うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN538日 】 2015年09月20日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 538 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

ゆつくりと彼方へ歩み行く叔父に人工呼吸器だけが寄り添ふ

小川けいと 家

4 3+1


(蝙蝠は世界にいつからいるのだろう)彼を逆さに愛撫したまま

ナイス害

4 3+1

雀來豆黒井真砂東風めかり

()を使う歌に、初めて魅せられました。
いつか真似てやろう^^

雀來豆

この方でないと表せないであろう
世界観。特選です

東風めかり


誰そ彼たそかれにさくらもみぢの散りぬるを椎名林檎を聴きつつながむ

404notF0816

4 3+1

雨宮 司えがぷり亜梨

この場合は「彼」の字を入れねばならないから、どうしてもこの表記になっちゃうんだよね。まあ、そこを割り引いて読むと、春も秋も黄昏時に桜や紅葉が散るのを観るのが一番、ということになるのでしょうか。曲は好みのものを持って来てもいっこうに構わないけれど、この短歌の場合、ギリギリのせつなさや優しさや怒りを表現する椎名林檎がよく合っている。
雨宮 司


彼岸へと向かう小さな舟ひとつ見たような背にこころ波立つ

キョースケ

4 3+1

多香子こりけケリ子荻森美帆

お彼岸どきなので、あの世の歌は多いのですね。作者はこちら側で見ている。あちらへ渡っていく人は誰だろう、夢の中のような光景ですね。
多香子


熱湯を注いでからの三分間 彼のA型らしさを笑う

きつね

3 2+1


その「彼」は「he」ではなくて彼氏なの? そんなブラウスいつから着てた?

太田宣子岡本真帆

下の句の、責めたいけど責めることのできない、いたたまれなさ、切なさに、どきっとしました。
太田宣子


ふるさとの彼岸花肥ゆ学校の最後のひとつの閉ぢらるると聞く

太田宣子

2 1+1 星


「私」から「僕」に「自分」に「俺」になり次はわたしを彼女と呼んだ

亜梨

2 1+1

えんどうけいこ

だんだんと親密になってゆく二人。シンプルですがほっこりする素敵な歌で、ハート即決でした。
えんどうけいこ


彼方からもれくるひかりに顔を向けスイカの種を飛ばすゆふぐれ

門脇篤史

2 2


秋彼岸黒い背を持つ鳥の背はもしやあの世の影ではないか

荻森美帆

2 1+1

堂那灼風

ちょっと怖い感じもするけれど、お彼岸にはそんなものも見えるのかも。「背」の重複を解消してほしいです。
多香子


彼の地へとやがて旅立つ自衛隊一将功成りて万骨枯る

雨宮 司

2 1+1 星


仏壇の彼方にいます父の兄東京土産をおひとつどうぞ

えがぷり

2 1+1


彼の声、金木犀と曇り空、ケセラセラって言葉とか 好き

冨樫由美子

2 1+1


彼方から迎えに来るという人がどこかで迷子になってるらしい

えんどうけいこ

2 1+1 星


猫が消え彼女が去ってなにごとも無かったことにしたい祝日

雀來豆

1 0+1 星

よく有るシチュエーションですが、あの世やこの世のお歌の中で、彼女が猫と共に消えてもあきらめるあなたに乾杯。
多香子


悲しいね悲しいね悲しいねかなかなかなと鳴く彼女のインコ

ガッキ

1 1


浴場の此方彼方こなたかなたに月光のさして今宵は露天へとさそふ

くろじたう 家

1 1


たそかれと思ううす闇窓越しにほうずき鳴らす女の横顔

多香子 家

1 0+1 星


かはたれのタイムラインに流れ着く嘆きに星をひとつ与へむ

塾カレー

1 1


の場所は暖かですか父さんの好きな日本酒飲んでいますか

衣未(みみ)

1 0+1

「彼の場所」とは、彼岸、つまり死後の世界でしょう。極楽に酒があるかどうかは知らないけれど、あるのならば好きなだけ飲んでいてほしい、というのが家族の偽らざる心情でしょう(酒乱の場合は例外として)。「暖か」がいい。寒くもなく暑くもなく、ほろ酔いを最もありがたく実感できる気温です。問いかけに終始しているのがせつないなぁ。
雨宮 司


図書館へ向かふ臓腑な坂道で直喩な彼に会はねばならぬ

新井蜜

1 0+1


約束を思い出させる花が咲き思い出すほど彼の地は遠く

堂那灼風 家

1 0+1

「彼の地」とは外国ではないだろうか、という気持ちが生じるほど、結句の「遠く」が強く印象に残る。ただ、「ほど」の捉え方で意味が二つに分かれる。「ぐらいに」の意味ならば、彼の地は一定の距離で感じていられる存在になる。しかし、「度に」の意味ならば、彼の地は思えば思うほど遠くなる存在となる。どちらかに特定する決め手がないのがもどかしい。
雨宮 司


昨日 2015年09月20日(日) 明日

出詠した人選歌した人



 2015 09 
    01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30