うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1195日 】 2017年07月08日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1195 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
 たかたか

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『 ほころび 』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

バス停に白き夏花なつはなほころびて乗りゆく人をそっと見送る

木蓮

5 4+1 星

小澤ほのか平井港人WPP寿々多実果

「そっと見送る」花はきっと小さくて、でも存在感はあるのでしょう。その白さゆえに爽やかな夏を感じます。
小澤ほのか

ハート、音符ありがとうございました😊
小澤ほのかさん✨評をいただき嬉しいです。
ありがとうございました。

木蓮


紫陽花の綴じ糸だったみたいです引いたらみんなほどけていった

あおきぼたん

5 4+1


MADE IN CHINA の袖がほころんで仮名書のような趣がある

富井丈生

4 4


ごめんねが言えなかった日はあの人のシャツのほころび丁寧に縫う

薄荷。

3 2+1


ほころびを縫いきれなかった恋たちを東京タワーがやさしく抱く


少しづつほころびてゆく夕雲に向かひて歩く母とベビーカー

萩野聡

3 2+1


ほころべば咲かないように繕われ固い蕾の形に枯れた

一〇〇八

3 2+1


ほころびで胸がいつぱいですと言ふ部長の定年退職挨拶

西村湯呑

3 2+1


ほころびを縫ってあげてたあの頃は 二人とっても幸せだったね

ぐーたろう

3 2+1


ネモフィラのようにあなたがほころべばはるかな青にのまれてしまう

雪間さとこ

2 1+1


どの顔も好きだよ真顔も泣き顔もぼくをみつけてほころぶ顔も

CIPHER

2 1+1


君のほころびを覗けば君がいてどちらの君も愛しく思う

きつね

2 1+1


ひまわりと君の口元ほころんでああ夏が来たそらいろの夏が

染谷祐里

2 1+1

薄荷。

「ひまわりと」は「ヒマワリの蕾と」という意味を縮めて表現していると勝手に解釈していますが、それでいいのでしょうか? 「君の口元」がほころぶということは、「君」は夏が好きな人だということですね。作中主体はその様子を見て「ああ夏が来た」と詠んでいるわけですが、「夏」の反復が効いていません。他の語を入れるか、「そらいろ」を形容するか、いろいろ試行錯誤を重ねてみてください。
雨宮 司


おいしい、の言葉はなくてもわかるんだ君のゆるんだほっぺを見れば

淡海わこ

2 2


細く開く扉の向かうから百合の匂ひしてゐる夜がほころぶ

桔梗

2 1+1


ほころびが広がってゆく会うたびに、ほつれた糸を巻きもどせない

ORANGE MOON

2 1+1 星

水没

これは怖いですね。人間の恋愛の一面の真理を鋭く衝いているあたり、日常系のホラー(というよりはサスペンスかもしれない)を彷彿とさせます。何とかしようとあがいても、そうするほどに逆に広がってゆくほころび。そして、巻き戻そうとする度に、逆にほころびを広げてしまうから、けっして巻き戻せない糸。日常に潜む怖さを充分に伝えている、見事な短歌です。
雨宮 司

コメント(*´▽`*)ノ゛☆ありがと☆
ORANGE MOON


夏草の蕾ほころび青空に微笑む君がぼくのよろこび

倉井香矛哉 家

2 1+1


葡萄酒の出来確かむるひとくちに声さしおいてほころびのあり

鳥尾鮭介

2 1+1


君の背にもたれて、たぶん、ほころびは埋まったぶんだけ涙になった。

みや子 家

2 1+1


ほころびが広がってゆく隙間から蛍が飛んでこぼれる光り

大西ひとみ

1 0+1


また出しっぱなしのぬるい麦茶ポット夜のテーブルほころびひとつ

小川けいと

1 0+1


気に入りのスカート姿で訪ねきてはにかむ孫にこころほころぶ

藤 哲也

1 0+1


いつかこの恋に終はりもくるだらう芙蓉の花のはつか綻ぶ

宮本背水

1 0+1


白薔薇の綻びを吸ふ深く吸ふ少女愛しぶ人のくちびる

水没

1 0+1


ほころびた箇所を鞄で隠しつつケチャップのシミ隠さない人

可奈美

1 0+1


ほころびは無限に連鎖していってもはやフリンジでしかない人

井筒ふみ

1 0+1


にこにこと笑顔笑顔がほころぶね 朝顔の花元気よく咲く

花 暁

1 0+1


この世にはほころびがある 思ってたよりやさしいものきびしいものが

棚笠

1 0+1


ほころびはいつから出てきていたのだろう船越・松居夫妻が気になる


ほころびを繕うそばからほころんでゆく継ぎ接ぎのこれが人生

平井港人

1 0+1


気に入りのシャツのほころび縫うのには時間が足りぬ君と会うのに


スカートの裾のほころび紡ぐように優しいきみの手を繋ぎたい

うた猫

0 0


昨日 2017年07月08日(土) 明日

出詠した人選歌した人

ORANGE MOON 水没 平井港人 パコ・ベルデ 藤 哲也 鳥尾鮭介 おたまじゃくし先生 あひるだんさー 棚笠 井筒ふみ みや子家 薄荷。 倉井香矛哉家 木蓮 CIPHER 染谷祐里 宮本背水 ぐーたろう 可奈美 小川けいと 西村湯呑 大西ひとみ うた猫 桔梗 富井丈生 萩野聡 一〇〇八 淡海わこ 雪間さとこ 花 暁 あおきぼたん きつね

雪間さとこ ORANGE MOON 水没 みや子家 萩野聡 大西ひとみ 木蓮 小澤ほのか 平井港人 井筒ふみ 鳥尾鮭介 WPP 宮本背水 静ジャック 寿々多実果 一〇〇八 きつね 西村湯呑 あひるだんさー 花 暁 おたまじゃくし先生 薄荷。 棚笠 染谷祐里 藤 哲也 ことり ぐーたろう 桔梗 可奈美 倉井香矛哉家 CIPHER 小川けいと あおきぼたん 安西大樹

32 人

35 人



 2017 07 
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31