うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1170日 】 2017年06月13日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1170 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
 

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 ただいま全164612首です。

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

 うたの日第99960首

座席には楽器ケースをすわらせてわれは立ちおり十六夜のバス

8 7+1  Birthday

あひるだんさーけら二宮 隼人きいきつね苔井 茅だゆう

大きな楽器ケースなのでしょうね。ということは、低めの音色が聴こえてきそうです。月明かりも黄色く明るくて…きれいな景色が浮かびました。
遠木音

楽器を大切にしている様子がとても素敵だと思いました。すわらせて、という表現にぴったりの曲線形の楽器ケースなのでしょうね。月の形や輝きとも相まってとても美しいと感じました。
真坂きみか

夜の路線バスでしょうか。やや大きめの楽器ケースを座席に置いて、それを支えるように立っている人が浮かんで来るようでした。「楽器」「ケース」「バス」と三つの「器」が出て来るようですてきだなって思いました。
しま・しましま


 うたの日第99961首

食べ残すつもりのねぎをどんぶりの縁に寄せつつ愛を語るな

しま・しましま

6 5+1 星

宮本背水ぽつり遠木音ミルトン祐鈴

愛を語っていても、葱をきちんきちんとよけているなんて、人間の脳はすごい。ではなくて、やはりイヤでしょうね。でも、微笑ましいです。
遠木音


 うたの日第99962首

さみしさの器とおもう真夜中の冷蔵庫また開けてしまえば

ミルトン

4 3+1

あおい慧静ジャック葵の助

冷蔵庫には穂村弘の名歌があるから、後発の者はどうしてもそれを意識せずにはいられないという宿命がありますね。でも、この短歌は比較的成功しているんじゃないかな? 作中主体が何のために、真夜中に冷蔵庫を何回も開けてしまうのか、その理由は解からないけれども、そうせずにはいられない宿命を背負った家電製品ではありますね。いい短歌です。
雨宮 司

真夜中に開ける冷蔵庫、眩しすぎる光が余計にさみしさを感じさせるような気がしました。
しま・しましま


 うたの日第99963首

手のひらを器にすれば身の程に合わせて溢る水足るを知る

けら

4 3+1


 うたの日第99964首

無造作に手を入れないで 一杯に溜めたあたしの心 溢れる

3 3


 うたの日第99965首

青虫になったら縄文土器を買いあのデコボコをお腹でなぞる

遠木音

3 2+1 星

寿々多実果えだまめ

縄文土器の色でも形でも歴史性でもなく、「デコボコをお腹でなぞる」という触覚的かつ大変フェティッシュな愛で方に謎の共感を覚えました。しかも「青虫になったら」という前提がより皮膚感覚を増強していて、かつ不思議な味わいを与えていていいですね……!
黒井真砂


 うたの日第99966首

笹舟を作ってやればままごとの器になったり帽子になったり

真坂きみか

3 2+1 星


 うたの日第99967首

それぞれの器にプリンはおさめられ多い順からひっくり返る

えだまめ

3 2+1


 うたの日第99968首

壊れないものが欲しいとおそろいのプラスチックの器を買った

深海 恵

2 2 葉 はじめて

真坂きみか小川けいと

壊れないもの、というのは、壊れないでほしいと願うとても大切なものなのに、それが、おそろいのプラスチックの器というところが、きっと、この二人の関係を表しているのですね・・・うまく表現できないのですが、思いもよらない組み合わせの不協和音効果にびっくりしました。
真坂きみか


 うたの日第99969首

武器を持つ少年だった ぼくたちは胸いっぱいの歌を叫んだ

宮本背水

2 1+1


 うたの日第99970首

ええ、これは凶器。あなたが投げつけた言葉でいつかあなたのことを、

葵の助

2 1+1


 うたの日第99971首

紫陽花は水の器の洋名をもって涙を受けとめている

桜望子

2 1+1


 うたの日第99972首

白き根が花器いっぱいに広がりて窓辺にくゆる紅色のしべ

さな

2 1+1


 うたの日第99973首

四十年あちらで母を待っている 七つの姉さん 器量よしらし

えみ

2 1+1


 うたの日第99974首

ベロテツクエロゾル重く吸ふ此岸しんと青磁器いろの蟬の音

黒井真砂

2 1+1 星

しま・しましま

「ベロテツクエロゾル」という薬の名前から「此岸」の重さが思われます。「しがん」「しんと」「せいじき」「せみ」の音の連なりが印象的なうたと思いました。
しま・しましま


 うたの日第99975首

良い友に恵まれないと嘆くなら己の器を省みろと父

ぽつり

2 1+1

でゅらんた

己を省みることを示唆してくださったお父様は、素晴らしいですね。
でゅらんた


 うたの日第99976首

たんたんと進むあなたのスプーンがパフェの器のそこひに消えて

桔梗

2 1+1

心音

切ないですね。。二人の心の距離がスプーンのスピードと重なるようで、過去の苦い恋を思い出しましたー。
心音


 うたの日第99977首

この年もビーチテラスにやって来たかき氷器に初夏の風透く

松岡拓司

2 1+1


 うたの日第99978首

打楽器となる六月の雨傘に声響かせてワルツで歩く

きつね

1 0+1 おとの日


 うたの日第99979首

どちらかといえば薬味を食べており器の底に沈む素麺


 うたの日第99980首

器用には生きれないからせめてでも背筋を伸ばす竹の生きざま

黒猫ななこ

1 0+1

ら抜き言葉は気になりますが、真っ直ぐに伸びてゆく竹の生長の様子を、擬人化して判りやすく記していて、それが素直に心に響いてきます。確かに竹は器用に生きられないのかもしれませんね。筍の時から伸びる大きさや高さがある程度定められていて、そこから大きくはみ出すことはない。そういう意味では窮屈な生き方です。でも、己が分をわきまえた生き方とも言えます。どちらがいいのでしょうか。
雨宮 司


 うたの日第99981首

ツイートに常に器を試されて青い鳥などどこにもいない

小川けいと

1 0+1


 うたの日第99982首

似合わないショートカットも受け入れた器楽クラブの部長だった頃

藤 かづえ

1 0+1


 うたの日第99983首

5年間温めているネタがあり炊飯器の中に入れている

花鶏 棗

1 1 葉 はじめて

コタロー

どんなネタでしょう。小説とか書くのかな。5年間ご飯は炊いてないんでしょうか……
寿々多実果


 うたの日第99984首

遠ざかるサイレンの音 洗い桶の中で食器が浮き沈みする

きい

1 0+1

救急車、とは限らないですが、なんとなく救急車のサイレンとか想像しました。自分の家族や知人に関係するものでなくても、心を乱されるような音ですよね。食器の浮き沈みがそれとリンクしているようでした。
しま・しましま


 うたの日第99985首

ビオラ・チェロ・コントラバスは旋律の証拠を奏でる土台の楽器


 うたの日第99986首

抱き合えば私という名の細胞がきみを感じる器官へ変わる

平井港人

1 0+1


 うたの日第99987首

あの人は器が小さいわけじゃない大きい中身がそう見せるだけ

まさる

1 1


 うたの日第99988首

陶器には興味などない。浴衣着た君と陶器祭りに行きたい。

祐鈴

1 0+1


 うたの日第99989首

親指と小指をのばしてぷるぷるる受話器は今もどっこい生きてる

木タロー

1 0+1


 うたの日第99990首

おっぱいによく似たサラダボウルを買う誰にも見られないようにして

大橋春人 家

1 0+1


 うたの日第99991首

グローブでにぎったような握り飯とおなじ器のあたたかな父

万里葉

1 0+1 星

二宮さん、寿々多さん票を有難うございました。
((多分))おにぎりみたいなライスボールでしたw

万里葉


 うたの日第99992首

清水から唾ん子挟み飛べ 夜遅ムンク谷降りべし蛾ら鬼 (清水唐津万古砥部 やちむん九谷織部信楽)

鶴田よめ 家

1 0+1 星

どんまい!

挟み は 波佐見 ですね。( )書きがなかったらわからなかったですが凄いです。
寿々多実果

寿々多美果さん
波佐見焼です!投稿したあとに、あ、波佐見忘れたー、と思ったんですがやり直し方がわからなかったです。ありがとうございます(^^)

鶴田よめ


 うたの日第99993首

新しい炊飯器から新しい暮らしの匂いの広がる1K

遊糸

0 0


 うたの日第99994首

陶器市を楽しむ人の声たちが空の青さに響き渡れる

天野うずめ 家

0 0


 うたの日第99995首

まだ使うと言うけれど金継ぎを施すのにも代償はいる

みかきたい

0 0 葉 はじめて

どんまい!

 うたの日第99996首

まだ使うと言うけれど金継ぎを施すのにも代償はいる

みかき

0 0

どんまい!

昨日 2017年06月13日(火) 明日

出詠した人選歌した人

えだまめ 真坂きみか 加治小雨 まさる 平井港人 みかきたい みかき 松岡拓司 ぽつり 天野うずめ家 大橋春人家 黒井真砂 ミルトン 葵の助 きつね 宮本背水 えみ しま・しましま さな 祐鈴 けら 花鶏 棗 小川けいと 遠木音 黒猫ななこ きい 鶴田よめ家 遊糸 深海 恵 桔梗 木タロー ホシキョウイチ 桜望子 万里葉 藤 かづえ

さな 心音 大橋春人家 宮本背水 あひるだんさー あおい慧 けら ぽつり えみ 遠木音 二宮 隼人 でゅらんた 木タロー ミルトン コタロー家 松岡拓司 きい 寿々多実果 静ジャック 藤 かづえ きつね 衣未(みみ) 苔井 茅 鶴田よめ家 しま・しましま 黒井真砂 祐鈴 真坂きみか 宮坂変哲家 えだまめ 桔梗 小川けいと 平井港人 黒猫ななこ 万里葉 あおきぼたん ホシキョウイチ 桜望子 だゆう 葵の助

37 人

41 人



 2017 06 
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30