うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1161日 】 2017年06月04日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1161 日め 葉 
第36代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
 井田直

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

水たまりこの世を逆さに映し出すあなたは向こうできっと恋人

4 3+1 星

月子岡桃代

「この世を逆さに」がいいと思いました。現実には恋人になれない切なさが感じられました。
岡桃代

♪、♡をくださった方々、ありがとうございました。岡桃代さん、♡と評をありがとうございます。嬉しいです。


真夜中のNHKが映しだす知らない国の動物の群れ

加治小雨

3 2+1

中山とりこ宮本背水

愛好家がけっこうおられるんですね。私はさっさと寝てしまうのですが、夜中に目が覚めた時にはたまに観ています。アフリカはあまり出なくて、ヨーロッパの高山地帯やシベリアのタイガなんかが多いのかな? けっこう好みです。
雨宮 司


遠距離のふたりを繋ぐ話題作 映画館では誰もが独り

宏海

3 2+1 星

といじま深影コトハ

誰もが独り、はカップルで来られない主体の強がりも垣間見えるようで、健気な感じがします。
といじま


南へとしか言はれずに連れられてただ夕映えをきみと見てゐる

3 2+1


あの日見た映画のようなさみしさで中央改札前にいるから

中山とりこ

3 2+1


「フェリーニのモノクロ映画」ってフレーズ 詠み込められず カルアミルク飲む

花 暁

3 2+1


柄になくホラー映画の顔色で君が切り出すクライマックス

といじま

3 2+1 星


雨越しのショーウィンドウに映るのは憧れていた自分だろうか

レジ電鍍

2 2 葉 はじめて


踏切の音に重なる「バイバイ」のどれもこれもが夏の夕映え

天田銀河

2 1+1


プール掃除の水かけあって虹のした映画のような恋をしようよ

宮本背水

2 1+1


地球には音や映像たくさんの輪切になった世界があります

さかな

2 1+1


夕映えにのびゆく影に包まれてベンチは今日のドラマと眠る

岡桃代

2 1+1 星


全力で子供と遊ぶ在りし日の父を映してはしゃいでる母

静ジャック

2 1+1 星


星を映さなくなった天井のいつか消えてゆく形はきれい

文佳

2 1+1


iPhoneに映し出されたあたしたち 嬉しそう、でもどこか不安げ

木タロー

2 1+1


珈琲に映った人が覗き込み間違ってると目くばせをする

大西ひとみ 家

2 1+1

森下裕隆

「珈琲に映った人」は主体自身で、つまり自分が自分に目配せをしているのだと読みました。状況はわかりませんが、珈琲に反射した単なる像である自分のほうが真実を知っているらしいところがちょっとしたホラーですね。
森下裕隆


役目終え赤血球が静脈へ家路をいそぐ夕映えである

たかだ牛道

2 1+1


映像が人生行路を指し示す太宰治はおまえだからな


日本へとミサイルが飛ぶ映像を家族で見てるご飯食べつつ

1 0+1 おとの日


街中にガラスの壁が増えだして視力の悪いわたしを映す

荻森美帆

1 1

静ジャック

そう、それでガラス張りのオシャレな建物は視力の悪い人間にとってはこわいんですよね。共感できます。
岡桃代

ガラスの壁の多い街を行けば、たくさんの「わたし」を見せられる。「視力の悪い」が面白い。あまりよく見えないってことですよね。どう感じているのかを敢えて詠んでいないことでいろいろと創造させられて面白い歌です。
静ジャック


あまり親しくない人と古ぼけた映画の話をした日曜日

涸れ井戸

1 0+1


トンネルは地下へ地下へともぐりおりバックヤードはまばゆい光

井筒ふみ

1 0+1


はつなつの生茶をのめば映像のなかのあなたがほほえみ返す

小泉夜雨

1 1


(星だっていつかは堕ちる)好きだった漫画が実写映画化される

森下裕隆

1 0+1 星


ひさびさの一本を観ればテータムは九歳のまま紫煙くゆらす

CIPHER

1 0+1

その昔『ライアンの娘』という映画もありましたね。てっきりテータムの波乱に満ちた半生の映画だと思っていました。
宏海


あのカフェの無声映画のヒロインにどこか似ていた君の去り際

深影コトハ

1 0+1

ただの「映画」だったらありがちだと思っただろうけれど、少しひねって「無声映画」としたところが上手い。『第三の男』はトーキーでしたね。そうすると何の映画だろう? こう類推していく面白さもあります。いい短歌です。
雨宮 司


ふたりで観たい映画がどんどん増えてく逢えないのに逢えないのに

梶原一人

1 0+1


病棟の外階段に道化師ピエロめく吾の声、ふつり 重き夕映

黒井真砂

1 0+1


水面には ゆらゆらゆれる花の影 今の私のこころ映して

ぐーたろう

1 0+1


はつなつの山滴りて光降るつがうヒバリの高き声映ゆ

1 0+1


今日もまた私の瞳が映してる君の目に映るのは私じゃない

月子 家

1 0+1

どんまい!

横にいるあなたの息が近すぎて映画の筋がほぼうわの空

はるか

1 0+1

どんまい!

とりたてて恐れるものもない日々に戦争映画ばかり観ている

西村曜

0 0


レイトショー終わりの道に星が降り街灯がスポットライトになる 踊りましょう


ああきっとどんなことでも乗り越える映画の中の主人公なら

さくらちあ

0 0


往年の映画に見つけた人影はどいつもこいつもこの世にいない

まさる

0 0


息を吸い息を吐き出し息を吸い息を吐き出す—そんな映像

野守風聴

0 0


夕映えの瀬戸の橋より見晴るかす沖ゆく舟は金色(きん)の水脈ひく

でゅらんた

0 0


白髪にも映える朱色のかんざしを買ってあげる、だから私と、

長月美和

0 0

どんまい!

映画館 暗い中手を取り合って私たちの居場所見つけた

ふるり

0 0

どんまい!

昨日 2017年06月04日(日) 明日

出詠した人選歌した人

でゅらんた 加治小雨 ぐーたろう 西村曜 荻森美帆 たかだ牛道 小泉夜雨 大西ひとみ家 宏海 CIPHER 涸れ井戸 井筒ふみ たかはしりおこ さくらちあ ふるり はるか 宮本背水 花 暁 月子家 岡桃代 静ジャック 長月美和 レジ電鍍 中山とりこ まさる さかな 木タロー 野守風聴 黒井真砂 森下裕隆 天田銀河 梶原一人 文佳 だゆう 深影コトハ といじま

たかだ牛道 宏海 涸れ井戸 さかな 中山とりこ 森下裕隆 といじま ぐーたろう はるか 宮本背水 井筒ふみ CIPHER 木タロー 梶原一人 大西ひとみ家 加治小雨 花 暁 文佳 月子家 深影コトハ 黒井真砂 天田銀河 岡桃代 だゆう 静ジャック

40 人

29 人



 2017 06 
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30