うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1143日 】 2017年05月17日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1143 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『 さっき 』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

この夜が終わらないようさっきからババを引きあうゲームが続く

多賀盛剛 家

5 4+1


さっきまで妬ましかった東京があなたのせいで憧れになる

山口正剛

3 2+1 星

さな静ジャック

「あなた」の話す東京がとても魅力的だったのか、「あなた」が東京を離れるつもりがないとわかって、東京に行くほかないと思ったのか、ドラマみたいな情景が目に浮かぶようです。そして何よりリズムがとてもいいです。
静ジャック

みなさん、静ジャックさん、ありがとうございます。
山口正剛


何気なく君が手折ったひと枝はさっき開いたばかりの薔薇だ

静ジャック

3 2+1 星

といじま榛 瑞穂

これは現実の光景としても心が醒めていくと思いますが、(恋や感情を知ったばかりの)人間を薔薇に置き換えた比喩だと考えても悲しい歌です。
といじま

「君」には悪意がないんだけれどねぇ。たまたま手折った薔薇の花が、開いたばかりのものだったというのが、ついていないというか、不運だったというか、ともかくお話になっていない。でもね、誰かにプレゼントするつもりで無作為に摘んでいたのなら、とてもいいセンスをしている。ともかく、摘んだものは仕方ないから、大事に活けてくださいね。
雨宮 司


さっきまで送ってくれた人のいて優しいカーブの薄緋うすあけの月

さな

3 2+1 星

さかな村田馨

薄緋の月。色を選ぶセンスの良さにあこがれる。
村田馨

村田馨さん、色の名前が殊の外すきなのです、嬉しいお言葉ありがとうございます
さな


ついさっき星たちは寝たよ 呼吸すらためらうような真っ白な街

さかな

3 2+1


ついさっき通り過ぎてたタバコ屋で子猫が一匹生まれたらしい

野守風聴

3 3


靴下を履いていなかったのを見てさっきの母と違うとおもう

ミルトン

3 2+1


瞬きもせずにこちらをさつきから見てゐるMaryQuantの花

東風めかり

3 2+1 星


沢庵がやけに真っ直ぐ切られててさっきの怒りぶり返しくる

大西ひとみ 家

2 1+1


唐突にさっきは楽しかったねと言っても笑ってくれたひとの死

榛 瑞穂

2 1+1


さっき見た車に人が乗ってないトンネル照らす黒いセダンに

2 2

CIPHER東風めかり

夏も近くなりこういう歌は大好物です!
東風めかり


さっきまで伝えるつもりでいた言葉 所在なさげで「生中ひとつ!」

木タロー

2 1+1 星 葉 はじめて


さっきあんなことまでさせて「別れよう」軽く言うけど。あなたに殺気

えみ

2 1+1

木タロー

頭と終わりが「さっき」ですね。こんな感じ好きですよ
木タロー


さっきまで寝ていたはずのあの人が「デモクリトス」とちゃんと答える

冬桜

1 0+1


さっきから市内放送われの名を呼んでいるけど散歩だからね

松岡拓司

1 1


さっきからずっと保留で指先のボレロはクレッシェンドしていく

といじま

1 0+1 星


「ねえさっき好きって言った?」三歩後に言ったと自白して駆け出そう

石海史乃 家

1 0+1


夕立ちの車窓を覆う鱗らにまぎれて消えたさっきの涙

櫻井朋子

1 0+1

鱗。鱗雲だろうか。季節はちがうが。
村田馨


さっき見た夢であなたは死んでたよ大丈夫良いほうの死だから

橙田千尋

1 0+1


つかの間とまたたく間とのまん中できみの殺気はもう消えている

村田馨

1 0+1 星


さっきまで夢中で喋っていた吾子はパスタを口に垂らして寝てる

はるか

1 0+1


全身に殺気を浴びるほど強く愛されたい夜泣かされたい夜

CIPHER

1 0+1


「さっきって逆から読むと喫茶だね」帰った後で回文やろう

松木秀

1 0+1

回文ネタは考えなかったな。何気ない雑談から話が思いがけなく発展していくのがいいですね。とても軽い作風なんだけれど、この短歌には、こうした軽さが非常によく合っています。たぶん、回文という知的遊戯に収斂させたのが功を奏しているのでしょう。とにかく、軽やかさが非常に味のある短歌です。
雨宮 司


さっきから髪を撫でてるあなたの手 触らせないの顔や胸には


死にたいとかさっき言ったことは皆酒のせいだよ君と生きたい

涸れ井戸

1 0+1


殺気予知皮膚センサーがアラームを うしろを向くと黒猫がいる

たかだ牛道

1 0+1


皿が空き ねぇさっきまで何を喋ってたっけと君が箸を転がす

本日 春彦 家

0 0


徹夜明け腐った頭を殴る声「あのプリンならさっき食べたよ」

翠川みどり

0 0


さっきから僕を見ている視線あり父のようなる優しき視線

天野うずめ 家

0 0


さっきまでいたと思った君はもう遠くにいった疾風のよう

心伝

0 0

月光仮面?われながら、古いなあ。
村田馨


ねえ知ってる?貴方の背中に投げるのは愛なんかじゃないこれは殺気よ

いろせ

0 0

どんまい!

さっきまで蜃気楼でもかなわないそういっていたが叶う頃かな

だゆう

0 0

どんまい!

願い事?
村田馨


昨日 2017年05月17日(水) 明日

出詠した人選歌した人



 2017 05 
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31