うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1170日 】 2017年06月13日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1170 日め 葉 
第36代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
 

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 ただいま全109178首です。

 

 『 ひらひら 』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

 うたの日第99892首

中骨にそって外せばひらひらと私を抜けて泳ぐたましい

小林一彦えんどうけいこ民生なぎさらさWPP

「ひらひら」がいかにも気持ちよさそうです。わたしのたましいも、こんな重たくてままならない身体なんかにつなぎとめられているより、自由に泳ぎたいと願っているかもしれません。
えんどうけいこ

現代短歌には昔からある一種の怖さなのかな?とも思います。食事を摂るたびに死期が近づくというような原罪意識でしょうか、でも、ひらひらを含んだ部分を中心に目新しさも感じました。全体として端正なイメージです。
小林一彦

中骨にそって外すという、まるでサンマの塩焼きのような言い方が面白くて好きです。
なぎさらさ


 うたの日第99893首

ほろ酔いがひらひら手をふり席を立つ守るべきもの持った足取り

外川菊絵

7 6+1 星

浮寝鳥あおい慧璃子しちみとう苔井 茅甘酢あんかけ

ベロベロになるのではなくほろ酔い。守るべきものができると人はかわりますよね。心地よく手を振って帰る様子がよくわかります。
幸香

シーンが鮮明に浮かびました。
衣未(みみ)


 うたの日第99894首

おさがりに慣れすぎている末っ子がひらひら揺らすおニューのワンピ

幸香

5 4+1 星

温子ぽつりミオナマジコ衣未(みみ)

私は長女だったけど、従姉妹のおさがりばかり着ていたので新しい洋服を買ってもらった時は特別な感じがして嬉しかったです。子供の頃を懐かしく思い出すことができました。ありがとうございます。
ミオナマジコ

嬉しそうに、にこにこしている姿が浮かびます。可愛いなあ。
衣未(みみ)

カワイイ!
小林一彦


 うたの日第99895首

手のひらを手のひらひらと呼んでごらん自動車税のことは忘れて

中牧正太

5 4+1

あま錆ハナゾウ寿々多実果

(冴えないかもしれない)日常を楽しくするのは、こんな言葉ひとつだったりします。それって短歌そのものだなぁと思いもして、何だか嬉しい気分。
WPP


 うたの日第99896首

習慣としてまぐわっている部屋でずっとひらひらしてるカーテン

えんどうけいこ

4 3+1 星

幸香うた猫久哲

え!?まぐわってる時に窓が開いてるんですか?ご近所だったら困るなと思いました。扇風機の風であることを祈ります。
ミオナマジコ

心情と情景がよくわかります。
幸香

まぐわうか。そこがちょっと気にはなりますが♡
久哲

ダラダラとしたブルース感みたいなものですかね。カーテンにひらひらさせたところが聴かせどころです。
小林一彦


 うたの日第99897首

ひらひらと心は風に流されて追いつくことを諦めている

苔井 茅

4 3+1

二宮 隼人ゆきうさぎだゆう

心って、いつもそんなに流されるものかな? その人の思い次第で、流されるか留まるかがある程度決まってくるものだと思う。この短歌では二人の心が詠まれているのだろうか? 「流されて追いつくことを諦めている」の部分が上手く読めなかった。何に追いつけないのかがはっきりしていれば、もっといい短歌になると思う。
雨宮 司


 うたの日第99898首

ひらひらとあなたは海へゆきなさいすべてをわれの真夏に置いて

天田銀河

3 2+1


 うたの日第99899首

「はらはらと散る」を「ひらひら舞う」とする 少し元気になった気がする

しちみとう

2 1+1 星

太田宣子

なるほど、わかる気がします。ちがう表現にすると気分が変わりますね。
えんどうけいこ

ポジティブで素敵です!上の句の助詞の使い方が、助詞を使いたいのか省略したいのかどっちなんだろう?とは思いますが、字余りか字足らずになりますものね。気持ちはわかります。
ミオナマジコ

えんどうけいこさん、ミオナマジコさん
感覚で感じることを詠みました。字数を崩したくなかったので、このようなかたちになってしまいました。
評、ありがとうございました。

しちみとう


 うたの日第99900首

ひらひらと生きてゆきたいひらひらと散ってゆきたい 願わくば冬

木蓮

2 1+1

雅夢士

願わくば冬」ですが。西行は春が良いと言ってその通り逝きました
願わくは花のもとにて春死なんその如月の望月のころ  西行  藤原定家や慈円に絶賛されたらしい

雅夢士

「願わくば冬」とあるから、「ひらひらと」は御自身の生命を雪に擬しておられるのでしょうか。冬に生きていくのは大変だろうと、関西育ちながら深くお察ししますが、個人的には北風に流されるまま生きていきたくはないですね。やはりどこかに根を下ろし、北風に黙って耐えながら生きていきたい。冬に散るのは寂しすぎます。私は願わくば、全てを見届けてから散りたいのです。
雨宮 司


 うたの日第99901首

ひらひらとキラキラ両方使うから夏、今度こそ手をつなごうね

久哲

2 1+1 星


 うたの日第99902首

永遠でなくてもいいと繋ぐ手にひらひらと降る夏の風花

璃子

2 1+1


 うたの日第99903首

ひらひらと流れる時間てのひらは日日の別れにそよぎてゐたり

太田宣子

2 1+1


 うたの日第99904首

ひらひらと夢の残滓は散りゆきて伸ばした手の先きみは消えおり

二宮 隼人

2 1+1


 うたの日第99905首

ひらひらとあっちこっちと顔を出す美味しい言葉の水を探して

衣未(みみ)

2 1+1 星


 うたの日第99906首

うろこ雲季節外れのひらひらは君へと贈る人魚の名残り

あおい慧

2 1+1 星

外川菊絵

ひらひらの対象が他のかたと重ならず、君への愛しさがあって素敵です。
外川菊絵

外川菊絵さん、素敵な選評を頂き、ありがとうございます。
一風変わったひらひらを、と考えていたので、とても嬉しいです!

あおい慧


 うたの日第99907首

ひらひらのドレスが似合う顔じゃない和服を着れば嗚呼いかり肩

ミオナマジコ

1 0+1 星

自分の容姿の残念さを詠いながらも、どこか颯爽?とした感じがして好きです。
WPP


 うたの日第99908首

夏味のお花があったのどこかしら 迷子のちょうちょひらひら飛んで

薄荷。

1 0+1

夏味のお花と迷子のちょうちょの組み合わせが半端なく可愛らしいです!
ミオナマジコ

見つかりますように。蝶々が可愛らしく見えます。
衣未(みみ)


 うたの日第99909首

ひらひらのオーガンジーのスカートで強い女にいつかなりたい

甘酢あんかけ

1 0+1 星

これはとてもよくわかります。外見は柔らかくて優しそうなのに、精神的に強い女性って憧れますよね。個人的にはオーガンジーはひらひらというより、フワフワというイメージですけれど、共感しました。
ミオナマジコ

かっこいいですね!
衣未(みみ)

コメント書いてくださってありがとうございます、今後に活かします!
甘酢あんかけ


 うたの日第99910首

ひらひらとすずめ踊りは群れなして杜の都に跳ねる新緑

1 0+1


 うたの日第99911首

ひらひらと舞い降るセキレイ愛しくて妻とほぐせるパンとラーメン

浮寝鳥

1 0+1


 うたの日第99912首

会いに行く 弾むステップでひらひらとスカートの裾遊ばせながら

なぎさらさ

1 0+1 星


 うたの日第99913首

ひらひらと目の前を舞ふ白蝶の孤り野花にたわむれいたり

藤 哲也

1 0+1


 うたの日第99914首

雨上がり蝶が舞う頃わたしたち秘密の恋に花を咲かすの

うた猫

1 0+1


 うたの日第99915首

さいごにはひとりになるよ手のひらをひらひら返すその手に雪が

小林一彦

1 0+1 星


 うたの日第99916首

ひらひらと飛んでる蝶と根比べとうとうお腹の模様を見せた

笠和ささね

1 0+1

根比べ、が僕には少々読みづらく感じました。歌意は文句なく素晴らしいです。
小林一彦

見れましたか、良かったです。私はいつも根負けしてしまうのです…
WPP


 うたの日第99917首

人混みの中の若い子注意しなスマホ{警官}が覗くひらひらスカート

雅夢士

1 0+1 星

どんまい!

 うたの日第99918首

背を向けて右手をひらひらさせながら去っていく彼の猫背な背中

さはらや

0 0

こういう人いますよね。彼の、という言い方で僕は共感しました。たぶん、背の高い人。
小林一彦


昨日 2017年06月13日(火) 明日

出詠した人選歌した人



 2017 06 
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30