選歌した人

三田たたみ家 ナイス害 佐藤博之 藤 かづえ 秋子七子 遠木音 ネネネ ホシキョウイチ 文岡亜由果 衣未(みみ) まとか珈琲家 真夜中 ダックス 飴町ゆゆき シュンイチ もも 那須ジョン 森下裕隆 木原ねこ 外川菊絵 多香子家 中牧正太 文乃 楽水童子 雀來豆 雨宮 司 久哲 西村曜 淡海わこ 藤田美香 えんどうけいこ 照屋沙流堂家 松木秀 吉川みほ 小川窓子 井田直家 こたきひろし

えんどうけいこ 佐藤博之 ダックス 多香子家 ネネネ 文乃 衣未(みみ) 外川菊絵 木原ねこ 森下裕隆 真夜中 ナイス害 萩野聡 雨宮 司 那須ジョン 吉川みほ 雀來豆 三田たたみ家 もも 深影コトハ こたきひろし シュンイチ ホシキョウイチ きつね 遠木音 小川窓子 飴町ゆゆき 淡海わこ 静ジャック 真香家 猫丸頬子 こりけケリ子 StarLighter 西村曜 楽水童子 秋子七子 吉田一美 久哲 朝倉洋一 中牧正太 文岡亜由果 藤 かづえ 井田直家 まとか珈琲家 文屋亮 だゆう

38 人

47 人



 2016 03 
    01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31