うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1171日 】 2017年06月14日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1171 日め 葉 
第36代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
 冨樫由美子 キナコモチコ

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 ただいま全109178首です。

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

「こうすれば得したのに」のひとことで損したことになってしまった


完璧なあなたの帳簿「雑損」と仕訳されてくわたしとのこと

笠和ささね

4 4

井筒ふみ多賀盛剛東風めかり深影コトハ

あゝぼくも雑損と仕訳されるクチだ…
ていねいに作り込まれているし心情もこもっているし
お題の消化も巧みで いい短歌だと思いました!

東風めかり


すこしだけ大きいケーキが君のぶんわたしうれしい損をしている

りりー

3 2+1 星


怒る役ばかり引き受ける先生が綿毛を吹いている昼休み

深影コトハ

2 1+1

りりー

怒るのってとてもエネルギーをつかいますよね、相手も自分も。けれど、厳しく怒ってくれた先生ほど、好きだったし、今でも覚えているな、と思いだしました。この先生は頭ごなしに怒るのではなくてちゃんと子どものことを思って怒ってくれている先生なんだろうな、と思います。
りりー


行列のできるパン屋にふと並ぶちょっぴり損な雨の有給

天田銀河

2 1+1 星

須磨蛍

あぁ良く分かります。用事は無くても有給休暇を取ったのでしょう、主体は普段は出来ないことをしようと思ったのではないでしょうか。忙しい仕事の日には行けない「行列のパン屋」に来れたことが小さいけど幸せと感じている。だから、「ちょっぴり」「雨」が降っているのが損している気分になったのですね。
須磨蛍

ありがとうございます!
天田銀河


動いたら損ないそうな六月の紫陽花の真ん中で待ってる

矢波多恵

2 1+1


縁日で食べ損なったわたあめが空に昇って夏をかたどる

静ジャック

2 1+1 星


新品の靴をおろせば雨の朝 損した気分を蹴散らしてゆく

森下裕隆

2 1+1

静ジャック

新品の靴を雨の日におろす勇気、僕にはないです。でも損した気分を蹴散らせるのは羨ましい。
静ジャック


ムロフシの飛ばし損ねた鉄球がやがては星になる手毬唄

東風めかり

2 1+1 星

黒井真砂

「ムロフシ」って、ハンマー投げの室伏選手のことですね? 父親か息子かは知らないけれど、おそろしく物騒なシロモノを使って手毬歌を歌っているのですね。「やがては星になる」がよく判らないのですが、もう一度トライして、星に見えるくらいの距離を飛ばしてしまう、くらいの意味でしょうか。なぜ手毬歌か、それだけが判らない。
雨宮 司

結句でグッと掴まれました。飛ばし損ねの鉄球が衛星軌道に乗って、どんどんカメラの位置が引いていって、最後にキュッと手毬唄に収束する。手毬唄は手毬唄でも、神の手なる手毬なのかもしれません。非常に卑近な感覚と遠大な視点の両方が成り立っている不思議な歌です。
黒井真砂


損得で考えている関係にとって愛とはどちら側なの

平井港人

2 1+1 星


ひびきれた石鹸ことり砕け散り損得よりも大切なこと

井筒ふみ

2 1+1


見た目には出来損ないのオムレツに三つ星つけて父の日は過ぐ

須磨蛍

1 0+1 星


親によく出来損ないと言われてて虫歯もないし風邪も引かない

1 1


きみのその人間性の欠損が、月の兎のようで好きです

黒井真砂

1 0+1 星

読点はなくても良いと思います。ただ内容としては、ポジティブでなんとなくイメージも掴めて好きです。
平井港人


わかってる 送料無料に付け込まれ余計なものをたぶん買ってる

小林礼歩

1 0+1 星


兄弟の中では損な役だったケーキはいつも小さいのだし

天野うずめ 家

1 1

社会適合者

損なのですかね? 調整役の人間は、いつの世でも必要ですよ。兄弟の中では割を食ったと考えている様だけれど、ケーキが全く貰えないのではなく、小さいながらも貰えているのはありがたいことかもしれません。ちっとも損ではありませんよ。むしろ、調整役の人間は人生をエンジョイできる人が多いのです。楽しむのはこれからですよ。
雨宮 司


「私だけ損することは反対です」そう読み取れる世論調査は

ぽつり

1 0+1


二千円弱の残業代を得るゆえの三千円の居酒屋

御殿山みなみ

1 0+1


殺し損ねた思ひがふいにあらはれてなほもわたしに微笑んでくる

桔梗

1 0+1


私の人生損益分岐点 死なずに生きて死ぬ一瞬なり


相聞を詠み損ないし夜もすがらまことの恋のかくももどかし

たかだ牛道

1 0+1


損得の勘定すらできなくて無くしたものが多い恋だった

龍也 家

1 1


死んでいるだけで損だと思うそんな生き方なんて損な生き方

社会適合者

1 0+1

どんまい!

膨らまないシュークリームもおいしくて 出来損ないのわたしもわたし

夏凪

0 0


損ばかりしているような顔をしてフローラル撒き散らして君は

冬桜

0 0

うーん、個人的に距離を置きたいタイプの「君」ですね…。「フローラル撒き散らして」あたりに主体のちょっとした憤りというか、納得のいかなさを感じました。
黒井真砂


損傷を受けた目と口 星空に響く列車の音これはキハ

中山とりこ

0 0


最下位を独走できぬそんな日はどこかで損をした気になるよ


「彼女さん誘ってきたらいいじゃない 」骨折り損の思い出作り

長月美和

0 0


いいカッコするつもりではないけれど欲しいと言えない 僕が嫌いだ

でゅらんた

0 0


損失は紙の蟻這ふ詩の単語「デウス」はかなりワイルドである

だゆう

0 0


屑として捨て去るものも持たないで生きてることが損でしかない

宮嶋いつく

0 0

どんまい!

昨日 2017年06月14日(水) 明日

出詠した人選歌した人



 2017 06 
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30