うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1257日 】 2017年09月08日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1257 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
 なかばまち子

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『 未練 』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

未練ではないですこれは練乳です きみのこととか想ってないです

平井港人

4 3+1


未練にはちくわが似合う吸えもせぬ煙草をまねてふかしては噛む

小川けいと

4 3+1

たかだ牛道宮本背水ヱイ

このとぼけた感じがいいですね。それでいて題となる未練という言葉が底のところへ隠しきれぬ悲哀を含ませていてうまいなー、と思います。
宮本背水


未練など持ったことすら忘れてたすれ違いざま香りかぐまで

有希子

4 3+1 星

電子体温計なつお小夜子

未練と香りは相性が良いですね。それだけに「すれ違いざまの香りで未練を思い出す」というモチーフは王道で、もうひとひねり引っかかりが欲しかったです。
泳二


君の好きだった香りを身につけて駅のホームで風上に立つ

加治小雨

4 3+1

葵の助漬け物泳二

一番未練がましかった歌を採りました。なんて未練がましいんだ。あの頃「君」が好きだったのは香りじゃないってわからないのか。身につけて欲しかったのは香りなんかじゃなかったんだ。ああ未練がましい。
泳二


アンケート葉書に好きでしたって書くもう返せない君の漫画の

多田なの

3 2+1


飲み会の皿に誰かが置いてった未練のような枝豆ひとつ

わらび

3 2+1

月丘ナイル鳥尾鮭介

飲み会が終わって、席を立とうとしていたら、皿のひとつにふと目が留まる。食べ終えたと思っていた枝豆がひと莢だけ残されているのだ。みんな食べ終わるのなら話は分かるのだが、ひと莢だけ食べないのは理解しかねる。それが、未練を表現する意志が形を持った様に見えてくる。飲み会では食べ残しが出るのが通例であるにせよ、である。どうもややこしい話だね。
雨宮 司

飲み会終わりの皿にひとつだけ残った枝豆。絵が浮かびます。しかしそれが「未練のような」は私はあまりピンときませんでした。
泳二


君とよく見ていた深夜番組の灯りがずっと僕を照らして

深海 恵

3 3

拝田啓佑有希子小川けいと

音を消して見るともなくTVを眺めている様子を想像しました。考えているのは君のこと。未練というテーマがにじみ出てくるような情景だなと思いました。
有希子


あのときにその気になればやれたはずピスタチオの殻やけに堅いな

なつお

3 2+1

京一璃子

ピスタチオの殻、堅いのはほんとに堅くてとても割れない。諦めて残してしまいます。そんな時に「あのとき」のことを思い出してしまう。なぜもうすこしその気になってやらなかったのか。堅いピスタチオをいつまでも触りながら。「あのとき」「やれたはず」と具体を書かなかったところが成功していると思います。
泳二

「ピスタチオの殻やけに堅いな」に惹かれました。やれなかったから良かったこともきっとあったはず…ですよね。
璃子


また僕を思い出してはくれないか 「みれん」は君の名前に似ている

璃子

3 2+1 星

多田なの静ジャック

上の句は直球の未練になっていて、下の句で変化球のように「みれん」が登場して、かっこいい歌だなと思います。かれんちゃんかな?みれいちゃんかな?なんて思わされるところも楽しいです。
静ジャック


綿菓子を買えば良かったお囃子もお化けの声ももう聞こえない

泳二 家

2 1+1 星


未練ならありませんから弁当の仕切りの板をきゅっと寄せてる

金子りさ

2 1+1

ナタカ

弁当箱を余裕なく詰め込もうとする主体の仕草とが、まさしく未練がない人の在り方そのもので非常に見事な切り取り方だと思いました。個人的には「仕切りの板」という少し回りくどい言い回しが歌意に沿わず、ここもきゅっと縮めて「間仕切り」や「仕切り板」としたほうがお歌全体が引き締まるのではと考えます。主体の生き方まで見えてくるお歌でとても素敵です。
五條ひくいち


起きてたの?ねえSeptemberわたしまだ忘れられない人がいるんだ

きつね

2 2

ふじ加治小雨

Septemberに憂鬱という意味があるとどこかで聞いたことがある気がします。未練にぴったりの季節ですね。
ふじ

ストレートな未練を楽曲の歌詞のような修辞で詠んだ一首。好みはわかれそうですがこの韻律の良さは捨てられない。自分には詠めない魅力的な歌だと思います。
泳二

めちゃいい歌‥ まずSeptemberはDo you remember のあの歌だと思ったけどそれでいきます ふつうに暦の9月のことを言ってるのかもしれませんけどね
毎年みんなしてるかもしれないけどなんか9月1日を迎えた途端「夏、じゃあね」みたいな写真つきのツイートしてる人多くありません? 夕暮れの空とか貼ってて「どこ」てなったりするんだけど その感覚でいけばSeptemberていうのも夏の終わりであって陽気な恋の季節の終わりでもある 恋人たちが肌重ねあう冬でもないわけだしここについてはひとつ段落がついているかんじしますよね そのSeptemberにむけて忘れられない人のことを言うのめちゃくちゃダサい けどダサさでもあり詩でもあるんだよね~ いやなんならSeptemberて英語使ってるのもダサいですけど(なので英語については固有名詞なのかなとも思うんですけど)
夏は結局なにもないまま終わっちゃっていま夏を思い返そうとすると昔の人のことを思い出しちゃうよ、というその気持ちを素直に寄せてますよね Septemberも愛の歌だしあのポップなかんじはこの歌の軽さとも共鳴するようです そう、こうやってなにか歌とか曲とか詠みこむと歌とは別の世界を歌の中に取り込むことができるからおもしろいと思います しかもその方法が呼びかけて天才か
で呼びかけといえばこの歌もSeptemberへの呼びかけで始まっててそれもかなりいいですよね‥起きてたの? てね、この言い方だとなんか家族とかペットに言ってるみたいでSeptemberとの距離というか親しみが出てます 親しみだけぢゃなく「起きてたの」という言葉からいつの間にかSeptemberだったという主体からの印象も導かれていてニュアンス出すの上手いなあというかんじです‥天才ですね

白黒つけたいカフェオーレ


ふたの裏たっぷりついたクリームに見とれる僕を君が見つめる

静ジャック

2 1+1 星


噛んで言い含めるように唇づけたあとに「じゃあね」を重ねるなんて

chari

2 2

平井港人森雅彦

未練を持っているのは主体かと思いますが、相手は何を噛んで言い含めるように唇づけたのでしょう。別れであれば唇づけはよくわからないですね(作者じゃなくて作中の相手に言ってます)。
泳二


未練とかそんなんじゃないこんなにも割り箸袋を綺麗に折るのは


未練だと思っていたら鳥でして羽を返せば飛ぶのでしょうね

水没

2 1+1 星

斎藤秀雄

「未練」という抽象語が唐突に「鳥」という具体的なものに変換して、いよいよ爽やかな方向(未練の反対側)へ飛んでゆくのかと思いきや、「羽を返せば飛ぶ」ということは羽のない鳥?!というか奪われている?!飛べない!…ということは、やはり、未練に似た鳥、に似た、未練、なんじゃないかなあ~…ということを思いました。
斎藤秀雄

あ、「羽を返せば」は裏返せばではなく、返却の方ですね。羽を奪われているからいつまでも飛び立てずにいる心。それが未練だと。
「鳥でして」がやや引っかかりました。「でした」ではないところが。

泳二

評をありがとうございます。未練を鳥にして、初めは飛ばせようかと思ったのですが、それだと未練じゃなくなってしまうので、羽を取って飛ばさないことにしました。
「でして」は、区切れなしにしてだらだらとした感じを出したかったのでこの形にしたのですが、やっぱり変ですか(苦笑)。推敲が足りませんでしたね。

水没


未練より自己憐憫に酔いしれて写真は本に挟んだままで

ゆサト

2 1+1


夢で食べたHÄAGEN-DAZS HOKKAIDOラムレーズンにふくらむ未練


生きているだけで未練が減っていくたらみのゼリーうっとり甘い

ナタカ

2 1+1

水没

たらみのゼリー。具体の選択が抜群でした。未練なんてそんなもんなんでしょうね。私は「うっとり」から、実際には未練が減っていないのだと感じました。
泳二

たらみて短歌になるとみんなこういう使い方してない? わかるけど!
白黒つけたいカフェオーレ


未練などもうないものと思ってた けれどコロンは変えられぬまま

小夜子

2 1+1


そろそろと始発が走り出す頃かそろそろ僕を忘れる頃か

梶原一人

1 0+1 おとの日


後を引くおもい荷物は貰うから君は身軽に旅立ってゆけ

涸れ井戸

1 0+1 星

「おもい」を掛詞にして未練を表しました。しかし私はそこよりも下句が気に入りました。未練を引き受けて「君」を旅立たせる主体。実際の旅立ちともとれますが、精神的な成長の場面とも感じられました。
泳二


捨てられぬ紙袋入れの紙袋 「いつか使う」は多分使わない

tow 家

1 1 通算50首詠

五條ひくいち

とても共感を覚えました。
涸れ井戸

「もったいない」と「未練」はちょっと違うような気が。紙袋への未練。あってるか。
泳二

「未練」を具体的な「物」でピンポイントに詠んでいる点や韻を踏んでいる点が良いと感じました。個人的には視覚的には「多分」はひらいて「たぶん」とした方が漢字と仮名のバランスが良くなるように思います。ついつい「いつか使う」を貯め込みそうになったらこのお歌を思い出すようにします。
五條ひくいち


こんにちは、僕コーンです捨てられた缶の中からお便りします

ハナゾウ

1 1

わらび

コーンが出てこない歌がもう一首。コーン目線は斬新ですが。
泳二


(ここになまたまご落とせばあのひとのカレーになります)鈴虫が鳴く

宮本背水

1 0+1 星


後悔にしたくはなくて君と観たカシオペア座を背負って走った

漬け物

1 0+1 星

映画のワンシーンのよう。「君の名は。」を思い出しました。未練というお題で、ぎりぎりまだ未練にならないで済むかもしれないシチュエーションを詠んだところが良かった。
泳二

選評ありがとうございます。映画のワンシーンという感想をいただいてとても光栄です!
漬け物


疲れたよ連続出詠でもせめてあと一回薔薇見てからにしたい

棚笠

1 0+1 星

なるほど。短歌としてどうかはさて置き(←置くな)、連続出詠にこだわることと薔薇を見ることはあまり繋がらないような気が。
泳二

♪、選評、ありがとうございました。
棚笠


サフランの花陽あたりのよい場所で風の未練を探しているよ

斎藤秀雄

1 0+1 星

こういう歌を読むたびに思うんですが、もう少し植物のこと知っていればなあ。きっとサフランの花のイメージが浮かんでもっと味わえるんだろうなあ。と思いながらググります。…って黄色くないんだ!紫の花なんだ!へー!
というわけで、さっきまで風に揺れていたサフランの花が、風が止んだあとも首をかしげながら風の気配をさがしているような、「風の未練を探す」という表現がうまくはまっていると思います。

泳二

泳二さん選評ありがとうございました★ぼくも実は、歳時記をよんで「どんな花だろう」とググって、黄色じゃないんだ!と驚きました(笑)。
斎藤秀雄


またいつか二人しずかに行きましょう桜で埋まる青空の下を

拝田啓佑

1 0+1


未練とふ未練なくして死にきれぬ幽霊未満のわれ午睡ひるねする

五條ひくいち

1 0+1 星


くり返し振ってもコーンが出てこないきみのLINEは帰ってこない

月丘ナイル

1 0+1

コーンが出てこない歌はちょっとありきたりに感じてしまいます。
泳二


もう少しだけ これで最後という点をつなげてできた長い線

こいのぼり

1 1

涸れ井戸

未練をうまく喩えていると思いますが、この破調は成功しているとは思えませんでした。
泳二


今月の推薦曲のごと脳がやたら陽気に流す あなたの

鳥尾鮭介

1 0+1


あまやかな未練があって困るので海に行こうと思っています

ヱイ

1 0+1 星

共感できるような、できないような。好みの問題かもしれないですが、私は「あまやかな」や下句が汎用性が高すぎて(「未練」が色んな言葉に代替可能に見えて)採れませんでした。
泳二

♪、評、ありがとうございます!
泳二さま 評をありがとうございます。あまやかは未練にも甘いものもあるだろうと思って使いましたが、下の句については確かにコメントの通りたと思います。コメントくださった点、これから詠む際に気をつけたいと思います。貴重な評をありがとうございました。嬉しいです!

ヱイ


レシートも時計の文字も褪せたのにきみへの思いだけが消えない

ORANGE MOON

1 0+1 星

未練を表す道具としてレシートってよく使われますね。捨てられないものの代表みたいな。その点がありきたりに感じられて残念でした。時計の文字が褪せるというのはうまく読めませんでした。
泳二

コメントありがとうございます。時計の文字は別の語にした方がよかったですね。
ORANGE MOON


ミランにて味醂の瓶を見るんです未練がましい身、論じながら

木タロー 家

1 0+1

意味は無さそうだけど好きな言葉遊びです。
ふじ


梅干しの棘は痛いよ口のなか刺さらぬように もうひとしゃぶり

たかだ牛道

1 0+1

梅干しの棘とは何でしょうか。あの種の端っこの尖った部分?この歌は共感する人はするのでしょう。私はピンときませんでした。
泳二


酒すすみ過去の栄光巨大化し父の未練はアリ塚のごと

はるか

1 0+1

人間は、特に男は、どうして自身の過去を眩しそうに語るのでしょうね。しかも酒を飲みながら。私は未来を語りたい。たとえ実現しなくても駄法螺で済む。金が絡むのは嫌だけれどね。まあ、それはそれ。「過去の栄光」は未練に他なりませんが、「アリ塚」に擬せられるほど巨大化するんですね。女性はどうか知りませんが、男の栄光はせつない。
雨宮 司


友達に戻ろうなんて言ったから今日もあなたにいいねを付ける


見上げれば雲ひとつない秋空のような悔いなき恋などしない

西村湯呑

0 0


後ろ髪引かれてなんていないから 1人呟くショートカット

みちる

0 0

未練を断ち切るために髪を切ったのでしょうか。下句の字足らずは、私は効果的ではないと思いました。
泳二


未練などとうの昔に捨てたからあなたが写る写真捨てれず

龍也 家

0 0


お別れを言いだす前の最後の夜出てくる汁は未練汁かな?


後ろ髪引かれる思い溢したる老僧もまた道半ばの人

最寄ゑ≠

0 0


昨日 2017年09月08日(金) 明日

出詠した人選歌した人

棚笠 かんぬきたくみ 五條ひくいち 多田なの chari 涸れ井戸 ゆサト tow家 静ジャック きつね 龍也家 璃子 あおきぼたん 有希子 月丘ナイル ハナゾウ 最寄ゑ≠ 西村湯呑 みちる 小夜子 加治小雨 こいのぼり ナタカ 木タロー家 社会適合者 ヱイ 斎藤秀雄 深海 恵 はるか 宮本背水 たかだ牛道 拝田啓佑 梶原一人 わらび 小川けいと 金子りさ 漬け物 水没 鳥尾鮭介 平井港人 街田青々 ORANGE MOON 泳二家 なつお

月丘ナイル たかだ牛道 葵の助 木タロー家 ORANGE MOON いぬ 苔井 茅 棚笠 ふじ 拝田啓佑 京一 水没 梶原一人 はるか 加治小雨 鳥尾鮭介 涸れ井戸 電子体温計 街田青々 漬け物 有希子 平井港人 宮本背水 わらび 金子りさ 斎藤秀雄 泳二家 ヱイ かんぬきたくみ ゆサト なつお 森雅彦 ナタカ 多田なの 小川けいと 静ジャック 小夜子 璃子 五條ひくいち

44 人

39 人



 2017 09 
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30