うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1180日 】 2017年06月23日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1180 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
   ガイトさん

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

遠足のおやつに母の用意した都こんぶの恥ずかしき春

常盤このは

6 5+1

静ジャックWPP鳥尾鮭介大西ひとみ式部宮さらさ

遠足のお菓子に都こんぶ。母は狙ったのか、天然なのか。
テンポも良く好きです。

大西ひとみ


「ちきゅう」って呼ばれる箇所を撫でながらやっぱり世界はきみだと思う

平井港人

5 4+1


取り乱しお恥ずかしいというように雷雨ののちのとても赤焼け

鳥尾鮭介

4 3+1


忘れたい恥の記憶が押し寄せるのんびりしようと思った午後に

ぽつり

3 3


睦言を交わすあいだも僕たちが猿だったこと覚えてる恥骨

岩瀬 華

3 2+1 星


恥のない人生もまたそれなりに辛いもんです太宰先生

WPP

2 1+1 星

安達せきる

そういえば、太宰の作品中の言葉としてあまりにも有名な、「恥の多い人生を送ってきました」というものは、代表作である『人間失格』の中の独白でしたね。道化を演じるのも辛かろうと思いますが、真っ当に、恥ずべきところのない人生を送る方がずっと難しいし、辛いことも多いですね。太宰さん、甘ったれた人生をさも特別なものと思わせていませんか?
雨宮 司


高校で太宰の文庫を持ち歩きニーチェを気取った自分よ消えろ

祐鈴

2 1+1 星

岩瀬 華

恥の多い「黒歴史」の、消え入りたいどうしようもなさが自分のことのようにイメージされて、ドキドキしてしまいました(笑)
岩瀬 華


君にはさ、色々見せすぎてさ、もうさ、乳房なんかは恥部じゃないのさ

蕾野

2 1+1


やっとでた なかなか双葉でなかった 恥ずかしがりやね スクスク伸びて

ぐーたろう

2 1+1


恥ずかしいふりをしているだけだ ああ 笑うみんなと道化の僕と

棚笠

2 1+1


おおロミオ何故にそなたは恥骨なの擦り合わせるが人生ならば

パコ・ベルデ

2 1+1


恥じらいを忘れて夢をあきらめて大事なものを捨てて生きます

街田青々

2 1+1


友達といつの間にやらはぐれてて隣の人に「これどう思う?」

大西ひとみ 家

2 1+1 星


行き遅れが恥だとかもう古いのよ私は私、自由に生きるの

うた猫

1 0+1


何年も家族の恥だと言われたが今や私は売れっ子作家


手を繋ぐ 恥こそ多い人生を送りし我と頬赤き君

花 暁

1 0+1

数ヶ月後にどこかの上水に飛び込みそうに思ったのは邪推でしょうか。
祐鈴

祐鈴さん (心配の?!?)コメントありがとうございます。太宰の心中のイメージは頭に浮かびましたが、ぼく自身は生活が忙しくて心中まで辿りつけないので大丈夫です!
あーき


恥じらった君の笑顔が好きだから誉め続けよう紅くなるまで

式部宮さらさ

1 0+1


恥骨から蕨萌え出で逸物のやうに成り行き腐りて死んだ

社会適合者

1 0+1


旅の恥かき捨てられた傷あとが残る世界遺産と後世

しちみとう

1 0+1 星

世界遺産の審査は厳格で、いったん世界遺産と認定された後であっても、何かの理由で世界遺産にふさわしくないと判断されれば、世界遺産の認定を取り消すこともあるそうです。旅の恥はかき捨てとは申しますが、そんなことをやっているのは日本人くらいのものです。少しでも多くの世界遺産を、できる限り残していきたいですね。
雨宮 司

雨宮 司さん
普段ならしないような恥ずかしい事も旅先で平気でやってしまうという点で、遺産に落書きしたりする人達が浮かびこのように表現させていただきました。このようなことで世界遺産認定取り消されたりなんてとても悲しくなります。あるべき形で残っていってほしいものです。
ご丁寧な評、ありがとうございました。

しちみとう


恋う人に初メールして誤変換"やっちまった"と恥じるが手遅れ

1 0+1


恥かいて涙流して立ち上がる次は私がエースになると

心伝

0 0


だしぬけに好きとやらかくささやかれて耳たぶ赫くそむるあさかな


昨日 2017年06月23日(金) 明日

出詠した人選歌した人



 2017 06 
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30