うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1147日 】 2017年05月21日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1147 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
 田中しらす

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『 ボロ 』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

ポケットからぼろぼろ星を落っことすように膝上に散らばるアポロ

文佳

7 6+1

寿々多実果なぎさらさ衣未(みみ)ハナゾウわらび

アポロはアポロチョコのことなのだろう。
村田馨

落ちたアポロを星に見立てたのが可愛らしくて。
膝上とありますが、ぜひズボンではなく、スカート(ワンピースだとなお)だと可愛いなあと思います。

わらび


バッテリーゼロの自転車ゆらゆらとおぼろ月夜を口ずさみゆく

苔井 茅

5 4+1 星

小川けいとえんどうけいこ大西ひとみだゆう

たくさんの方から♡、♪をいただけてびっくりです。
どうもありがとうございました。

苔井 茅


恋を消すハーブ並びし市場へと「スカボロー・フェア」ながれてきたり

松岡拓司

3 3

雨宮 司ぽつり文佳

「スカボロー・フェア」については、以前に説明したことがあったと思うのだが、イギリスに古くから伝わる民謡で、死と深く結びついている。恋を消したいだけなのに、死が絡んでくるのはあまりに物騒。でも、それが恋愛の本質であるのではないか。塚本邦雄の「人恋はば人あやむるこころ」ではないが、相手がいなくなればいいと思うほどに翻弄されるのが、恋の本質だ。御注意を。
雨宮 司


うつむきて哀しき名にも耐えているダンドボロギク雑草は強し

多香子 家

3 2+1 星

夏凪WPP

この雑草の名を懐かしく感じる人は、故・河野裕子の歌集を読みこんだ経験がおありの人だと思うのですが、いかがでしょうか。まあ、私は思い出語りをするほど故人を知っているわけではないので、この話題はこれくらいにしておきます。それにしても、ダンドボロギクとはひどい名前だ。植物には罪はないけれど、名前に耐えると思うのは感情移入のしすぎかな。
雨宮 司

結句が秀逸と思いました。
WPP


雨が降るまで気づかずに穴空いた安全靴でお茶汲みしてた

3 2+1

nonたん黒井真砂

安全靴としての用途を果たしていないところが悲しい。
村田馨


メイクして自分のボロを隠したら3度となえる大丈夫って

さくらちあ

2 2

浮き寝鳥

わかる。私は「まだいける」と唱えるけど、メイクでは隠しきれないぼろを出してしまうんです。
多香子


着古したTシャツあるいは毎朝のヤクルトみたいな恋は愛ですか?

夏凪

2 1+1

詩音

「からころもきつつなれにしつましあればはるばるきぬるたびをしぞおもふ」が答となるかな? 日常に埋没しそうな恋でも、それは立派な恋愛なのです。しかも、刺激に満ちた新しい恋愛がどう逆立ちしても敵わない点がひとつあります。それは阿吽の呼吸です。幾多の試練を超えて老成してきた恋愛感情は、空気の様なものです。普段は意識されないけれど、なければ困る。そんな存在なんですよ。
雨宮 司


好きだ好きぼろぼろなおんと鳴く猫だ発情期だよ逢いにきてくれ

ハナゾウ

2 1+1

多香子

自分の歌と全然違う調子の歌を採りました。この猫は素直な猫でよろしい。逢いに来てくれるといいですね。
多香子


かりそめの夫婦であったボロが出て傷つけ許し固まるまでは

木蓮

2 1+1


ボロ布でタイヤダストをぬぐい取る溝が浅いか圧も低めか

苔井 茅

なんかかっこいいです
WPP


ボロクソになった秘密を埋めましたそしたら何故か泣けてきました


馬糞ボロをとる丹念にとるレース後は厩舎に帰る戦士のために

村田馨

1 0+1


路地裏でシガーキスしたマルボロはもう吸わないと決めたあのとき

1 0+1 星

「マルボロ」とか「ボロ」で考えた言葉が皆出てきて楽しい。自分のと被らないのも嬉しい。
多香子

多香子様、音符と選評をありがとうございました。
ひとそれぞれ、いろんなボロがあって楽しかったですね。マルボロが私だけというのは少し意外でした。

音符をありがとうございました。


おんぼろのたましい引きずり乗り込んだ夜行列車は星の彼方へ

なぎさらさ

1 0+1

銀河鉄道999のような感じかなと思った。
多香子


らんらんるー心に歌があるならば身に纏(まと)いたる襤褸(らんる)を恥じず

照屋沙流堂 家

1 1


思い出がボロボロボロボロこぼれ落ちひたすらネジをのの字に締める

大西ひとみ 家

1 0+1


ぼろぼろのアンパンマンは自らを救えず棚で持ち主を待つ

小川けいと

1 0+1


スカボロー・フェアがどういう歌詞なのか知らないままでいる方がいい


BOROボロが歌う「大阪で生まれた女」今も難波なにわの心に響く

雨宮 司

1 0+1 星

「ボロ」も考えたけど、関西人じゃないので詠むのは遠慮しました。名曲。
多香子


スカボロフェアみたいに伝言する君はもう戻らない覚悟をしてた

寿々多実果

1 0+1


後輪のスポーク2本抜けていた3年間の通学の痕

nonたん

1 0+1


ボロネーゼ名前を知らない姪っ子の口、指、服がオレンジになる

遠木音

1 0+1


甥っ子の服を作って知る言葉剣ボロ、ガジェット、ベンツ、開き見せ

ぽつり

1 0+1

どんまい!

ぼろぼろとこぼれたガラス「踏んじゃった」「昨日交通事故があったよ」

弥生

0 0


ボロボロになった表紙の詩集にブックカバー付け大事にしまう

龍也 家

0 0


ボロになるまでが人生擦り切れて薄汚れたら いや でも続く

堂那灼風 家

0 0

どんまい!

昨日 2017年05月21日(日) 明日

出詠した人選歌した人



 2017 05 
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31