うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1228日 】 2017年08月10日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1228 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
 堂那灼風

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『 自由詠 』

  •  毎月10日は自由詠の日です。
  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

植物は遠視なのです花を摘む人など見ずに宇宙を視てる

chari

6 6


きっと七日目なのだろうあいつだけ特別でかい声で鳴いてる

井川はる

5 4+1

京一塩麹キールもーたろ

初句から二句の句またがりが気になって声に出して読みにくいなとは思ったのですが、蝉の命の儚さと最後に力を振り絞って鳴く描写が印象に残りました。
ミオナマジコ

こういう感性って凄くステキだと思います。
もーたろ


ぬるい光昨日私に触れた手が赤いチョークで逆接と書く

高村七子抹茶金魚コタロー

ぬるい光から際どい展開をして面白かったです。最後まで読むと、最初のぬるいが効いてきますね。
抹茶金魚

教師との恋愛は危ういなぁ
もーたろ


打ち水の乾く速度で忘れたい君が「行かない」と言ったことなど

もーたろ

4 3+1 星

めぐまる小泉かこ寿々多実果

<打ち水の乾く速度>がとても好きです。「行かない」の具体がわからないのが不満
雅夢士


渾身の力で吐いた毒だからまっすぐ届いてしまえと思う

ぽつり

4 3+1

幸香ものかげミオナマジコ

毒を吐く時って、きちんと自分の発言に責任を持つ覚悟がないといけないと思うのですが、このお歌からはその覚悟が伝わってきました。
ミオナマジコ


運命を握りしめたる白球の放物線に揺れる九回

キール

3 2+1

藤 哲也守宮やもり

野球に詳しくない私でも野球のいちばんの見せ場であることがわかるお歌です。下の句が生き生きしてますね。
ミオナマジコ


電車から降りたホームに君がいて今日の蟹座はとてもラッキー

ミオナマジコ

3 2+1 星

可奈美あいさわうた

私的な「ラッキー」を蟹座みんなのラッキーに変換してしまう心がパワフルかつ超ポジティブですてき。わたしも蟹座なので嬉しくなりました。
あいさわうた


愛してる物と人とが多すぎて抱き締めるには腕が足りない

衣未(みみ)

3 2+1

棚笠雅夢士

この歌を読んですぐ思い出したのが、河野佑子の最後の歌でした。
♪手をのべてあなたとあなたに触れたきに息が足りないこの世の息が♪折角河野佑子がでてきたのでもう一首読んでください。
♪あなたらの気持ちがこんなにわかるのに言ひ残す事の何ぞ少なき♪
佑子さんの最後の歌ですが、また開陳と言われそうですが知っていたらお許しください

雅夢士

とても共感しました。愛している物、人に恵まれているのは幸せなことですね。腕が足りない分、何度も抱き締めましょう。
ミオナマジコ


夏季休暇1日充てた絵日記にパパ描かれずカブト虫、ドーン!

幸香

2 1+1

知己凛

パパ、お疲れ様です。かぶと虫を一緒に見つけてくれたこと、きっとお子さんの記憶の中にずっと残っていくはずです。1日は縦書きにした時に漢数字の方が美しいと思います。
ミオナマジコ


ディズニーにイチゴにピンクにパンケーキ集めてみたらあのになった

塩麹

2 1+1


茄子漬けの色があんまり鮮やかで口にひろがる田舎のブルー

可奈美

2 1+1


さりげなく先回りして馬鹿なふりしている君はホント憎いよ

まつぼっくり

2 1+1


熟れている実の薄皮の脆弱を中指で知る夕立を待つ

fukebatobu

2 1+1


看護師の五体ふくよか胸元に差したるペンを乳房が背負う

雅夢士

1 0+1 星


子どもってうた歌うように嘘をつき未だに歌っているのがわたし

えだまめ

1 0+1 星

子どものように他愛のない嘘をつく。それってステキだと思います。文学を志す人はみんなこの類いです。あなたも私も
もーたろ

もーたろさん!ありがとうございます😳
えだまめ


「あの頃の自分はあかんかったな」と未来の自分に切り捨てられた

棚笠

1 0+1


病室で独り逝かせてごめんねと泣いた貴女を私は見送る

紅鉄

1 1


雨が降るとなんか思い出すんだよねシャンプーハットの先のよれよれ

黴太

1 1

えだまめ

あのよれよれ!いま思い出しました。ずーっと眺めたりしてました。あのよれよれを伝ってシャワーが流れて。。これから雨が降るとこの歌を思い出すのかもしれません(笑)
えだまめ


活字にてあらわしてみるこの歌が詠み人知らずになったとしても

知己凛

1 0+1


くちづけを待ちてガラスの棺桶の中で腐っていたのはだあれ

高村七子 家

1 0+1


庭隈の薔薇の若枝未熟なるいびつな花を紅くつけたり

藤 哲也

1 0+1

いつかあなたの紅い薔薇が庭の真ん中で美しく咲きますように
もーたろ


くそくそくそくそくそくそ、即、空疎 予測変換は人を表す

小泉かこ

1 0+1 星

その通りですね。しりとりになっていてかつ、意味を成しているのがいい
もーたろ

有難うございます!
小泉かこ


どんまいをやたらとくれる人達よもっと見つめて全裸の私

コタロー 家

1 0+1

どんまいは呉れようとしてくれているのではなく自然と、偶発的になるのです「もっと見つめて」と言いたいときはありますね
雅夢士


永遠とわを見よ割れずに光るビー玉のあなたを見てきた私の瞳に


まっくろな雨のどしゃんと降りだして絵日記のネタぜんぶ忘れた

松岡拓司

0 0 おとの日


ぐんぐんと深くなりゆく緑葉の名前聞くまで夏はやまない

いわこし

0 0


好きなひととも週に一度がいい感じお互いの一週間の話をしよう

水沼朔太郎

0 0


愛なんて見えないものに引きずられ 男と女 祭に花火

こたきひろし 家

0 0


昨日 2017年08月10日(木) 明日

出詠した人選歌した人



 2017 08 
    01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31