うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1142日 】 2017年05月16日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1142 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『 グリーンピース 』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

本当はにがてなはずの豆ごはん「ぼくが剥いた」と自慢げに食む

幸香

4 3+1 星

居待月ミオナマジコ寿々多実果

子供の食わず嫌いを直すには、親子でお料理をするのがいちばんいいと言いますね。微笑ましいお歌です。豆=グリーンピースと連想できるかどうかというところが気にはなりましたが、大好きな世界観です。
ミオナマジコ

ほほえましい食卓が目に浮かびました。グリーンピースが嫌いなお子さんがお手伝いをして嬉しそうに食べているのを、お母さんがあたたかい目で見ている、そんな様子が伝わってきました。
岡桃代

一つまた一つと経験が増えて大人になっていくんですね。広がりを感じる歌だと思いました。
大西ひとみ

すみません、♪をつけたはずですがうまく送信できていなかったようで、評のみになってしまいました。
居待月

何度もすみません♥ついていました。見落としです失礼しました(汗)
居待月


粒ごとになりたい料理がちがうかも青豆のさやを剥きつつ思う

岡桃代

4 3+1 星

中牧正太多賀盛剛

上の句に唸りました。グリーンピースを粒ごとに使い分けるほどのお料理上手になってみたいです。
ミオナマジコ


グリーンピース転がれ皿からスプーンから緑の星になっておやすみ

あみー 家

4 4

ゆきうさぎなぎさらさ薄荷。さかな

グリーンピースって嫌われ者の野菜の代表格ですけど、そんなグリーンピースへの眼差しがとても優しくあたたかいと思いました。
嫌われて転げていっても胸を張って輝けばいいんだよ、と言われているような気がして。

なぎさらさ


スーパーにグリーンピースが出回って父だけがもう歳をとらない

えんどうけいこ

3 2+1

久哲岡桃代

生のえんどう豆を見ると春だなあと毎年思うのですけど、家族で旬のものを食べていた想い出があると、お父さんを亡くしたら、毎年、これはお父さんが好きだったなあなんて思い出すのでしょうね。巡る季節と、止まってしまった時間の両方が詠まれているところが秀逸だと思いました。
ミオナマジコ

グリンピースが出回る頃にお父様が亡くなられたのでしょうか。
なにかものによって故人を思い出したり偲んだりする瞬間って誰にでもありますよね。

幸香

ご命日の頃、ということですね。うまい♡
久哲

これは、お父様が亡くなられた、という理解でいいのでしょうか。と思ったらそうとしか読めなくなっているのですが、「もう」歳をとらない が響きました。上の句の、季節の描写との対比が生むリズムがいいと思いました。
岡桃代

グリンピースがお好きなお父様だったのでしょうか。グリンピースって旬が短いですよね、でもだからこそ余計にその時期が印象深いのかもしれません。
あおきぼたん


ごらんごらん最終的なぼくたちがグリンピースに除けられている

中牧正太

3 2+1

森下裕隆えんどうけいこ

シニカル読みしました。今や進撃の人類は生態系全てに忌み嫌われているのではと錯覚を覚えます。実際には自然/進化/時間における一瞬の出来事で、生態系はこんな事態なぞ何ら気にもしていないのでしょうが。調子を調えるための「ごらんごらん」が、詠者の告発めいた心情を表わしているようにも思えます。
WPP


丁寧にグリーンピースを選り分ける君の横顔少年のごと

ゆきうさぎ

3 2+1


さや摘まみグリーンピースをだす速さ背中のまるい母には勝てず

大西ひとみ 家

3 2+1 星

幸香苔井 茅

年の功と言ってしまえばそれまでですが(笑)母に勝てないことは数しれず…でもきっとそれでいぃんです。
幸香

他にも、無頭海老の殻剥き競争とか、鰯の中骨抜き競争とか、牡蠣の殻剝がし競争とか、その手の話には事欠きません。歳経た母には勝てない領域があるんです。グリーンピースはその最たるものですね。よくあそこまでぽろぽろ剥いていくと思えるほどに、見事な手捌きで毎年この時季にこなしていきますからね。いつもは眠っている能力だけに、この時季には不思議に思えます。
雨宮 司


快感よ グリーンピースをごはんからより分けたのち潰すこの、この

西村曜

3 2+1

本日 春彦あおきぼたん

すごい快感ポイント!「この、この」で転がり逃げるグリンピースが見えました!
あおきぼたん


残されたグリーンピースが涙して翡翠のようにキラキラ光る

すどちん

3 2+1

淡海わこだゆう

残されたグリーンピースを、美しく光るものとしてとらえているのが素敵だと思いました。
岡桃代


焼売のグリンピースは「複眼に似てる」と姉が言ってから駄目

森下裕隆

2 1+1

雨宮 司

ははははは、確かに似てるわ。他にも、茹で小豆が○○に似ているとか、バジルシードドリンクが××に似ている(もちろんチアシードドリンクでも可)とか、似ている物を挙げればキリがありません。おそらく、想像力の過剰なんだろうな。短歌を詠むにはいい資質だと思いますよ。私も似た資質を持っていますが、小さい頃から野生の動植物に接していたお蔭で抑制はできますね。
雨宮 司


オムライスきみ食べ終えた皿の端グリンピースがみどみど笑う

衣未(みみ)

2 1+1 星


春うららえんどうご飯を炊く母が「赤いスイートピー」をハミング

ミオナマジコ

2 1+1 星

WPP

「春うらら」が些かくどい感じもしますが、思いっきり春らしさが歌われていて好印象。そうかぁ、今は母が聖子ちゃんをハミングする時代なのね…
WPP


僕、グリンピースがもしも降ったって横浜みたいに濡れてしまうよ

久哲

2 1+1 星


じゃんけんぽん!グリンピース!と駆けてゆく兄の背中を追いかけた夏

淡海わこ

2 1+1

大西ひとみ

お兄さん、頭がいいですね!グリコだと3歩しか進めないけど、グリーンピースなら倍進めますね。ユニークでノスタルジックで素敵です。
ミオナマジコ


缶入りのグリーンピースは青くさい金属臭なる珍味となった

雨宮 司

2 1+1 星

衣未(みみ)

食べてみたい。案外乙かもです。
衣未(みみ)


名前負けしてる私の人生をグリンピースは笑い飛ばした

あおきぼたん

1 0+1 星


ママ嫌いパパ大嫌い食堂のグリーンピース僕は大好き

ミルトン

1 1


よけられたグリーンピースを潰すように生きてきました怖くなかった

なぎさらさ

1 0+1 星

下の句の「生きてきました」「怖くなかった」の畳みかけがいいと思いました。
岡桃代


お弁当のそぼろご飯にまん丸いグリーンピースの笑顔転がる

薄荷。

1 0+1


気に入りのワンピース着てつまんでるグリーンピースしあわせ緑

花代

1 0+1


この人がグリーンピースを食べたから世界にひとつだけのシュウマイ

多賀盛剛 家

1 0+1


よせられたグリーンピースの群れにすら入れやしない私(なんてね)

さかな

1 0+1


「担当は彩りです」と高温におかされたってグリーンピース

外川菊絵

1 0+1


大量に茹でて裏ごしして丸めグリーンでピースな地球をお食べ

松岡拓司

0 0


お料理にグリーンピースがアクセントそう思えるのが大人の証

冬夜

0 0


ぐりんぴーす ぐりんぐりりん ぱりんぱり ちょりんちょりんん どん!僕の勝ち

さはらや

0 0


色しらず味しらぬけどただ一つ前前前世グリーンピース

中川都市 家

0 0


昨日 2017年05月16日(火) 明日

出詠した人選歌した人



 2017 05 
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31