うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN598日 】 2015年11月19日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 598 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

またひとつ静かな昼を巻き込んで蝶は渦巻く舌を持ってる

吉川みほ

4 3+1


うつくしい花だけ食べて夢ばかりつむいで僕は弱虫でいい

太田宣子

4 3+1 星

多香子えんどうけいこ葵の助

ロマンチストだなーと思ったけれど、それもまたよからん。歌は大人になっても蝶よ花よも一つの方法だと思いました。近藤芳美はいつまでも蝶よ花よでもないだろうと言ったけど。
多香子

花束おめでとうございます。このお歌ばかりは太田さんのとは思いませんでした。若い男の子のお歌と思いました。(誰でも若い男の人だと思い込むのかしら)
多香子

多香子さん、感想をありがとうございます。
不惑を過ぎても、甘々で図々しい僕がたまーに出てきます(笑)

太田宣子


丸くした手でつかまえたコオロギが命のちから跳ねて教える

小川けいと

4 3+1 星


アリジゴク探しに行った子がなぜか土器を見つけてテレビに出てる

こりけケリ子

3 2+1

衣未(みみ)吉川みほ

こういうのありそうです!楽しいです!
衣未(みみ)

アリジゴクはウスバカゲロウの幼虫で、細かい砂地にすり鉢状の巣をつくり、そこに落ちかけた蟻などの虫を捕らえて体液を吸って生きています。古い寺の乾燥した床下などに棲んでいることが多いのですが、土器を見つけた子もそんな所を探していたのでしょう。そうしているうちに、思いがけなくも土器の発見者になってしまった。財宝や遺跡の発見の典型的なパターンで、羨ましい限りです。
雨宮 司


大変なことになるのをわかってて知らん振りする虫歯といじめ

雨宮 司楽水童子

私も親不知の虫歯を放置していてえらい目に遭いました。昼となく、夜となく、何か刺激がある度に天地をつんざく様な痛みが奥歯から脳天に走り、眠ることすらできない。抜歯の際には親不知が砕け、渾身の力で抜かれる羽目になりました。いじめも早期に手を打っておかないとこじれます。子供は狡猾ですから陰湿な手を打つ。何が発覚のきっかけになるか判りません。予防? 理想論です。
雨宮 司


目の中で死んだ羽虫の冷たさにここにも温度があることを知る

気球

3 2+1


数学の授業は一時停止する教室を飛ぶ一匹の虫

天野うずめ 家

2 2


義経に出会ったのだろう カマキリが立往生する秋の夕暮れ

春彦 家

2 2

気球雀來豆

カマキリは本当に立ち往生するのですか(知らないひと)弁慶の見立てが面白かったけど武器が少ない気がする。
多香子

多香子さん、評をありがとうございました。
立ったまま微動だにしないカマキリがいたので触って確認すると、微かに触覚が動いた気がしたので、僅かに息はあるが自らの死を待っている状態と思い詠みました。ただ翌朝、亡き骸は確認できなかったので、私の感傷をよそに、あの後元気よく飛び立ったのかも知れません。

春彦


甘さうな白菜の葉に隠れゐし小さな虫を窓辺に逃がす

藤 かづえ

2 1+1


歩道橋照らす灯りに集まったカナブン以外に小クワがいたよ

ほしくん

2 1+1

小川けいと

明け方います!マニアにはたまらないです。
衣未(みみ)

子どもが親に報告しているみたいで、素直でかわいい歌だと思いました。
小川けいと


母さんや、これは小さい虫じゃない おれがこぼしたコーヒー豆だ

塾カレー

1 1

成瀬山水

なんていうか、思わずにんまりして、寂しくなってしまう。

「老い」をコミカルに寂しく描いている歌であると思います。

成瀬山水


寒風にあるじ失くした蜘蛛の巣の喰われなかった何かがもがく

成瀬山水 家

1 0+1 星


ちり紙にくるんで棄てる 殺してとねだる女と暮らしてゐます

楽水童子

1 0+1


虫をおう牛のしっぽのしなやかさ持てないまでも虫のしぶとさ

永昌

1 0+1

牛の尻尾は、寄ってくる蠅や虻などをはたき落とすために先端にだけ毛が生えているというのですが、どこまで本当なんでしょうね。そんな尻尾に打ち落とされもせず、しぶとく生き残る虫もいるわけです。傍目には害虫に他ならないのですが、そのしぶとさに着目したのは慧眼と言う他はない。かつて雑草を見て「草魂」を座右の銘にした野球選手がいた。同様に「虫魂」とする人がいてもいい。
雨宮 司


人間がすぐに滅びてしまわぬよう虫のデザインせし世界かも

照屋沙流堂 家

1 1


住む県が違うと虫も違うんだ図鑑でふたり盛り上がったり

衣未(みみ)

1 0+1 星


紙魚しみというわけではないが先輩はにもハレにも本の虫なり

くろじたう 家

1 1


酉の市の喧噪のなか雪虫の青さにひとり手に取りて撮る

笠和ささね

1 0+1


虫メガネ光る真ん中太陽を集めるばかりまだ虫を見ず

杏野カヨ

1 0+1


あこがれに風船虫の飛ぶ宵はしらん顔して二人でお茶を

多香子 家

1 0+1 星


携帯のカメラで虫を撮るようにまだつかめないきみとの距離感

木原ねこ

1 0+1


夕焼けになな星背負ひて天道虫一番星の方へと消へた

404notF0816

1 0+1


毎日を無駄に生きてた罰だろうカシミアのコートの虫食いは

葵の助

1 0+1


季節外れの毛虫一匹ぶら下がる北風に吹かれどこまでも飛べ

雨宮 司

1 0+1 星


黄金虫より金持ちで黄金虫並に短い足の人、ラブ

雀來豆

1 0+1

どんまい!

おい虫よ 海の中なら良かったが陸にいるならお前はキモい

死んでる死刑囚 家

1 0+1

どんまい!

良い意味の言葉にいつかなりたいな 願い虚しく殺されました


昨日 2015年11月19日(木) 明日

出詠した人選歌した人



 2015 11 
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30