うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1163日 】 2017年06月06日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1163 日め 葉 
第36代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
   @aokikenichi 楓奏(ふーか)

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

この先はただ漂うと決めたのにオールを放せぬ自分を嗤う

ぽつり

5 4+1

甘酢あんかけ木蓮ミオナマジコひぞのゆうこ

下の句に漂う虚無感が好きです。やっぱり、誰でも行くあてのない航海は怖いので、オールを放さない人がほとんどだと思いますよ。
ミオナマジコ

軽い冗談のようで、クスッと来ました。
小林一彦


理不尽な停学処分うわばきを漂白すれば灰色の空

真坂きみか

3 3


沈黙を漂ううちに夏空はもう真上まで静脈の色

天田銀河

3 2+1 星

幸香薄荷。

あっという間に異世界に連れていかれました。ありがとうございます。静脈、は素晴らしい語彙選択になると思いますが、初句、ニ句の立ち上がりにやや弱さを感じてしまいました。生意気言ってすいません。
小林一彦

ありがとうございます😊
天田銀河


ぎこちなくケンカの後も朝は来て食卓漂ういつものにおい

幸香

3 2+1


「漂えど沈まず」という箴言を古来より持つパリの往来

雨宮 司

3 2+1 星


きみと同じトイレを使ふ朝が来る漂白剤を入念に塗る

太田宣子

3 2+1


声がまだ漂っている気がしてる ラジオ聞かないテレビも見ない

あーき

3 2+1


ありがとう甘く漂うわたくしを貴女はおなか切って産んだの

衣未(みみ)

3 2+1 星

小林一彦さはらや

かすかにケレン味は感じるけど、良歌だと思います。ケレン味の原因は、甘く、わたくし、あたりですかね。きつめの歌評すいません。でも、やはり気になる歌です。
小林一彦


ラーメンの油のように漂って混ざりあわない幸せもある

淡海わこ

2 1+1 星


まだ呼吸いきもうまくできずにこの町を金魚のように漂っている

木蓮

2 1+1


わたしたち漂流していくはずでしょう どうして港を見つけたの君

なぎさらさ

2 1+1 星

深原滄

なるほど。私は男性を船に自分を港に例える歌を詠んだのですが、この歌は男女がふたりで漂流していて、おそらく男性の方が港(他の女性)を見つけてしまったのですね。悲しいですね。
ミオナマジコ

仲間だったはずなのに気がつけば仲間は寄る辺を見つけていて、なぜか一人で漂ってるやるせなさが好きです
深原滄


ピーターパンシンドロームのコンパスが西を示したままの漂流

中山とりこ

2 2


君がまだ私の世界にいるんだよ漂白剤に沈んでやりたい

深原滄

2 1+1 星

なぎさらさ

漂白剤に沈むという死を思わせる願望が鮮やかに劇的です。
なぎさらさ


きょきょきょきょと遠く聴こえるヨタカの声 レモンの月が闇に漂う

薄荷。

2 1+1

雨宮 司

オノマトペが面白いのと、まるで童話のような世界観が素敵だなと思います。
ミオナマジコ

「月」が「漂う」かな、と思ったりしましたが、雲が流れている時は月が動いている様にも見えるから、まあ、それでもいいかと思い直した。ヨタカは文字通り夜に活動する鳥で、宮澤賢治「よだかの星」にも描写された通り、巧みな飛行で空中の虫を捕ります。星にはなっていないでしょうがね。作中主体が接したのは遠くからの声のみ。星ならぬ月が見守っているかの様です。
雨宮 司


まひるまの平和通りを漂って空になりたし!この青空に

さはらや

2 1+1

WPP

漂っているばかりだな流れ着く岸も知らずに空ばかり見る

猫旦那

1 0+1


このへんをまだ漂っている父の分も購うとらやの羊羹

作中主体は父君がまだ成仏しきれずに漂っていると考えているのですね。「とらやの羊羹」ですから東京近郊かと思われます。その評判は上方にまで響いています。美味しそうですが、「父の分」はきっと仏壇に(あればですが)供えるのですね。いつまで供えておくのかが大問題ですが、深夜か翌朝にお下げするのが普通かな? いろいろ連想が働く短歌です。
雨宮 司


はつなつに豊かな黒髪漂わせ今はなににも染まりたくない

楓子

1 0+1

姿勢がすん、と伸びた女のひとを思い浮かべました。
衣未(みみ)

この歌に♪を入れられなかった自分自身の未明に後悔をいま感じています。短歌は詠みも読みも難しいですね。すいません。
小林一彦


なにもかも忘れてしまいたいことを漂白剤でざぶざぶ洗う

ひぞのゆうこ

1 0+1

忘れてしまいたいことが落ちる漂白剤があるなら、いっぱい買いだめしたいです。
ミオナマジコ


君は船七つの海を漂うの 私は港いつも待つだけ

ミオナマジコ

1 0+1 星


わけはないけどもう会えないらしいよ直線でいまきめるドリフト

小林一彦

1 0+1 星


ハンモック翼をつけてゆらゆらと木々を漂う夢を見ている

花代

1 0+1


漂泊のアサギマダラに刻まれし「あまみ」に遠き渡りを知りぬ

藤 哲也

1 0+1


どこからだ?漂う匂いに誘われて 角を曲がればクチナシの花(焼鳥屋台にすべき?)

甘酢あんかけ

1 0+1 星

どんまい!

最後の括弧に笑いました。
淡海わこ

ありがとうございます!
甘酢あんかけ


梅雨入りの午睡の中で虚無となる 漂白剤が散らばる床に

ゆきの

0 0


漂白に思い募らせ迂闊にも混ぜて生まれた毒にやられる

他人事とは思えない。ホテルのスパで働いている関係上、洗剤には縁がある。本当はしちゃいけないのだが、洗浄の効果を上げる為に、2種類の洗剤を混ぜることもある。換気していないと物騒なのかな? これは大浴場だからできることで、ユニットバスを磨こうとしてこれをやると、もうえげつないことになる。硫化水素やら塩素やらが発生して大変です。真似はしないように。
雨宮 司

雨宮さん、選評有難うございます。
とりあえず塩素系と酸素系を混ぜるのはヤバいかとおもいます。派生して人間関係にも…。

まつぼっくり


昨日 2017年06月06日(火) 明日

出詠した人選歌した人



 2017 06 
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30