うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1174日 】 2017年06月17日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1174 日め 葉 
第36代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
   さかな

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『 ジャージ 』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

たんぽぽのあほめあほめと草むしる祖母の背中のプーマが元気

中牧正太

8 7+1


中学の頃のジャージの袖口でまだ初恋が息をしている

ハナゾウ

6 5+1

あひるだんさー浮寝鳥温子さはらやまつぼっくり

初恋の結末は…。
あひるだんさー

いいなぁ。初恋だ。おそらく純愛だったんだろうな。「息をしている」ということは、結局告白はせずに終わったのでしょうね。壊れていないということですからね。この年頃は最も多感な時期。心も身体も伸び盛りで、それ故に独りで突っ走ったり、躓いたり、転んだり、何でもなさそうなことに悩んだり、いろいろ体験しますね。傍で見ていると面白いけれど、当人たちは大真面目。それでいいんです。
雨宮 司


「服装は上下ジャージ」と言われては「ジャーゲジョージ」と繰り返す帰路

まつぼっくり

4 3+1


投げやりな猫みたいだねadidasのラインジャージが丸まっていて

天田銀河

3 2+1


妖精に会えると聞いて待ってたら青いジャージのおっさんだった

ハナゾウわらび

上句と下句のギャップが一番激しい短歌だろう。「妖精」というファンタジーの世界を一気に現実界に引き戻す役割として、「青いジャージ」が秀逸な役割を果たしている。ジャージがかっこいい、という内容の短歌を少なからず目にしたが、少なくともこの短歌の作者はそんなことを思っちゃいないだろう。おっさんには悪いが楽しい短歌だった。
雨宮 司

「青いジャージのおっさん」の破壊力がすごい。すごくて好きです。
きっと庶民的な妖精さんなのでしょう。きっと。

わらび


ときめきの補助線としてジャージーの中はレースの下着をつける

WPP

3 2+1

むうこ

ときめきの補助線、という響きがかわいらしい。こういう補助線はいつでも持っていたいものです。
むうこ


一度だけ使いしジャージを父親に「いる?」と問いたり放蕩息子は

ぽつり

3 2+1

真坂きみか衣未(みみ)

「いらん!」と答えたいのに、つい「着る着る、かっこいいじゃん!」と、答えてしまうのでしょうか・・・なんとなく、楽しい親子像が浮かびました。
真坂きみか


校則にネーム刺繍はフルネームとの記載あり次女が喜ぶ

真坂きみか

3 2+1 星

久哲寿々多実果

モチーフが僕の歌とかぶりましたが、こっちの方が家庭の景が立つ。勉強させて
いただきました♡

久哲


容赦ないスパイク打たれジャージ着の穴の数ある熱き迷走

2 2

ぽつり中牧正太

息子たちの部活を思い出しました。絶対に届かない距離なのにスライディングするレシーブ練習。熱き迷走って言葉は似合うかも。ジャージも短パンも穴だらけのボロボロでした。
寿々多実果


思い出とかっこよさゆえ手離せず高校ジャージは部屋着になった

むうこ 家

2 1+1 星


中学の指定ジャージが名札まで姉のお下がりでやるせない

久哲

2 1+1 星


月光のましろき腿に湛えたり 僕(ひと)のジャージの上だけ着てさ

松岡拓司

2 1+1


おそろいのジャージで君と歩く道、ディズニーよりも幸せかもね

さはらや

1 0+1


すっぴんにジャージのまんまドアを開け荷物受け取るあらやだイケメン

1 0+1


仕方ない ジャージの裾を折るだけで目をつけられるような社会だ


反則だこんな時間にベル鳴らしジャージのわたし歯磨き途中

花代

1 0+1


大掃除するときこれに限ります高校ジャージがきらきら光る

衣未(みみ)

1 0+1


まっ黄色のジャージ着て行くあのときの青い金魚の墓参り行く

榛 瑞穂

1 0+1


放課後に「寒いね」と呟いた時そっとジャージを貸してくれたきみ

うた猫

0 0


じいちゃんがラジオ体操よく着てたジャージに白い二本のライン

コタロー 家

0 0


その頃はダサくて嫌で アラっ今は進化したよね母校のジャージ

明実

0 0

どんまい!

昨日 2017年06月17日(土) 明日

出詠した人選歌した人



 2017 06 
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30