うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN512日 】 2015年08月25日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 512 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

多香子さん『御茶ノ水から』発行記念

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

夕立ちの香りをたんとたくわえてカエデの葉っぱは秋をたくらみ

石衣

6 5+1 星

衣未(みみ)冨樫由美子千花(ちはな)たかはしみさおだゆう

好みでは「たんと」という言葉がここにはどうなのかと思いましたが、「秋をたくらみ」に魅かれました。
多香子

多香子さんありがとうございます
石衣


台風のはこぶものたち鼻先に抹香鯨の吐息がからむ

楽水童子

5 4+1

荻森美帆太田宣子宮嶋いつく黒井真砂

台風はマッコウクジラのいるほうから来るのだ、と読みましたが、南風にのってどんな匂いが運ばれてくるのでしょう。抹香くさいのかなあ。
多香子

今日は台風が本土を通過しました。台風は南洋からやってきて、日本列島に運んでくるという発想の雄大さが好きですし、抹香鯨の吐息が含まれているのも絵的に意表を突いていていいですね。抹香鯨の吐き出す分泌物は竜涎香(アンバーグリス)ですから、それを指しているのでしょうか。
宮嶋いつく


葡萄の味や香りを思い出せずともわたしに寄り添うファンタグレープ

荻森美帆

4 3+1

葵の助楽水童子ミナコ

ファンタグレープのまわしものですか。すっかり飲んでないので忘れていましたが、確かに葡萄の香りはしなかったような。でも好きなのですね。
多香子


昨日まで戦場だった街にいてコーヒーの香に救われている

堂那灼風 家

3 2+1

多香子山未知

重い題材がどこかの戦場カメラマンのような感じで、スマートな歌に仕上がっています。普段は恋の歌が好きだけれど、今日は好きですこの歌。
多香子


グーグルで香り検索できたならすぐにあなたを捕まえられる

めれんげ

3 2+1


置き去りにされた香りに囚われて一人で沈むバスルームの夜

瀬登秋一朗 家

3 2+1 星

えんどうけいこ静ジャック

どうしても女性の側のお歌と思うけれど、残り香は男性の物か、自分の期待を込めた香水の香なのか・・・一人バスルームはさびしい。
多香子

多香子さん、初めまして。評をありがとうございます。
この歌は男の側の歌なんですよ。
別れた彼女の残していったシャンプーやコンディショナーの香りをイメージしています。

瀬登秋一朗


許可もなく部屋の中まで侵食する金木犀の強引さは好き

めれんげ松木秀

「好き」とはっきり言われてしまえば、しょうがないですね。あれは制止しても聞いてはくれませんから。お歌としては言葉が固いかもしれません。
多香子


うちがはのあをき手首よ香水の付け方なんぞ母にな訊きそ

太田宣子

2 1+1

雀來豆

雰囲気に負けてしまったけれど、なぜ母君に聞いてはいけないのだろう。ひょっとして男詠みで「私が教えてあげるから、香水もかってあげるから」というくどき歌なのかしら。あをき手首は夢二の女を思わせますね。
多香子


言葉から優しい香り沁みてくる(きみは林檎の香りがします)

衣未(みみ)

2 1+1

文屋亮

白秋の林檎の香とは違う、初々しい女性像ですね。私も詠んでは「君かえす」の歌と比べられてしまうけれど、林檎の香は魅力的な題材です。カッコが効いているともいえるし、ないとまた違った色調の歌になると思います。
多香子


ジャスミンの香がたちのぼる熱い茶をゆっくりと飲む午後のひと時

雨宮 司

2 1+1 星

永昌

今日は涼しいので熱いお茶のお歌でも平気。私はジャスミンティーは苦手なので暖かい緑茶を飲みましたが、お歌はすてき。
多香子


陽に焼けて潮の香りと帰ったらデートだったと嘘がつけるね 

わんこ山田

2 1+1 星

瀬登秋一朗

せっかくだからデートして下さい。もしかして彼氏に対してのじらし、あおりですか。
多香子

多香子さん、全首評お疲れ様でした~ ^^) _旦~~
評をいただけるってうれしいです~

あおりです、煽り(笑)

わんこ山田

お茶、ごちそうさま。
わたしのは評とも言えなくて、お粗末様でした。

多香子


実家にて家族の線香四本を灯す手抜きじゃないよばあちゃん

ほしくん

2 1+1

明伽

私が代表です。ということですか。お祖母さんは何でも嬉しいのではないかしら。
多香子


押し花は返す宛てない小説に挿した 残り香すらも忘れて

ほしくん

入りがいいなとおもったのですが、「小説に挿した」ところでちょっと違和感がありました。押し花をしてそのままではないのですね。
多香子


香菜を並べただけの朝食でこの一日を過ごそうってか、ラヴ

雀來豆

2 1+1

石衣

なんかいいな、と思ったり、うーんと思ったり。結句の持ってき方は、すき。
多香子


コンビニの香りのしないコーヒーを飲み干すような君との一夜

雨宮 司

味気ない。かわいそう。
多香子

最近はコンビニもコーヒーの品質向上に懸命なようで、値段よりはいい香りを楽しむことができることを付記しておく。それはともかく、コーヒーの生命線は香りだが、それが四散してしまったコーヒーに、「君との一夜」が例えられている。さぞや不本意だったのか、それとも味気なかったのか。ともかく、ひどい荒涼感が述べられている。
雨宮 司


どこからか金木犀の香りして 振り返ったら誰もいなくて

ミナコ

2 1+1

知己凛

あとから、あ音符つけわすれたとおもって、すみません。何気ない詠いぶりがいいですね。小さな秋・・という感じ。
多香子


芳香が花の在処をさがさせる路傍に咲いた一輪の百合

永昌

2 1+1 星

堂那灼風

百合は匂いの強い花だから、あれと思いますね。私は都心に住んでいるので、路傍の一輪の百合のイメージが湧きにくかったかも。
多香子

近所の道路脇の植え込みの間に何故か一輪だけ咲いてたんです。そういえば木蓮の木の下だった。
永昌


思い切り負かしに行ったら負けちゃった香車一枚足らずに詰まず

松木秀

2 1+1

東風めかり

お題の「香」を「香車」に持ってきたのですね。上の句もうすこし四角張った方がわたしはすきですが・・・
多香子


輪郭に触らなくてもくらやみのなかであなたを感じとれるよ

冨樫由美子

2 1+1

香りであなたを分る、というお歌が多いようですが、わたしの想像の範囲だと「煙草の香」「汗のにおい」「靴下のくささ」・・・碌な事想い付かなくて、「石鹸の匂い」「シャンプーの香」なんてきれいな事想えなくてごめんなさい。闇の中で感じ取ったら、やっぱり触っちゃいます。
多香子


懐かしい香り咄嗟に振り向いたあなたがここにいるはずないのに

知己凛

1 0+1

胸キュンものですね。ちょっと既視感のある題材かなともおもうけど、何の香りなんでしょうね。
多香子

「懐かしい香り」と言うからには、自然界ではおいそれと嗅げる香りではないのだろう。そうすると、香水か何か、それも希少価値が高いものということになる。最近は香水は女性のみがつけるものではなくなってきているけれど、ここでの相手は女性だったと思いたい。未練を残すのは、大抵の場合、男性なのです。女性は決然としたものですよ。
雨宮 司


まだ秋と思わずにいる木犀の香りが町に敷かれるを待ち

みどり

1 1

中村成志

木犀の香りが町にみちると秋ですね。それを裏返したお歌。「敷かれる」はどうでしょう。好き好きですか。
多香子


リビングにカゴ一山の夏蜜柑指を添えたら母の香りだ

成瀬山水 家

1 1

宮木水葉

「籠ひと山」と表記した方が読みやすいですね。お母さんが送ってくれたのでしょう。故郷の香りですね。
多香子


シナモンの香りいざなう街を行く、パン屋の店は角を曲がれば

多香子 家

1 0+1 星

ふー、ともかく全首評ではなくて全首コメント付けさせていただきました。息も絶え絶え、確認できなかったので色々間違いもあるし、失礼もあると思いますがお許しください。
多香子


左上手を取るように腰に手を回す男は椿の香り

宮嶋いつく

1 0+1 星

句またがりというか、それがあまり聞いていないような気もします。「椿の香り」はびんつけ油の香でしょうか。
多香子


汚れから何年も目を逸らしてたそろそろ芳香剤も効かない

葵の助

1 0+1

トイレか車か。汚れが目立つのならトイレの可能性が大きいでしょうね。おそらくは掃除を全くしないまま放置していたのでしょう。それでも人目は気になるようで、消臭のために芳香剤を置いていたと思われる。恐ろしいことに、それすら効かなくなっているというのだから、汚れのひどさは目に余るものがありそうだ。さあ、大掃除にかかろう。それより他にはない。
雨宮 司

なんかこわい。私の姪の部屋を思い出します。
多香子


夏の朝露帯びて咲く蓮の花の荷葉の女と呼ばれたし我は

文屋亮

1 0+1

どんまい!

ほっそりとして、華やかな花を受ける大きな蓮の葉、それとも蓮の香りのするようなたおやかな女性にあこがれているのですか。世間に呼ばれたいのか、いや貴方に呼ばれたいのでしょう。
多香子


あなたとの簡易テントを張るためと香水瓶を窓から放す

水沼朔太郎

0 0

このお歌が一番難解でした。香水瓶を窓から落とすのではなくて、放すと言うのが何故なのか、テントを張るためにということなのか、読みきれませんでした。
多香子


細胞を震わす香り漂わす君を抱きしめたき夏の夜

天野うずめ 家

0 0

きっと官能的な香りの美女なのでしょう。「抱きしめたい」けど実行できたのでしょうか。
多香子


昨日 2015年08月25日(火) 明日

出詠した人選歌した人

楽水童子 永昌 文屋亮 水沼朔太郎 石衣 瀬登秋一朗家 葵の助 堂那灼風家 ミナコ 多香子家 雨宮 司 わんこ山田 ほしくん たかはしみさお 宮嶋いつく 荻森美帆 めれんげ えんどうけいこ 天野うずめ家 太田宣子 知己凛 雀來豆 みどり 千花(ちはな) 成瀬山水家 冨樫由美子 衣未(みみ) 松木秀

衣未(みみ) めれんげ 多香子家 東風めかり 葵の助 荻森美帆 えんどうけいこ 太田宣子 楽水童子 松木秀 ほしくん 瀬登秋一朗家 雨宮 司 知己凛 冨樫由美子 中村成志 堂那灼風家 静ジャック 明伽 文屋亮 永昌 わんこ山田 雀來豆 ミナコ 千花(ちはな) たかはしみさお 宮木水葉 宮嶋いつく 石衣 山未知 黒井真砂 だゆう

28 人

34 人



 2015 08 
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31