うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1145日 】 2017年05月19日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1145 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
 桔梗 きょん姫 棚笠

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

真夜中の道を歩けば吠えてくる犬にはばれてしまう憎しみ

ミルトン

6 5+1

伏屋なお七緒荻森美帆ナタカ静ジャック

犬は主体さんに吠えてたんじゃないのかもしれないですね。主体さんを取り巻く憎しみに対して「離れろ! お前がいるから(彼・彼女)は苦しんでるんだ」と、訴えているのかもしれません。だとしたら優しい子ですね。
伏屋なお

犬が吠えるのは人間そのものではなく、人間のもつ憎しみに対してであるというのがおもしろいと思いました。
ナタカ

動物は敏感ですよね。でも実は憎しみを抱いている疚しさが、ばれて吠えられていると感じさせているだけなのかもしれません。とても共感できる歌でした。
静ジャック


寄り道を寄り道だって言えたのは家で誰かが待っていたから

多賀盛剛 家

5 4+1


はつなつのきみの便りのはじまりに「歩道の広いまちです」とあり

東風めかり

4 3+1

西村曜文佳たかだ牛道

いいとおもいます 結句の言いさしとかハ行音の頭韻とかテクニックがちょっとうるさいんですけど(すみません‥)でもいいとおもいました
君から届いた便りから得た町の情報‥たぶん主体とは離れたとこに住んでいて引っ越したりしたのかなその自分の住む町について書いているのかなと読みました でもやっぱこの歩道情報はなかなかおもしろいやつだなとか詩やってんのかて思わせるものがありますね まあほかにいろいろ述べたなかにちょっとしたこととして書かれていただけかもしれないんですけど ただ歩道が広いていうのは町の住みやすさとか治安の良さとかも連想されますけど人と人との距離の遠さみたいなことも感じます はつなつの新生活にもすこしづつ慣れてきたころの手紙ににじむふるさとや主体への懐かしさていうのが出てきてますよね あ、さっきいろいろ書いた後に歩道のこと言ったのかなて書きましたけどはじまりに歩道のこと言ってるのかーやっぱ詩やってそうだな

白黒つけたいカフェオーレ


都道府県パズルに飽きて鳥取を握ったままで眠ってしまう

ナタカ

3 2+1 星

といじま松木秀

バカリズムさんですかね。全体で捉える度量はなかったですねー。なるほど、これは良いと思います?
伏屋なお

小さい頃は時間がかかるものなのですよね…鳥取だったらあとちょっとだったでしょうね。
といじま


坂道にくれば駆け出す子どもらのひとりひとりの耳もとに風

西村曜

2 1+1


わたくしは北海道が好きなのです目に見えるのがいい感じなのです

久保 直輝 家

2 2

森下裕隆白黒つけたいカフェオーレ

北海道が好きな人はいるんですけどその理由ていうかまず言いたいことが目に見えることだと言う人はいないですよね ふつうなら食べ物がおいしいとか自然が豊かとかそう言うとおもう
もちろん北海道目に見えるし見えなかったら霊界とかそういうことになりそうですけどそんなの当たり前でちょっとおかしい歌ですよね ただ北海道のよさなんてみんなけっこう言い尽くしちゃってるしいまさら分かりきったことについて自分の感想として表明することのダサさみたいなのあるのかな あと「目に見える北海道」てたぶん地図とか天気図とかで見る北海道ですよね なかなか実際の畑とか町とか見て「北海道だ」て思わないしあるとすれば「ごらんあれが竜飛岬」みたいな上陸前に陸地が見えてる時くらいぢゃないですか そういう意味でこの下の句は(本当に最も分かりやすさを考慮するなら)北海道の形が好きてことなんですよ いや本当はもうすこし複雑なんですけど
北海道てみんな形だいたい書けますよね 埼玉とか岐阜の形書けて言われても書けない人たくさんいるけど北海道は書ける あと概念としても「北の大地」「酪農王国」みたいな共通したイメージがあってそういう安心できるかんじをここで端的に表現する手段として目に見えるて言ってるんですよこれは 本当はもうすこし複雑なんですけどね わたしもいいかんじだとおもいます

白黒つけたいカフェオーレ


都も県も府だって無くてもわかるのに北海だけだとどこかわからん

しぇる亭

2 1+1

多賀盛剛

これもまた面白い着目点ですね。道の存在の有り難さが歌われている気がしました。
伏屋なお


真っ白な誰かが残した道しるべしろつめ草の花が落ちてる

薄荷。

2 1+1

童話のようで、どこにその道はつながってるんだろうって思える所が好きです。
望(ぼう)


ハンドルを握る父の背大きくて23時の高速道路

冬桜

2 1+1


生きることの意味とか何も考えずひたすら歩く哲学の道

静ジャック

2 1+1 星


「ついてこい」「ついていきます」よりわたし「一緒にいこう」がいちばんすきよ

棚笠

2 1+1  Birthday


散歩みち道案内を申し出る猫に足元じゃれつかれゆく

居待月

2 1+1


きみにもう会えなくていいと決めた日の星の光が歩道をひたす

文佳

2 1+1

薄荷。

下句「星の光が歩道をひたす」がいい。私はかつて「夜中の粒子」という表現を使ったことがあるけれど、それよりは息をしづらい感覚がある気がする。これが「月の光」だと完全に窒息しそうだけれど、「星の光」だとさほど量がないイメージがある。まあ、浸されるのが歩道に限定されていて、若干の救いがある。
雨宮 司

歩道ていう言葉にちょっと違和感があったんですけど(わざわざ歩道なんて言い方するかな単に道ぢゃなくて) で字数のあれかもしれないけど都会の歩行者用に整備された歩道のことかなて読みました そしたらけっこう主体の背景とかが見えてくるかんじがして街灯が照らしてるかんじとか「歩道」て言葉よかったかなとおもいます
ただいま気づいちゃったんですけど星の光が照らしてるんですね‥ 歩道に関してはわたしのなかで田舎道より駅の周りとかを想像しちゃったのですこしイメージとちがったかな
あともうひとつ 会わなくていいよりか会えなくていいて言い方に未練を感じてそこもすきでした

白黒つけたいカフェオーレ


ペダル踏む踏む道端に何の花はつなつの花また前へ踏む

といじま

2 1+1 星

黒井真砂

踏むの反復おもしろいとおもいます 踏むの前後一字空けたりすると場面の切り替えとか分かりやすいかなとも感じました
ただ道端に何の花はつなつの花ていうのは結局それがなんの花か分からないし(主体が分かってないていうことなんでしょうけど)(はつなつの花ていうのは分かるのかーともおもった)全体の構成としてすこし疑問でした

白黒つけたいカフェオーレ


控えめなお菓子を買ってコンビニをサッと出て行く道着の少女

森下裕隆

1 0+1


落ちている髪を拾っていただけでだいぶ遠くに来ちゃったみたい

一〇〇八

1 1


この道を右に曲がって信号を三つ越えるとあなたがいます

荻森美帆

1 0+1

普通だったら「あなた」ではなく第三者(「彼」とか「彼女」とか)がいる場所を教えるはずなんだけれど、「あなた」に「あなた」の居場所を伝えているのが変わっているし、不思議でもある。本来ならあり得ない話だからね。道を尋ねる時に「すみません、わたしはどこにいますか?」と言う人がいるかもしれない、という過程が奇妙さを助長している。
雨宮 司


うつくしく結ばれた人を追い越してひとりで歩く まっすぐあるく

七緒

1 0+1


サラリーマン二、三人いる夜の路地全ての道は闇へとつづく

野守風聴

1 1


選ぶのはひだりの道と決めている ピーター・フォンダもきっとそうする

たかだ牛道

1 0+1


おばあさん昔の話きかせてよおぼえてないほど遠い日のこと

涸れ井戸

1 0+1


学校の茶道の時間はお茶会で美味しいお菓子弾む恋バナ

望(ぼう)

1 0+1


藤原道長を最終として欠けたり藤原氏の望月は

松木秀

1 0+1


道の駅の珍味のような私でもリッツに乗せて食べておくれよ?

伏屋なお

1 0+1 星


真剣にひとつひとつの道選び今ここにいる曇りなき空

さな

1 0+1


かわいくない酔い方をして茶道部の後輩を呼ぶ カレーが出てきた

どんまい!

窓もなきちさき病室にて母の手を取り想う道のあとさき

chari 家

0 0


国道のコンビニだった一度だけ受けたあなたの恋愛相談

天野うずめ 家

0 0


地下道の昭和に描かれた壁の画にまつげを描いた少年はどこ?

ゆきの

0 0

すみません 好みでしかないんですけど絵に誰かがまつげを描き足したていうことがもう詩になってるのでそこからそれが誰の仕業かいまどこに行ってしまったのかていうことに歌が向かっちゃったのが残念でした 結びもあまり短歌ぽくないし(読み手に語りかけるようなやり方はおもしろいとおもいました、けど)4句目までの情景がいいのでそこから視点を逸らされたくなかったんですよね
あとそれを描いたのが少年であるということは分かってるようで主体と少年の関係とかそこの背景もにおわせていておもしろいとおもいます

白黒つけたいカフェオーレ


酒を持ち母の後ろを行く道は薄暮で自転車少し危ない

だゆう

0 0

どんまい!

昨日 2017年05月19日(金) 明日

出詠した人選歌した人



 2017 05 
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31