うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1150日 】 2017年05月24日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1150 日め 葉 
第36代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

出生をうらやみもせず窓越しの名をもつ猫ともたないスズメ

山口正剛

6 5+1 星

大西ひとみ多香子衣未(みみ)宮本背水榛 瑞穂

第二句までが特にいい。「窓越しの」だから、ガラス窓を挟んで向かい合っているんでしょうね。当然ながら、室内にいるのが猫で、屋外にいるのがスズメ。猫は自由を制限されているのかもしれないが、餌には困らない。スズメは生きるだけで精一杯かもしれないが、自由である。お互い、今の境遇には満足している様だし、相手の境遇を知る由もない。だから「うらやみもせず」なのです。
雨宮 司

今日はすごくいいと言う歌はなくて(個人的感想)こちらをハートにしましたが、少し理屈かなとも思いました。私は高い所に住んでいるので、窓越しの猫に逢えないのですが、窓越しのスズメには「ちゅんこ」とか「ちゅんた」と名を付けています。(同一個体かどうかは不明ですが)
多香子

無邪気な猫とスズメのお歌のようで、出生を云々と言う人間に、ただ生きればいいのよと言っているようにも感じました。
大西ひとみ

そして、猫とスズメは顔や見た目もどことなく似ています。(可愛い)
衣未(みみ)

みなさん、ありがとうございます。
山口正剛


映画館出たらあなたも笑っててそこから続くハッピーエンド

あおきぼたん

5 4+1

浮き寝鳥伏屋なお遠木音夏凪

映画のハッピーエンド、恋のハッピーエンドだけでなく、なんとなく円満なハッピーエンドまで見える気がしました。最初に見えたのが円満なハッピーエンドだったので、こういうエンドがあっても良いかなと余計に胸に迫るものがありました。
伏屋なお


一日のはじまりという人もいる このひかりはそう夜の出口だ

夏凪

4 3+1

むうこ天田銀河山口正剛

朝は夜の出口、という捉え方が好きです。まるでトンネルを抜けるときのようだと思いました。
むうこ


できるなら明日の晩も夢に出て私を励まして阿部サダヲ

ひの夕雅

3 2+1

nonたんだゆう

「阿部サダヲ」という固有名詞が絶妙すぎますね…!お疲れ気味でも元気になれそう。
黒井真砂


教科書の写真にうつる”戦争”が飛び出してきた 午後のニュースで

苔井 茅

本当に、そのようなきな臭い世の中になって参りましたね…。出来るなら、このまま「戦争を知らない子供」で人生を終えたいものです。
黒井真砂


残された靴ひんやりと靴箱に 出すこともなく色褪せもせず

銀のお匙亭

2 2

セトリョーシカひの夕雅

上の句良いですね、その分結句は色あせるほうがいいような気がする。(実際にはそう簡単に色あせないけど)
多香子


顔色の悪い苗木にやさしくするふりして只々虹を生み出す

黒井真砂

2 1+1 星


頭では欠片になった思い出が詰まってまわるまわる万華鏡

榛 瑞穂

2 1+1


大人でもブランコ漕いでいいだろう声が出ないや"す"の先の声

nonたん

2 1+1


脱出はいつでも華麗なるゲーム退路銀河のやうに崩れて

天田銀河

2 1+1


今はもう音も立てない鳩時計古びた家に鳩も出ません

多香子 家

2 1+1 星


発表会、馬の出番はないらしい途方に暮れるアニマルマスク

伏屋なお

1 0+1 星

忘年会の余興とか、いつか出番があるといいですね。(我が家の馬の被り物は息子の体育祭で活躍しました)
寿々多実果


無垢なる詩人出獄祝ひに参じたは万年筆屋の亭主ばかりと


朝八時修学旅行のバスが行く出発だぜっと弾みつつ行く

遠木音

1 0+1


青空の果ての出口に行きますか・・・? もう少しここで踏ん張ってみる

むうこ

1 0+1 星


晴れやかなさみしさ胸に抱きながら明日に向かう出立の朝

三月海月 家

1 0+1


スーパーの出口で犬が待っていてへっぴり腰で飼い主を待つ

大西ひとみ 家

1 0+1 星

「あら~待ってるの~」とワンコに声を掛けたくなる場面。好きです。「待つ」が2回使われているので、「待っていて」の部分でまだ何か表現できそうでもったいない気がしました。
寿々多実果

「待つ」語が二回出てくるのが惜しい。三句が違う物にするとぐんと良くなると思う。
多香子

評を書いたあとに気づいたのですが……待っているの犬の横で主体(別の犬?人?)も飼い主を待っているとも読めるのかと思いました💦
寿々多実果

ミスりました。下書きと違う、打ち込みミス(泣)
大西ひとみ

寿々多実果さま、二度も評を送って頂きすみません。
仰る通り三句目が書き間違いです。

大西ひとみ


むき出しの鎖骨に細き鎖揺らし月のひかりをすり抜けてゆく

太田宣子

1 0+1


「出」を見てチューリップだねと言う君 お花の色は何色ですか

冬夜

1 1


くしゃみ出た 誰かが噂をしているねあらあらまた出た人気者だね

いろせ

1 0+1


美容院出た瞬間に大雨に降られそのまま出席をした

これはまたひどい目に遭いましたね。せっかくの髪のセットが台無しになってしまったでしょう。それでも出席せねばならないのは、おそらくは大学のゼミか参観日の授業。そうなると作中主体は女性の確率が高くなりますね(まあ、最近では男子でも美容院に行く人が増えてはいますが)。性格の根本は真面目な方です。短歌の背景が見えないから絞りきれませんが、それでもいいかと思います。
雨宮 司


入り口が無いし出口も無いだろう 自己完結の螺旋階段


満月にみとれてあるく深夜しか人がこわくて外に出れない

ミルトン

0 0


この終わりけっこう風が強いので演出みたいに叫んだけれど

照屋沙流堂 家

0 0


出る杭は打たれる世の中なんだけどきみとなら出る杭になる覚悟がもてるよ

うた猫

0 0

どんまい!

出雲には神在月が有るといふ常陸の国のわれはもののふ「ももクロのファン」の意味

こたきひろし 家

0 0

どんまい!

昨日 2017年05月24日(水) 明日

出詠した人選歌した人



 2017 05 
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31