うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1174日 】 2017年06月17日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1174 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
   さかな 

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

漫喫の狭い机に突っ伏してトースト無料タイムまで寝る

涸れ井戸

5 4+1


指先でレンズを絞る少しだけ狭くなった世界を過ぎる風

文佳

4 3+1


この夏はどこの銀行襲おうか せまい湯船で語らうふたり

梶原一人

4 3+1


この狭い日本の狭い東京の狭い部屋でも広すぎて、夜

3 2+1


この路地はあまりに狭くBAR『猫の額』に今日も辿り着けない

森下裕隆

3 2+1


猫二匹狭いベッドの真ん中でだまし絵のように寝そべっている

薄荷。

2 1+1

静ジャック

やっぱり猫は可愛い。「だまし絵のように」が想像力をかきたてます。どんな奇妙な形で寝ていたんだろう。見てみたかったです。
静ジャック


ふわふわのパンでたまごを挟むときできてる指のあとも優しい

多賀盛剛 家

2 1+1


知らぬものがところ狭しとひしめいてこちらを見ていた初めてのドンキ

CIPHER

2 2


狭い道触れられそうで触れられずあじさいの花わらって揺れる

大西ひとみ 家

2 1+1


プラモデルじみてる首都のプラモデルじみてた審議 気道狭まる

黒井真砂

2 1+1


四畳半ひとまの僕の王国に国民ひとりほどよい狭さ


あまりにも狭い廊下のすみっこを歩こうとしてここは真ん中

荻森美帆

2 1+1


意識して狭めた心が口説かれて0.1ミリ拡がってしまう

いろせ

2 1+1


狭かった部屋もお風呂も洗面もそれでもふたり幸せだった

木蓮

2 1+1

涸れ井戸

う~ん、ギリギリの妥協点だったかな。初めて読んだ時には、失礼ながらフォークソングの歌詞かと思ってしまった。それだけ普遍性が高い状況を設定して詠んでいるわけで、そのままでは「よくある話」としてスルーされてしまう可能性が高い。どこかで他人が容易には真似のできないオリジナリティーを設定してはめこむ必要がある。次はないからね。
雨宮 司


都会では僕の心が狭いから狭く感じる六畳一間


1インチわからぬように狭めれば次の瞬間腕のなかにをり

さな

2 1+1


住所欄が狭くてだいぶはみだしたわたしはここにいていいですか

金子りさ

1 0+1 おとの日


窮屈と思うのならば飛びだしてごらんよここは檻じゃないんだ

東風めかり

1 0+1


ビルとビルの狭い間に落ちている ああ、そうあれは私の命

天野うずめ 家

1 1


この庭は狭いがこの星は広いはじめのいっぽで遠くまで行け

あおきぼたん

1 0+1


狭庭辺に忘れさられたバケツからこぼれたものは昨年の雨

計以

1 0+1

「狭庭辺」は「さにわべ」でいいのでしょうか? お題にぴったり寄り添う形でこういう言葉をさらりと出されると、頭が下がる思いがする。そして、見逃してしまいがちだけれど実際にけっこう存在する小道具が見事です。バケツは実際に庭に置き忘れられがちなアイテムです。置き去りだと雨水が溜まるのは当然の帰結。おそらく、ちょっとずつ溜まった水が長雨で溢れたのでしょう。いい短歌です。
雨宮 司


「狭いのもたまにはいいね」同じくらい私のことも肯定してよ

居村杏

1 0+1


時の狭間はざま、残されし店の窓際にピンクの電話機忘れ去られて

ORANGE MOON

1 0+1


ひとり増えみたりに狭い四畳半 地球をすこし広くしなくちゃ

たかだ牛道

1 0+1


うちの庭「ネコの額」と言いながら「お前の心」と言いたくもなる

祐鈴

1 0+1


狭すぎる心の隙間に夕焼けと君の面影を飼い続けている

深影コトハ

1 0+1


アクセルを回せば孤独渓谷に斜陽は射して秋ぞ深まる

1 0+1

どんまい!

狭山事件中田善枝の名を刻む私の記憶が田園を舞ふ

だゆう

0 0


昨日 2017年06月17日(土) 明日

出詠した人選歌した人



 2017 06 
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30