うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1197日 】 2017年07月10日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1197 日め 葉 
第36代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

開催時間注意!

 『 自由詠 』

  •  毎月10日は自由詠の日です。
  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

自由とはときに寂しく響く音 誰もとめない夜中のポテチ

StarLighter

5 5


傘の柄のセロファンを剥くぴるぴると母のりんごの剥き方だった

天田銀河

5 4+1

寿々多実果辺見丹五條ひくいちコッパミジンコ

ぴるぴるが好きです。ぴるぴるぴるぴる~♪最後まで途切れずに剥けるでしょうか。
寿々多実果

ぴるぴるという表現がとてもしっくりきていると思いました。傘の柄からりんごを剥く母を思い出すという飛躍と類似の見つけ方におかしみがあって魅力的です。「ぴるぴる」の音が「peel(皮を剥く)」を連想させるのも愉快です。
五條ひくいち


冷蔵庫深夜に開けてまた閉めて子供の頃と変わらない闇

といじま

4 3+1


澄み渡る夏の日少女を取り戻す祖母が造花に水をあげてる

矢波多恵

3 2+1


ベッドから転がり落ちた月曜も星占いでは1位のカニ座

キール

2 1+1


捨てられた大型冷蔵庫の脇を迂回していくアリの行列

静ジャック

2 1+1


地図アプリが示す私はカフェにいる 雨に打たれるわたしを置いて

橙田千尋

2 1+1

このお歌を素直に読めば「私はカフェにいると地図アプリは示すが、実際には居らず雨に打たれている」ということになると思うのですが、下の句は「わたし」とひらかれていることから、私はこのお歌には捩れがあるのではないかと考えました。「地図アプリが示す通り私はカフェにいる、しかし私のこころは未だ雨の中に置き去りにされている」という解釈です。日常生活で誰もが経験する心と身体の乖離をよく表してくれるいいお歌だと思いました。
五條ひくいち


やせた背の毛並みは艶を失いて死のまじかなる老ねこ憂う

えみ

2 1+1


融通がきかない僕は「問1」でつまずいたまま白紙の答案

寿々多実果

2 1+1 星


「歯ごたえのない毎日が続いてる」独白にただベーグルを焼く

東風めかり

2 1+1


ビー玉とチキンライスと夕焼けをくださいちょっとやるせない日は

木蓮

1 0+1


記念日の印に被せたシールから隠しきれないいちごの香り

五條ひくいち

1 0+1 星


電車内となりの稚児は「いないないばー」笑い転げて果てなくつづく

はるか

1 0+1


ヤなオトコだったと爪を切りながら呟く深夜3年半後


しまなみをバイクで走れば自転車の汗が眩しく羨ましいな

式部宮さらさ

1 0+1


針を飲むような思いはおくびにも出さず微笑む「すぐに良くなる」

CIPHER

1 0+1


やめてたと言いながら吐く白煙に巻かれてあなたはあなた、ありがとう

辺見丹

1 0+1 葉 はじめて


若あゆが泳ぐ地元の真夜中や。あの人はお菓子が好きやった

カミハテ 家

1 0+1


トラブルをのりこえ『うたの日』つよくなる今はただただそう信じてる

どんまい!

思い出を消しても年に4回のクリーニングがあなたの匂い

居村杏

0 0


恋したい。うそぶく妻の遠い目の見つめる先に夕立ちが来る

菊華堂

0 0


生きてゆくためにビタミン、アミノ酸、なくてはならぬ君のほほえみ

たかだ牛道

0 0


気付いたら片っぽだけの靴下が寂しく揺れる夏空の下

龍也 家

0 0


「100m自由形」っていうけれど、ぼくらの自由は空にはばたく

倉井香矛哉 家

0 0


抑圧を免れなくて悪心が常に進化の先陣を切る

坊斎

0 0


琴葉コトノハの姉妹が詠う歌声は人に在らずも人と変わらず

瀬和璃羽

0 0

どんまい!

昨日 2017年07月10日(月) 明日

出詠した人選歌した人



 2017 07 
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31