うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN617日 】 2015年12月08日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 617 日め 葉 
第36代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『 定規 』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

母の手は体温計にも定規にもなつてわたしの世界を測る

薄荷。木原ねこまゆまゆ雨宮 司しま・しましま南瑠夏文乃

やわらかな定規。素敵だと思いました。時に物差しで叩かれた厳しさもちょっと思い出してしまいました。
吉川みほ

母は強し。子供の知恵の源泉は両親でしょうが、幼少時に特に重要になるのが母親の存在です。母と子の関係には父親は割って入ることが(基本的に)できません。もしそうしたいのなら、父親は仕事を放擲する覚悟を固めなければならないでしょう。まあ、その辺りの選択で揺れているのが今どきの家族ですが。自分の身体のことを知っていれば、母親は身の丈の及ぶ範囲で万能です。やられたな。
雨宮 司

幼い頃、熱っぽい額に当てられた母親の冷たい手は、とても気持がよくて、守られている安心感がありました。
成長するにしたがってその手が、自分を守るものから、縛るものへ、そして、測るものへと変化していく。そういう感じかなと思いました。

しま・しましま


まっすぐに引いてはいけない線を知り僕の定規は歪んでしまう

きつね

4 3+1

こわくないもり吉川みほ静ジャック

いわゆる「常識」を知ってしまったのでしょうか。社会人になると、会社によっては驚くような独特な常識なるものがあるようですがその類いなのかと。
まゆまゆ

人との距離感や自身の体感で、その都度一定に測る事が出来ない目に見えない抽象的でシュールな感覚で、ダリの時計みたいにグニャっとした定規が、目に浮かびました。
吉川みほ


ステンレス製の定規を寄る辺とし迷わず進むカッターナイフ

犬飼あき

4 3+1 星

えんどうけいこ太田宣子佐藤博之

ステンレスの定規、カッターナイフの刃、うすい鋼同士が接するところの質感が響いてくるような気がしました。冬の質感ともマッチするような感じがしました。
太田宣子

冷たく、精密で鋭利な質感がとても伝わり、それが、定規の正確さと繋がるものを感じました。
吉川みほ


数十年前に背中に入れられた定規が今も折れないままだ

那須ジョン葵の助中牧正太

「姿勢をまっすぐにしなさい!」って入れられたのでしょうか。生きる姿勢もまっすぐに数十年を過ごしてきたかもしれませんね・・・
阿坂れい

私たちの輪郭はいろいろな外圧と内圧の平衡の結果として形成されているのかもしれません。背中の定規はこれからも折れないのか?もしくはいつか折れてしまうのか?そんな先のことも連想しました。
那須ジョン

的外れな読みかもしれないのですが・・・
背中に定規を入れてきたのは主体にとってとても良い先生で、この先生の影響で、それから先もきっちりと、真っ直ぐに生きてこられたような様子を思いました。

葵の助


真っ直ぐにならない線をキレイね、と褒めてくれる母のものさし

萩野聡

4 3+1

有華春彦なかばまち子

がんばっているのを認めて褒めてくれるお母さんの優しさ、いいですね。あったかい気分になりました。
犬飼あき


まだ細い人さし指を入れてみる三角定規の重心の穴に

雨宮 司

3 2+1 星


未来図に定規は役に立たなくてぐるぐる描くフリーハンドで

まゆまゆ

3 2+1 星


貸したげた三角定規又貸しをされて三角関係になる

冨樫由美子

3 2+1


横暴な文具屋店主、分度器の代わりに落ちた半月を売る

雀來豆

2 1+1

こりけケリ子

抗議します。私は断固抗議します。そんなに古い分度器を渡して何をしようというのですか。聞くところによると、月の年齢は地球とほぼ同じ46億年と推定されているとの事。そんなに古びて見た目だけが半円形の巨大な球体を、年端のいかない子どもに売りつけてどんな利ザヤを稼ごうというのですか。抗議します。文具店主はすみやかに出頭してください。
雨宮 司


住所録削除の赤い線をひく儀式のように定規をあてる

吉川みほ

2 1+1 星

犬飼あき

儀式のようにという言葉に底知れぬ怖さも感じます。もう縁を切ってしまった人なのでしょうか。
まゆまゆ

まゆまゆさん ありがとうございます。父が歳をとってから、毎年年末年始に年賀状を書いたり、届いたりしたものと照らし合わせてこのようにしていたのを思い出して書きました。
吉川みほ


すまないな幼なじみの竹定規取り消し線を引くばっかりで

中牧正太

2 1+1

工藤吉生

定規に対する親しみや愛情がよく感じられました。定規にも引きたい線や引きたくない線があるんでしょうかねえ、なんてことも考えました。
工藤吉生


竹定規挿せばアンテナ抜けば刀となって正義は守られていた

春彦 家

2 1+1


反転と円環幾度も繰り返しスピログラフに咲き出す宇宙

文乃

2 1+1


かっこいい方の三角定規って二十年ぶり二度目の描写

こりけケリ子

2 1+1

きつね

すみません。♪を付け忘れてしまいました。「かっこいい方の定規」私の中で「あっちだな」とピンときました。
吉川みほ


こころとか残せないため全身の君に定規をくまなく当てる

照屋沙流堂 家

2 2


線を引く覚束ない手を思い出す娘の定規で背を掻きながら

葵の助

1 0+1 星 おとの日


消しゴムを借りた代わりに定規貸しきみとの距離が前より近い

衣未(みみ)

1 0+1


測らない星へいきたい やさしさの定規がないから君と暮らせる

南瑠夏

1 0+1

えっ、やさしさにまで定規をあてようとするの? それはやり過ぎでしょう。人間の感情っていうのは測りようがないから喜怒哀楽を素直に表現できるんです。それを、いかなる手法によってかは知らないけれど、特定の感情だけを測ろうとする。感情に仮面を被ろうとするのは目に見えています。人間の感情は生き物だから、やがて仮面は肉付きの面の様に自らの一部になる。測らない星へ行こう。
雨宮 司


14.5cmほどかあててみる百円ショップで買った定規を

松木秀

1 1


あなたとは平行線のままだから三角定規が刺さって痛い

木原ねこ

1 0+1


地球儀に定規をあててはかるのは きみ僕ウチの距離とか未来

有華

1 0+1


仲直り出来ずに別れた思い出で丸まった角の三角定規

薄荷。

1 0+1

幼なじみでしょうか、昨日今日ではない長い付き合いのふたりの時間の経過が、定規の角に表現されているのですね。
吉川みほ


プリキュアの定規が欲しいと姪は言う今日吹く風は少し冷たい

天野うずめ 家

1 1


黒板用定規で尻をたたいてた中学担任いま教育長


物差しを縦に継ぎ足し銀河系を捏ね繰り回すように君待つ

安西大樹 家

1 0+1


喉元に定規の角を突きつけて口説かれるときのようなチョコの味

荻森美帆

1 0+1


借りてきたアンパンマンの定規にてママに引かれた線のまぶしさ

笠和ささね

1 0+1


『今日はだめ』昨日はよくて何故なんで 彼女の定規ネコか杓子か


君が名を定規の内に囲めても昂る想いはかこめなくて

こたきひろし

1 0+1

どんまい!

忘れ物すると定規で叩いてたアイツのあだ名 ねぇ覚えてる?

なかばまち子

1 0+1

どんまい!

透明の尖ったこころでつっぷりと三角定規のように刺されて

404notF0816

0 0

どんまい!

昨日 2015年12月08日(火) 明日

出詠した人選歌した人

犬飼あき 中牧正太 まゆまゆ 木原ねこ 雀來豆 萩野聡 きつね 404notF0816 葵の助 ほしくん 冨樫由美子 たかはしみさお 笠和ささね 薄荷。 こりけケリ子 春彦家 天野うずめ家 南瑠夏 文乃 こたきひろし 雨宮 司 有華 太田宣子 衣未(みみ) えんどうけいこ 照屋沙流堂家 なかばまち子 安西大樹家 吉川みほ 荻森美帆 松木秀

冨樫由美子 こたきひろし こわくないもり家 有華 えんどうけいこ 犬飼あき 太田宣子 薄荷。 春彦家 笠和ささね 萩野聡 こりけケリ子 衣未(みみ) 工藤吉生家 ほしくん 亀山真実 吉川みほ 荻森美帆 木原ねこ なかばまち子 安西大樹家 まゆまゆ 雨宮 司 那須ジョン しま・しましま 南瑠夏 雀來豆 佐藤博之 文乃 静ジャック 葵の助 きつね 中牧正太 たかはしみさお だゆう

31 人

35 人



 2015 12 
    01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31