うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1161日 】 2017年06月04日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1161 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
 井田直

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

虫そっとつかまえるときてのひらは余白の多い祈りのかたち

楓子

8 7+1

えだまめ夏凪宮嶋いつく民生冬桜だゆう黒井真砂

命のある虫を大切に捕まえる時の手の形が、偶然とはいえ、祈りの形に似ているというのは不思議ですし、そこに気付いた作者の観察力と、心の美しさに感動しました。
ミオナマジコ


木にとんぼ俺なんかよりいいやつがいると言われてまだ木にとんぼ

中牧正太

5 4+1

WPP久哲二宮 隼人祐鈴

これは秀逸! 動かないのにこの動き。好きだな♡
久哲

ふられたのかと最初は思いましたが、別れ話に酔った男の話をちゃんと聞いてない主体と思うと、その集中力のなさが清々しいような気がします。
祐鈴


思ひ出が片隅にゐる虫籠のふたを開けても飛び立てぬまま

桔梗

5 4+1 通算850首詠


こわごわとバッタを捕まえられた日は「ボク」から「オレ」に背伸びをした日

夏凪

4 3+1

ミオナマジコあおきぼたんしちみとう

男の子って、僕と俺を使い分ける子がけっこういますよね。私の弟も、友達の前では俺だけど、家のなかでは僕と言う子だったなあと懐かしくなりました。
このお歌は、一人称を僕から俺に変えるきっかけとして、バッタを捕まえられたことを選んでるのが具体的に想像できて、可愛くて、秀逸だなと思いました。

ミオナマジコ


青虫の気配にひとり怯えつつキャベツの葉っぱを丁寧にむく

薄荷。

3 2+1

万年青きい

わかります。虫がいるってことは、それだけ、農薬を使ってないってことで安全な美味しいキャベツなのでしょうが、怖いですよね。生活感が出ていていいなと思いました。
ミオナマジコ


まちなさい丸めた新聞置きなさい よく見てわたしクワガタのメス

万年青

3 2+1

ホシキョウイチ山口正剛

嗚呼!確かに、私も苦手なあの虫とクワガタのメスは似ているかも……
虫は全般的に苦手なので、クワガタのメスも怖いですけど。

ミオナマジコ


「虫偏で好きな漢字は虹だけ」と天まで翔んだ向田邦子

ミオナマジコ

3 2+1 星

大橋春人苔井 茅

向田邦子、そんな発言をしていましたか。ずいぶん読んだつもりでしたが、まだ細かい文章を読めていませんね。「天まで翔んだ」が、上手いんだけれど洒落になってない。飛行機事故で亡くなりましたからね。虹の橋を渡って彼岸にまで行ってしまいましたか。あまりにせつないですね。
雨宮 司


どれだけの命の重なりなのだろう虫も虫に虫を与えるおれも

メモリ

3 2+1


両の手に包まれてなお恋蛍 わたしはここよと儚く光る

ゆきうさぎ

3 2+1


みどりむし以下のわたしがゆっくりとはきだしている二酸化炭素

大橋春人 家

3 2+1

ミルトンこりけケリ子

そういえばみどりむしは光合成をするので二酸化炭素は吸収するのだなあ。
こりけケリ子


ニセクロホシテントウゴミムシダマシ言いたいことは小さい声で

こりけケリ子

3 2+1 星


虫かごに閉じ込めていた輝きにおわりがあると気付けなかった

しちみとう

2 1+1 星

しま・しましま

子供の頃の苦い想い出でしょうか。子供が生死について考えられるようになるのは個人差がありますからね。命を輝きと表現されたところが素敵だと思いました。
ミオナマジコ

結句の「気付けなかった」に込められた後悔と傷ついた気持が印象的なうただなって思いました。「輝き」は、何か光沢のある虫かも知れないし、蛍のような発光する虫かも知れないんですが、そういう具体的な虫ではなくて命そのもののことかも知れないなとか思いました。
しま・しましま

幼い時には、けっこう多くの人がやってしまう失敗です。「耀き」とは生命の輝き、つまりは生命そのものでしょう。それに終わりがあると、あまりに元気なので気付けなかったのです。私にも覚えがありますが、虫かごの中ではなまじ元気なので、死をなかなか実感できないのですよね。
雨宮 司

ミオナマジコさん、しま・しましまさん、雨宮 司さん
自分の実家では昔はすぐ近くの木にクワガタがいたり、夜には庭のちょっとしたところにも蛍が光っていたりしました。つかまえてたりもしてました。そんな虫たちの姿が見られなくなった今、あの頃の自分をこんなかたちで詠ませていただきました。
ご丁寧な評をありがとうございました。

しちみとう


堂々とダンゴムシ役演じ切り君が一番輝いていた

あおきぼたん

2 1+1

藤 かづえ

幼稚園や保育園の発表会か何かでしょうか。きっと、お家でも親御さんの前で一生懸命ダンゴムシの台詞を覚えて練習して本番を迎えたのでしょうね。微笑ましい光景ですね。
ミオナマジコ


河川敷カマキリ姿でかけまわる香川照之五十一歳

笠和ささね

2 1+1

メモリ

香川照之さんは名優ですけど、虫への愛と知識が半端ないですよね。あの番組、虫嫌いの私でも面白いと思います。
ミオナマジコ


この部屋の手塚治虫を読破するまであの人が好きでいられる

祐鈴

2 1+1 星

すずめ

こう歌うからには、たくさん持っておられるのでしょうか。わざと一年に1冊とかにして長く愛を培って頂きたいです。
伏屋なお


杉の横とおりかかってヒグラシの鳴いているのをとめてしまった

ミルトン

2 1+1


秒針に蝶が一周やすむ間に息をととのえ待つ花時計

山口正剛

2 1+1


飛ぶことをせぬカブトムシ一歩ずつ大地の夏を横切ってゆけ

藤 かづえ

2 1+1

ゆきうさぎ

夏の大地、ではなくて「大地の夏」という表現が面白いなって思いました。「横切ってゆけ」と言っている主体の視線はカブトムシという一点に向いているんだけど、「大地の夏」がイメージを大きく広げているようでした。
しま・しましま


カマをもたげ威嚇する虫はありヒトと対峙し恐ろしかろうに

えだまめ

2 1+1


イソップのキリギリスのようなあいつも今じゃ立派な大黒柱

可奈美

2 1+1


空っぽの虫かご提げて帰りくる子からはクヌギ林のにおい

ナタカ

1 0+1

虫取りに行って、虫を取れずに帰ってきた子供を描写されたうたでしょうか。「クヌギ林」という断定のしかたがいいなって思いました。虫は取れなかったようだけど、きっと自然を十分に味わった満足感みたいなものが漂っているようでした。四句目頭の「子からは」の「は」が少し気になりました。
しま・しましま


だれの趣味だったのだろう 目を逸らすきみの右肩翅ひらく蝶

二宮 隼人

1 0+1

瞬間的に目に焼き付けられたタトゥーを想像しました。あとからもやもやと湧いてくる疑問がなんとなく生々しくていいなって思いました。
しま・しましま


爬虫類館がいちばん好きな人「カメレオン似」は褒め言葉だった

冬桜

1 0+1

ふふふ。この人にとっては、どんな動物よりもカメレオンが可愛く見えるのでしょうね。虫ではなく爬虫類に着目された点が素晴らしいなと思いました。
ミオナマジコ


手のひらに蚊の返り血を浴びしかど君の仇討ち成し遂げにけり

すずめ

1 0+1


虫愛づる姫君も人を愛するか不器用な愛し方かもしれず

瀬戸さやか

1 0+1


「腹の虫が治まらない」と言う鯖を人間どもが恐がってます

宮嶋いつく

1 0+1


毒親と不意に呼ばれた細道で濡れ衣だよね毛虫の卵

伏屋なお

1 0+1 星


虹も生きものなのだろうか確かめるべく殺虫スプレーを撒く


指先のてんとう虫が翔ぶまでをうれしそうに君が笑うのを

民生

1 0+1


いとさきものを見おれば何とまあさきちいさきヒトのわたしよ

WPP

1 0+1


虫の息まだ聴いたことは無いけれどハンカチかぶった祖母よりきっと


高みから信号光る夜の道 羽虫のように車が行き交う

きい

1 0+1


「人見知り」「雷怖い」「虫苦手」全員同じカテゴリなんだね

ぽつり

1 0+1


チューハイやスナック菓子で溜め込んだおなかの虫を全滅させる

西淳子

1 0+1


集中と散漫 草に手を伸ばせばひかりになってゆく虫

しま・しましま

1 0+1 星

作者ですが、脱字に気が付きました。
集中と散漫 深い草に手を伸ばせばひかりになってゆく虫
と投稿するつもりでした。

しま・しましま


虫なんて無視してしまえと笑い合う確かにあった夏の日のこと

岡内 祐治

0 0 葉 はじめて


泣き虫と笑われている背の高いあなたに帰る吾ミンミンゼミ

中西なおみ

0 0

aikoのカブトムシみたいで良いですねー。ヘキサゴンの歌も出てくるかなー。どちらにしても好きな歌なので良いなと思いました。
伏屋なお


ひる燕 よるは蝙蝠 羽根を持つ むしは餌食や 夏のそら見つ

金魚先生

0 0


折りまげてながあくのびた虫の背は肩こりなどを知る由もなし


一寸の虫にも五分の魂といったものだよばさりと飛んだ

心伝

0 0

どんまい!

昨日 2017年06月04日(日) 明日

出詠した人選歌した人

冬桜 ミオナマジコ WPP ナタカ 中牧正太 中西なおみ 祐鈴 万年青 しちみとう 大橋春人家 ぽるかどっとみずたま 伏屋なお ぽつり 夏凪 岡内 祐治 心伝 えだまめ メモリ 宮嶋いつく 薄荷。 西淳子 民生 笠和ささね すずめ 楓子 たかはしみさお 山口正剛 しま・しましま 藤 かづえ きい 可奈美 ミルトン あおきぼたん こりけケリ子 ホシキョウイチ 金魚先生 二宮 隼人 桔梗 瀬戸さやか ゆきうさぎ

けら 大橋春人家 伏屋なお 西淳子 中牧正太 すずめ ミルトン ゆきうさぎ ミオナマジコ 万年青 メモリ WPP 久哲 えだまめ 瀬戸さやか 二宮 隼人 ぽつり こりけケリ子 ホシキョウイチ 夏凪 あおきぼたん しま・しましま ぽるかどっとみずたま 笠和ささね 可奈美 薄荷。 楓子 きい 宮嶋いつく 苔井 茅 しちみとう 山口正剛 ナタカ 静ジャック 民生 冬桜 藤 かづえ 祐鈴 桔梗 だゆう 黒井真砂

40 人

41 人



 2017 06 
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30