うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN654日 】 2016年01月14日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 654 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
   松木秀 メモリ

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

すそにまだカールの残るカレンダーめくって春を確かめてみる

しま・しましま

10 9+1 星 秀歌

スコヲプ琥珀静ジャックもも宇野なずき西村曜深川銘桔梗

カレンダー。一月二月は確かに「すそにまだカールの残る」状態。ちいさな発見だが、よく観察している。

村田馨

一月のカレンダーを「すそにまだカールの残る」と表現したところがいいですね。「すそをめくる」と少しお色気を絡めながら「春を確かめてみる」ですか。ただただ感心してしまいます。
静ジャック


あたらしい朝を迎えて日めくりの昨日をそっと破いて捨てる

犬飼あき

4 3+1

衣未(みみ)太田青磁だゆう

日めくりの昨日を破いたのではなく、昨日そのものを破って捨てたかのよう。
村田馨


月曜日を誘拐してもまた別の月曜日(仮)がやってくるだけ

黒夜行 家

3 2+1


終わる頃わたしは生きていないから百年暦に空想を書く

スコヲプ

3 2+1


月めくり暦と呼びし母の吊る浅間の尾根が冬空に映ゆ

宮木水葉

3 2+1

まゆまゆ犬飼あき

「母の吊る浅間の尾根」ということだから、浅間山の風景のカレンダーということだろう。さぞかし美しい写真と思われる。
村田馨


あくまでも暦の上の話だが三週間で冬は果てなむ

村田馨

3 2+1 星


昨年のカレンダーから抜け出せず死んだ予定を供養する午後

宇野なずき 家

2 1+1


花の名を数より先に子は覚えおえかきちょうを花暦にする

木原ねこ

2 1+1

東風めかり

花の写真のカレンダーを見ながら、ひとつひとつ丁寧に「おえかきちょう」に描いていったのかな。それを「花暦」としたところがいいなと思いました。
なんとなく上の句に言葉数が多くてごたごたしているように思えるのと、結句の字余りが少し気になりましたが、「おえかきちょうを花暦に」っていいなって思います。

しま・しましま

おえかきちょうのひらがな表記がいい。
村田馨

あぁ…素敵なおえかきちょうですね!
東風めかり


保険屋の殺風景なカレンダーにあなたが記す未来のことば

桔梗

2 1+1

亜梨

ちょっと恐い。
村田馨

写真も絵もない、実用一点張りのカレンダーなんでしょうね。その保険屋の名前がでかでかと印刷してある。そこに書かれた「未来のことば」、きっとすてきな予定で、主体にとってカレンダーの殺風景さを補って余りある明るいことばなんだろうなと思いました。
しま・しましま


そういえば誕生日だと今年から教えなくてもいいから、アプリ。

もも

2 1+1

深影コトハ

誕生日がめでたくない年齢になったのですね。
村田馨

あまり頻繁に使っていないアプリに限って、消し忘れていた情報を不意に通知してくれちゃったりするんですよね、、笑
「そういえば」というしれっとした感じの語りかけ口調がとても良かったです。

深影コトハ

着眼好き、でも「そういえば」がどうつながるかわからずLike
@aokikenichi


日めくりの毎日に歌を添えていこう詠み始めてから明日で一年

亜梨

2 1+1


3月のまたねは信じないでおくそれぞれの道に吹き散るさくら

深影コトハ

2 1+1 星

永昌

卒業。雰囲気のある作品だが、暦という題からはいささかずれているように思える。
村田馨


主人亡きベッドの脇の日めくりを風の指先めくっておりぬ

琥珀

2 1+1

村田馨

めくる人がいなくなった日めくり。せつない。
村田馨


ゴーストが毎晩部屋にやってきて 破った日めくりまたくっつける

前田沙耶子 家

2 2

山本左足しま・しましま

かわいいキャスパーみたいなゴーストならいいんだけど、どうなんでしょうね。もっと怖い風貌のゴーストだとしても、なんとなく可愛いような気がします。毎晩やってくるということは、人間の方も毎日めげずに破ってるんでしょうね。
しま・しましま


神様も真面目過ぎるよもう少し休めよ世界を造るときくらい

山本左足

2 1+1

ゆきやなぎなぎ子

安息日がもっとあれば人間も楽だったろうに。と言いたいわけだが…
村田馨


白妙の外輪船に誘われて戻らずうみへ延暦寺から

東風めかり

2 1+1 星

須磨蛍

暦の使い方がいい。が、情景が思い浮かばない。湖は琵琶湖だと思うが。
村田馨


来年も大晦日まで生きているつもりでめくる高島暦

深川銘

2 1+1


・・・ 宇宙暦0079・・・うちゅうれきダブルオーセブンティナイン 」 みんなアムロに変えてく呪文

須磨蛍

1 0+1

宇宙暦。でましたか。作者がガンダムファンならもっとコアか表現をしそうに思う。
村田馨

↑誤記です。「コアな」です。
村田馨


きっぱりとカーテンを開けサーカディアンリズムを太陽暦に合わせる

塾カレー

1 1


西暦が何か知らない生徒たち知る者として何から話そう

学校で西暦を教えている授業風景か。
村田馨


ふと見ると暦が三月前のまま めくる人がいたこと思い出す

 家

1 0+1

その部屋に居た人がいなくなった。他界したのか、家を出たのか。何らかの離別があったことを示唆している。下句が説明になってしまった。
村田馨


雪雲が町を覆っている頃に旧い暦は立春を告ぐ

静ジャック

1 0+1 星

春は名のみの風の寒さや、ですね。
村田馨


雪にさえ紛れてしまう音としてはるか未来の暦の名前

小宮子々

1 0+1

静謐な冬の日。遠い未来を思い浮かべて。
村田馨


暦日を重ね罅をも抱きつつ母校のプールは健在なりけり

まゆまゆ

1 0+1

暦という題だからやむを得ないが、「暦日を重ね」はやや大げさな感じがする。
村田馨


1月がまた巡ってくる頃には貴方を忘れられてるかしら

ぽむどいぶ 家

1 0+1


節分の豆がこぼれて気がついてやっと暦が掛け替わる夜

フジタレイ

1 0+1

翌日から春のはずなんですけどね。
村田馨


我が家にもひと月遅れの冬がきて猫の外出も短くなりぬ

永昌

1 0+1

今年は暖冬だったが、「ひと月遅れの冬」とはそのことだろうか。
村田馨


睦み合う相手もおらず旧暦が追いやられてるカレンダーの端

桜望子

1 0+1


暦の上ではDecember でも生きていくにはつらい世界ね

@aokikenichi 家

1 0+1 星

上句と下句のつながりが読み解けなかった。
村田馨


びっしりと暦を埋めて気がついた 僕もうつろい季節も君も

どんまい!

旧暦の数字のままに強引に新暦と成るずれのままティー

だゆう

1 0+1

どんまい!

太陽暦は月の満ち欠けと関係ないから月の満ち欠けが暦とずれるが、そのことだろうか。ティーが何だか分からない。
村田馨


爆竹が鳴る先生が飛び出して行く ああ今日も旧正月だ

だみお

0 0

荒れる学校は毎日旧正月。暦という題にしてはややずれた感がする。
村田馨


曾祖母の誕生会は年二回太陰暦と太陽暦で

くろじたう 家

0 0

日本が太陽暦に変ったのが明治五年のことだからさすがにご存命ではないだろう。端境期を生きた人々は年二回の誕生日を祝ったのかもしれない。いや、そもそも誕生日という概念はあったのか。数え年は一月一日で年が増えるはずなのだが。
村田馨


心身を凍らすようなこの寒さ暦めくって春を数える

心伝

0 0

春が待ち遠しい。
村田馨


爆買いの中国人はだれもみな暦どおりに動く民族

種子島鉄男

0 0

どんまい!

もうすぐ旧正月。中国では爆竹が打ち鳴らされるでしょう。「だれもみな」が安易に当てはめられたのではないか。
村田馨


昨日 2016年01月14日(木) 明日

出詠した人選歌した人

東風めかり 深影コトハ 家 だゆう 小宮子々 永昌 桔梗 更紗なぎさ 宮木水葉 犬飼あき ゆきやなぎなぎ子 須磨蛍 亜梨 木原ねこ 種子島鉄男 だみお 黒夜行家 静ジャック もも 塾カレー 前田沙耶子家 ぽむどいぶ家 心伝 山本左足 フジタレイ まゆまゆ 琥珀 しま・しましま 桜望子 宇野なずき家 村田馨 @aokikenichi家 深川銘 くろじたう家 スコヲプ

スコヲプ ぽむどいぶ家 亜梨 衣未(みみ) 太田青磁家 フジタレイ 宮木水葉 山本左足 琥珀 深影コトハ 静ジャック 家 更紗なぎさ 黒夜行家 まゆまゆ 木原ねこ もも 永昌 宇野なずき家 西村曜 しま・しましま 深川銘 桜望子 村田馨 月花 桔梗 東風めかり 犬飼あき @aokikenichi家 小宮子々 ゆきやなぎなぎ子 須磨蛍 だゆう

35 人

33 人



 2016 01 
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31