うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN416日 】 2015年05月21日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 416 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
 田中しらす

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

快晴の早苗田は青い水かがみ鉄塔揺らし渡るそよ風

藤 かづえ

7 6+1


窓辺とは風が優しくなるところ恋猫のひげ微かに揺れる

涼風あき津

4 3+1

七海奏一郎中村成志梁川 梨里

上の句がとてもいいのでハート迷ったのですが、恋猫ってじっとしてない、啼きまわる猫ではと思ってしまって・・・
多香子


放課後のきみ無重力ハイジャンプ束ねた髪をぽんと揺らして

ヒヨワくん

4 3+1


さっきから同じページを読んでいるわたし 新幹線は揺れない

椋鳥

3 3

ニキタ・フユ佐藤博之ヒヨワくん

たくさんの「揺れ」の歌のなかで揺れない歌ですけれど、暗にこころが揺れて本が読めていないことわ上手く伝えていると思います。理由を色々想像させてくれる素敵な歌だと感じました。
ニキタ・フユ


揺れている影のかたちに本体を合わせています一致するまで

杏野カヨ

3 2+1

木原ねこ

その本体が何なのかわかりませんが、なんとなく惹かれました。人でも物でも、しっかりと注視して、本質まできちんと見たいと思わせるという事があるなって思いました。
しま・しましま


星雲が揺らめゐてゐるやうだらう夜に咥える煙草の灯り

404notF0816

3 2+1 星

ゆらきむろみ

旧かなを間違えましたね。
「咥える」は「咥へる」ですね。

404notF0816


陽炎が溶かした黒いアスファルト記憶の靴の底を汚して

梁川梨里

3 2+1


会うこともないのに「またね」と溢れ出る声に重なる風鈴の音

ニキタ・フユ

3 2+1 星


おっぱいが揺れることなど気にかけず女子たちみんな明日へ駆けゆく

篠田くらげ 家

3 2+1


少女らの吹く金管のきらめきがステージに揺れる市の音楽会

文乃

3 2+1 星

多香子雀來豆

文乃さんハートありがとうございました。私もこのお歌につけられてよかったです。オーケストラの音というよりは伸びやかな音楽が流れていますね。文乃さんのお歌とは分かりませんでした。汗。
多香子

皆様、ありがとうございました。多香子様、評もつけていただきありがとうございます。昨年の市内の中学校の合同音楽会での、各校の吹奏楽部の演奏を歌にしました。小規模校が多くて、どこも十人から十数人程度のブラスバンドでしたが、練習の成果を存分に発揮して演奏する子どもたち(圧倒的に女の子が多い)が素敵でした。演奏の雰囲気が伝わっていれば嬉しいです。
文乃


午前二時にブランコひとつ揺らしたら世界がもっと静かになった

沖川泰平

3 2+1 星

野崎アン宮木水葉

夜ただ静かなだけよりも、小さな音、例えばブランコがキイと鳴るような音がしたほうが、静けさが際立ちますよね。情景が浮かんでいいなと思いました。
野崎アン

野崎アンさん評をありがとうございます。
まさしく意図するところを読んでいただきまして、
嬉しいです。

沖川泰平


吊り革が今朝もカーブでふらついてこっちが不安だ捕まえておく

ナタカ

2 1+1

気球

評になっていなくてすみません!でも、とても共感しておもしろかったです。
明日、捕まえておきます。

もも


ひとりでは小さな揺れも怖いからハンガーたちに名前をつけて

荻森美帆

2 1+1


愛のある言葉に揺れぬならば君 少し瞼をとじてください

2 1+1


かすみゆく祖母の記憶のひとひにはぺんぺん草の揺れ続けており

希和子

2 1+1

篠田くらげ

うーん、ぺんぺん草はかわいそうではないだろうか。
多香子


志位氏からポツダム問われど知らざりし安倍首相の声は揺れたり

犬不飼ねこも

2 1+1


つかまれた指あたたかい ゆりかごの中から溢れ出るほどの希望

野崎アン

2 1+1 星

しま・しましま

ゆりかごの中のあかちゃんそのものが登場しないで、指と希望の光だけがその存在感の強さを出しているっていいなと思いました。上の句の「つかまれた指あたたかい」という詠み出し方に引き込まれる感じでした。
しま・しましま


ほろ酔いは街の灯りが星のごと揺れてゆられて家へかえろう

多香子 家

2 1+1 星


揺れながらブランコが見る公園を出てゆく子供ついてゆく影

雀來豆

2 1+1


動揺を隠しきれない早口に吹き出しちゃったわたしの負けね

気球

2 1+1


空曇りクレッシェンドの風が吹く木々のざわめき心揺るがす

太田青磁 家

2 1+1


ひとびとの笑顔たしかめ夕虹は揺れることなく消えてそのまま

春野あくび

2 1+1


懐に抱く珠ありあどけなき顔に和みつ吾が腕揺する

宮嶋いつく

2 1+1

もも

赤ん坊をあやすためにはじっとしていてはいけない。
心地よい振動を与えることが時に苦痛になることもあるけれど、全てを預けてくれている顔にはかないませんね。少し前のことなのに忘れていた気持ちを思い出しました。やさしいやさしい歌ですね。

もも


上に下 右に左に揺れゆられ 今は凪かと 宿りし命

えん太夫

2 1+1


ブランコにふたり乗りして地球とか全部逆さにしてしまおうよ

りりー

1 0+1


誰にでも 大丈夫?って云う人の言葉に揺れてのぼっておちて

神谷冴乱 家

1 0+1


たった今ハイスピードの直球がハートを守るネットを揺らした

もも

1 0+1 星


12時に魔法が解けて終電は大人たちの揺りかごに戻る

 家

1 0+1


カナリアと木ねずみの夢いまもまだ見るのだろうか車で寝る子

木原ねこ

1 0+1

歌の流れから行くと、車で寝る子はもう大きい、あるいは大人ではないかと思われるので、そこはもっとはっきり時間差を詠んだ方がいいのではと思いました。
多香子


ゆるぎない心だなんてこの世にはなかったんだろ春 そして春

ゆら

1 0+1


目の前の景色が揺らぐ 告白が突然すぎて幸せすぎて


ゆりかごで微睡むようにゆだねれば海は太古の夢をみさせる

七海奏一郎

1 0+1


ゆらゆらとするはたましい セックスのあと小用に立つキミの其れ

きむろみ 家

1 0+1


電灯の笠をとっさに振りかえり揺れているのは俺か、と指に

中村成志

1 0+1


スーザフオン。樂器が奏者となり代はり應援曲に頭を揺らす

佐藤博之

1 0+1


カーテンをわずかに揺らしその奥の我のうなじに風届くまで

きい

1 0+1


眠れないひとに誰かがゆりかごの唄口ずさむ世界がほしい

文月郁葉

1 0+1


人類は他者を知らない幼子で巣立つ時まで巡る揺籃

堂那灼風 家

1 0+1


さざ波のきらめき揺れる「またね」「またね」パンプス脱ぎ捨て水平線へ

小川弥生 家

1 1


朝東風にひらく桜にあそびきてメジロが揺らす花ブランコ

chari

0 0


恋愛のできない僕が生きたなら空気ばかりを揺らしてしまう

天野うずめ

0 0


昨日 2015年05月21日(木) 明日

出詠した人選歌した人

きい 沖川泰平 404notF0816 藤 かづえ 七海奏一郎 家 篠田くらげ家 もも 希和子 文月郁葉 えん太夫 犬不飼ねこも 木原ねこ 杏野カヨ 野崎アン 多香子家 椋鳥 りりー ナタカ 春野あくび ゆら 宮嶋いつく ヒヨワくん えんどうけいこ 天野うずめ きむろみ家 気球 涼風あき津 太田青磁家 梁川梨里 chari 荻森美帆 神谷冴乱家 堂那灼風家 小川弥生家 佐藤博之 中村成志 雀來豆 文乃 ニキタ・フユ

文月郁葉 野崎アン 多香子家 ニキタ・フユ 太田青磁家 涼風あき津 木原ねこ 気球 荻森美帆 雀來豆 えんどうけいこ ゆら 家 篠田くらげ家 小向大也 七海奏一郎 橋師 犬不飼ねこも 春野あくび えん太夫 きい 中村成志 西村湯呑 ナタカ 佐藤博之 404notF0816 沖川泰平 きむろみ もも 文乃 しま・しましま 神谷冴乱家 りりー 杏野カヨ 堂那灼風家 沙弥惨状 梁川 梨里 宮嶋いつく 宮木水葉 ヒヨワくん 藤 かづえ 希和子

41 人

43 人



 2015 05 
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31