うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN572日 】 2015年10月24日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 572 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
   菊華堂

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

やわらかな指に玉結び教えつつ子とクッションを作る土曜日

文乃

5 4+1

楽水童子多香子まゆまゆ衣未(みみ)

昔自分が教わったように、子供にも教えて行く。土曜日なのは普段はお仕事ですか、頑張ってねお母さん。
多香子

やわらかな指という捉え方に優しさを感じます。子供の指に糸がまかれていく様は何か危うげで緊張感があるように感じるのは私だけでしょうか。クッションってゆうのも針仕事のはじめとして相応しい感じでいいとは思うんですが、下の句でお子さんの表情や手元にクローズアップしたバージョンなんかも読んでみたい気がします。
楽水童子


あなたにはあなたの適温があつて結露の窓にもたれてゐたり

太田宣子

4 3+1


髪の毛を寝ている隙に結んじゃう小人がついて二万の1K

こりけケリ子ナタカふたり

その部屋借ります!
こりけケリ子

発想が素敵です。「うわ、またやられた」なんて言いながら毎朝起きるのでしょうか。ちょっと迷惑ですがイタズラの度合いが可愛いですしお家賃も安いですし、私ここに住んでも良いですか。
ナタカ


いつまでもちょうちょ結びはゆがんでて立派な大人になれそうもない

小川けいと

4 3+1 星

松木秀香村かな静ジャック

大人でも蝶々結びがうまくできない人もいますね。立派な大人とは直接関係はないかもしれませんが、ひとつの例えとして歌にするところがうまいと思いました。
香村かな

香村かなさま、評ありがとうございます。うれしいです。
今日出来ても明日出来ない、私には不思議な技なのですw
服の装飾などがよろよろの蝶結びになっている人を見ると、握手したくなります。

小川けいと


結婚の知らせばかりを聞きながら星の綺麗な離島に暮らす

ナタカ

3 2+1 星

堂那灼風小川けいと

欠席の返事ばかり出しているのでしょうね。でもまた来る。浮世離れしつつも、何か繋ぎとめられている感じがします。
こりけケリ子

結婚の知らせばかりを聞いているので共感しました。「結婚の知らせ」「離島」と主体の年齢層と居住地がある程度わかる作りになっているのは感情移入しやすくていいと思います。「星の綺麗な」をもう一捻りしてもよかったかもしれません。
楽水童子


裏木戸によく鳴る鈴を結いつけて家出の猫の帰り待つ夕

多香子 家

3 2+1 星


何回も練習すれど靴ひもの蝶々結びはかたむいてゆく

まゆまゆ

3 2+1


やんわりと忘れな草を結び付け好きなところへおゆき、笹舟

杏野カヨ

2 1+1

千花(ちはな)

寂しさとともに自由をあげます。静かな口調からの命令がいい。
こりけケリ子


あのときのもやい結びがまだ柵にぶらさがってる 苔が生えてる

中村成志

2 1+1

杏野カヨ

もやい結びっていうのがいいですね。どの時なのか明示しないのが色々想像できて面白いです。
こりけケリ子


繰り返すことにそろそろ飽きたでしょう 結えない長さにリボンを切って

多田なの

2 1+1


結んだり開いたりする小さな手かがやくきみは何を掴むの

衣未(みみ)

2 1+1

雨宮 司

これは巧いなぁ。最後に読み手に大きな部分を委ねすぎているのが問題だけれど、後はいいんじゃないかな。出産直後はほぼ握りっぱなしだそうで、出産後少し時間が経ってからの感慨だと思われる。先天性の病気を持っていてさえ、子供には大きな可能性がある。本当に、どんな未来を掴むんだろうね。親ならずとも気になってしまう。そういう部分も含めて巧い短歌だ。
雨宮 司


結界が張られていますわたくしに触れた瞬間大怪我します

妖精化師

2 1+1


結論はすでに出ていてコーヒーに砂糖を入れる手がぎこちない

松木秀

1 0+1


日の常という糸はのび 思い出はここに小さく結んでおこう

吉川みほ

1 0+1


古の父祖が結んだのであろう縁をあつめ織られた螺旋

堂那灼風 家

1 0+1


結び目ができてしまふと配線を伸ばす手をためらへば朝焼け

楽水童子

1 0+1 星

第四句と結句の句跨りが気になる人もいようが、私はさほど抵抗なく読めた。真夜中じゅう配線を何とかよじれずに伸ばそうとしていたのか。普通は途中で作戦を変えないか? そういう矛盾を抱えた短歌ではあるのだが、延長コードがよじれてしまうこと自体はよくあることだから、たとえ嘘を抱えていても充分にあり得る話として読むことができる。
雨宮 司


昨晩の優しき湯気がいつの間に結露となりて我が眼を濡らす

空帆

1 0+1


大まかに結わえられてた栗髪もしっとり肩に寝そべっている

成瀬山水 家

1 0+1


ゆるむ紐どんなにきつく結んでも時々たしかめてくれますか

香村かな

1 0+1 星


何度でもくちづけをして結び目を濡らす祈りによく似てるから

木原ねこ

1 0+1


ちくわ団結成秘話のバージョンがまた村下に更新される

こりけケリ子

1 0+1 星

どんまい!

結末はうんと甘いかしょっぱいかラブストーリー語る場合の

雨宮 司

1 0+1 星

どんまい!

セーラーのリボンをきれいに結べた日『揺れる想い』をハミングしている

404notF0816

0 0

「揺れる想い」が思い出せないが、私の学校のセーラーのリボンは結ばなかったと思う。でも襟の後ろからちょっとだけ三角のかどを出すのが決まりだったなんて懐かしく、ハミングする気持ちもわかる。
多香子

「揺れる想い」がさわやかでシチュエーションにぴったりだと思いました。
香村かな


彗星は進むんじゃなく後ろ向きに落ちてると云う君こそ、結句

照屋沙流堂 家

0 0

彗星が落ち続けている、というのは詩的な発見だが、その場合、無重力をどう説明するか。軌道がずれれば太陽に飛びこんで消滅してしまう宿命なわけで、そういう意味では独自の公転軌道を落ち続けている。ただ、惑星も公転軌道を回っているから、「彗星は」という限定は成立しないかもしれない。惜しいのは「結句」かな。意味がとりづらく、苦しまぎれにお題を使った気がする。
雨宮 司


僕たちを結びつけてた赤い糸切れたが結びなおしていいかな

えがぷり

0 0


結論の出ない会議で踊ってる五、六本出た専務の鼻毛

宮嶋いつく

0 0

どんまい!

赤い糸確認する度細くなり 触ると解けてほどけて細かく消える

どんまい!

昨日 2015年10月24日(土) 明日

出詠した人選歌した人



 2015 10 
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31