うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1254日 】 2017年09月05日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1254 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
 シュンイチ yosioo

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『 マニキュア 』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

瓶の底で乾いてしまったマニキュアと君に話せぬことのいくつか

月丘ナイル

8 7+1

金子りさ泉たき藤 かづえ西村曜桔梗苔井 茅京一

マニキュアは瓶に入っている。ということも男には分かりにくいことです。
久保 直輝


今日こそは残酷になる透明なマニキュア付けて武装してるし

深原滄

4 3+1

石勇斎山口正剛こいのぼり

マニキュア=武装という発想は女性には一般的なのでしょうかね。化粧も。
久保 直輝


泣きたい日マニキュアは桜色にする爪の先だけわたしを愛せる

藤 かづえ

3 2+1


足だしてマニキュア付けてる君の顔 何処か他人の女性のようで

hanako 家

3 2+1

中牧正太でゅらんた

淡淡と詠っているのに、情景が目に浮かびます。4句5句がとてもいい。桃井かおりの映画のワンシーンを見ているような気がします。
でゅらんた


マニキュアをふざけて塗ったあの日から僕に潜んだ異性が芽生え

コタロー 家

3 2+1

もーたろはるか

そういうのってあるんだろうなと思います。化粧というのは変身するというこだとすると、そこに気づかなかった自分を発見することもあり得る。これは異空間を体験するようなものかもしれませんね。
もーたろ


会ひたさは次第しだいに奪はれて今夜も塗り替へてゐるネイル

WPP

3 2+1 星


マニキュアの声を小声を聞きたまへ抱くべきものをさあ抱きたまへ

中牧正太

3 2+1


利き手なら綺麗に塗れる 反対は君の利き手に塗ってもらって

石勇斎 家

2 1+1

木蓮

利き手じゃない方に塗るのって大変ですよねー!非リアには辛い現実ですね…
七瀬蓮

利き手じゃない方に塗るのって大変ですよねー!非リアには辛い現実ですね…
七瀬蓮

塗ったことがないので、利き手にどうやって塗るというのは思いつくことさえできませんでした。
久保 直輝


さめざめと降る雨のなか立ちつくすネイルの青がわたしを責める

小泉夜雨

2 1+1


ひとゆびづつ剥がしてゐたるみづいろの揮発してゆくこころを思ふ

桔梗

2 1+1


マニキュアを一瓶使いきれたなら触れていい気がしてるその手に

西村曜

2 1+1 星

七瀬蓮

条件を提示するところがいいですね。
久保 直輝


あのひとには幼すぎたと覚る夜青いマニキュアぽろぽろ落ちた

最寄ゑ≠

2 2


流星のようにグラスに添うネイル さっきお尻を掻いてた爪が

もーたろ

2 1+1 星

今井宗孝

爪の聖俗というか清濁というか。そこにある爪が同じものという存在感。
久保 直輝


母を真似、小2の娘はマニキュアに染めた両手をうっとり眺める

はるか

2 1+1


最期まで美しかった祖母の手に祖父が施す赤いマニキュア

璃子

1 1

コタロー

こちらに詠草を出していたら間違いなくハートを入れていました。夫婦に限らず、家族に死別はつきものですが、この短歌に詠まれた情景は、間違いなく夫婦でないと成り立たないものです。出棺までの僅かな時間しかないのかもしれませんが、その間も美しく飾っておきたい。たとえ滅多に見えないところでも美しく見せたいというのは、長らく共にいた者の願いです。なかなかできませんよ。
雨宮 司


透明のマニキュアを塗るあなたには気づいて欲しい濡れた指先

 家

1 1

CIPHER

透明のマニキュアを「濡れた」と表現するのがいい。
久保 直輝


左足 薬指だけ金色に 靴下の中隠した恋慕

みちる

1 1


マニキュアもペディキュアも気合入れたのに下着を上下揃え忘れて

CIPHER

1 0+1

すごくしっくりきます。
マニュキュアとペディキュアと、下着を揃えるは、必須ではないおしゃれなんですよね。
余裕がある時か、格上げしたい時、のお洒落というか。

未音

こういう感覚好きです。こういうこともあるのかという。
久保 直輝


髪を切りヘアマニキュアはスカイブルーたまに失恋するのもいいね

遅井リズム

1 1 葉 はじめて


ソムリエは教えてくれず君に咲くワインレッドのネイルの味を

山口正剛

1 0+1


自分へのほんの少しのご褒美にマニキュアを塗る今日はハレルヤ

木蓮

1 0+1

マニキュアは自分への鼓舞という意味もあるんですね。
久保 直輝


姉ちゃんにネイルをされて明日嫁ぐ末の娘の髪 艶ややけし

でゅらんた

1 0+1 星

素敵な情景です。
WPP


武器であり防具だ赤いマニキュアを塗るその上にトップコートを

高村七子 家

1 0+1

マニキュアは防具。しかも武器。攻守一体なのですね。
久保 直輝


左手の薬指に塗るマニキュアの君の思ってはみ出した赤

きつね

1 0+1 星

わー、「君を思って」でしたー!わー!
きつね


いつか子を産みたいと言うマニキュアを落とした指も恥ずかしいのに

金子りさ

1 0+1


ありえない色にしたくて水色と黒の交互に爪を塗る夜

祐鈴

1 0+1


マニキュアを親の真似して塗りたくり乾くの待たずにご機嫌斜めに

七瀬蓮

1 0+1 星

どんまい!

欠けた赤 金のエナメル取り出だし 塗料と爪の厚みを埋める

未音

1 0+1 星

どんまい!

「それなあに?」 「マニキュア」 「プリキュアみたいなの?」 「強いよ 爪を守ってくれるの」

久保 直輝 家

0 0


マニキュアを舐めて剥がした僕はただあなたの指に触れてたかった

社会適合者

0 0


マニキュアを落として夜は深くなり仕事が脳をひたひた満たす

仙冬可

0 0

作中主体がどんな仕事をしているかは知りませんが、どうやらマニキュアを必要としない職業であるようです。仕事がなかなか上手く進まないのでしょうか。深夜まで仕事のことを考えないといけない状況にあって、マニキュアをしたままだと雑念が入ると思ったのでしょうか。それとも、化粧を落とすのが日頃の習慣なんでしょうか。どうも判断に迷います。
雨宮 司


吾の部屋に置き残されしマニキュアは銀のラメ入りしか。 塗ってみる

いわこし

0 0

「吾」は男性として読んだのですが、おもしろいお歌だと思います。結句の「塗ってみる」のやけにあっさりしたところとか、絶妙ですね。
西村曜


昨日 2017年09月05日(火) 明日

出詠した人選歌した人



 2017 09 
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30