うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1140日 】 2017年05月14日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1140 日め 葉 
第36代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
   伊藤みこ

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

たんぽぽの綿毛が風に飛んでゆく母にならない人生もある

小川けいと

7 6+1 星

なぎさらさ幸香いずみ 美帆えだまめ桜望子

たんぽぽは多くの綿毛で子孫を増やす、対比としてすこしありきたりかとも思うが、韻律が良い。
多香子

同じモチーフで詠みましたが、軽やかに乾いた感じが素敵だと思いました。
わたしの歌が湿っぽく重くなったので、この爽やかさが眩しいです。

なぎさらさ


遠くから出てきた人は花嫁の襟元なおし遠くに座る

山口正剛

6 5+1 星

小泉夜雨衣未(みみ)えみnonたん民生

遠くから嫁いできた自分を重ねてしまいました。
幸香

結婚式の一幕。親族席の席だと親が一番遠いところに座るようになっていますが、血や身体は一番近いはずなんですよね。母と娘の距離の対比がさらりと描かれていてぐっときました。好きです。

みなさん、幸香さん、雨さん、ありがとうございます。
山口正剛


眉ひそめ母が嫌いと言う君の眉の形がその母に似て

大西ひとみ 家

4 3+1

安達せきる苔井 茅堂那灼風

いろんな感情が揺さぶられる歌ですね。反抗期特有なのか生い立ちに何かあるのかは分からないけど、親を疎ましく想うその姿に母との繋がりを感じるっていう。何処か美しい光景の中に業のような陰も差し込んでいて、たまらなくなりますね。
安達せきる

う~ん、母親が嫌いになるのは私にも経験がありますね。私の場合は勝手に室内の本やノートを動かされたのがきっかけでした。未だにちょくちょくやらかすので、今でも時々叱ります。怒ることはさすがに少なくなってきましたがね。まあ、それはそれ。「嫌い」は「好き」のサインなんですね。こうあってほしいという。親子はどこか面差しが似るものです。いい短歌だと思いますよ。
雨宮 司


さうかわれも母親だつたぐりぐりのにがお絵保育所に飾られて

天田銀河

3 2+1


会う度に痩せたかと聞くかあさんは小さくなってしぼんだくせに

ハナゾウ

3 2+1


自分だけ辛いと思いなさんなと母は言いつつせんべいがりり

小泉夜雨

3 2+1

小川けいと宮坂変哲

重いことをさらっと言うお母さんのがりりが効いていると思いました。
小川けいと


紙風船折ってたたんで息吹いて母がつぶやくあの頃の恋

多香子 家

3 2+1 星


赤い花のスタンプを送る母の日に既読がポッと咲くみたいにつく

桜望子

2 1+1

アイデアが凄い。LINEのコピーライター部門があれば今日はこれが大賞でしょうね。「ポッと」の部分が静かな余韻があってホッコリします。本当にあるなら真似してみようかな
安達せきる


立つ食べる話すことすら失ってなお母と思う母の微笑み

苔井 茅

2 1+1

花 暁

実際の認知症の母を知っています。こういうお歌にはたいてい傷つけられるのだけれど、この歌には平気でした。どんなでも「母は母」
多香子


我が母にカーネーションは似合わない今日も静かにうどんを食べる

雨宮 司

2 1+1 星


母になることなき身体を持て余し浸かる湯船はわずかに熱い

多香子

此方は現実感の強い母にならない歌。いろいろの理由は有って、また選択としてもいくつかの道はあるけれど、「もてあます」体もあるのだと言う事に♡をつけました。
多香子


義務感と情で選んだスイーツを母が喜ぶ五月の日曜

2 1+1 星

だゆう

めっちゃ分かるー!!(笑)となりました。妙な義務感があります。でもその情もあるので、毎回何を送ろうかと悩むところです。食べ物でも喜んでいただけるのがありがたい母と子の関係かな、と思いました。

雨様、音符と選評をありがとうございました。
うちは母子関係がそんなによくはないので、母の日は義務感が強くて、つい無難に母が好きなスイーツにしてしまいます。形に残るものだとセンスが合わなかったり文句を言われる可能性があるんですよね。

ハートと音符をありがとうございました。


「産む」という母もいいけど 例えば犬、花とかそういう母になりたい

夏凪

2 1+1

雨宮 司

ちょっと意味を取りづらい点もあるけれど、つまりは単に子孫を残す為の母にはなりたくない、ということでしょうか? 犬にとっての母、花にとっての母、そんな形の母であってもいいのではないかという、一般的な男が求める母親像への、ささやかな異議申し立てかと思います。子供は可愛らしいけれど、束縛されたくない、ということでしょうか。私はどうかって? う~む、煩悩が。
雨宮 司

つまり「飼い犬の母」「庭の草花を育てる」ということかと読みましたが、「育てる」母なのか犬、花そのものなのか判然としなかった。
多香子


納得はしてない分母と分子とをひっくり返してかける割り算

ひの夕雅

2 1+1

石海史乃

おもひでぽろぽろを思い出しました。ジブリって何回も放送されるし、共感してしまうシーンが多くて、みんなの記憶の一部としてふとした時にフラッシュバックするんでしょうね。パイナップル食べたくなってきた。
安達せきる

これは確かになっとくできませんね。このお題で分母を出した、語彙のセンスも素晴らしいと思いました。
小林一彦


あと母に夢がどれだけあるだろう満艦飾を見にきて親子

照屋沙流堂 家

2 2

西村曜天田銀河

「母に夢がある」ということに、恥ずかしながらはっとさせられました。そうですよね、「母」にもたくさんの叶えたい夢があるはず。「どれだけあるだろう」ということばから、この「母」はある程度年老いているのではと想像しました。その母と親子で眺める満艦飾。満艦飾というと華やかなイメージですが、ここではしんみりと、しかし夢のように美しいものにおもえました。
西村曜


照れくさいほどの桃色したためた一輪が揺れる自転車のカゴ

安達せきる

2 1+1 星


来なくていい電話もいいって言ってたねごめん母さん、真似してみるね

えだまめ

2 1+1


卒園で駆けだす子らもハコベラも去りゆく母も春の素粒子

chari 家

1 1


父さんが「今日から私は母さんだ」などとのたまう夢を見た朝

石海史乃 家

1 0+1


母が泣くときは背中が泣いているエプロンの紐すこしゆるんで

背中で雄弁に語るのは男の専売特許ではない、とでも言いたげな短歌。確かに母親も耐える存在だよね。父親が強い存在でありたいように、母親もまた強くあることを求められる存在なんです。強さの形は相当違いますがね。母親は喜怒哀楽の感情を、父よりも豊かに表現することを求められるのではないでしょうか。下句がリアルですね。よく効いていると思います。
雨宮 司


子を産みて乳をふくませ母となる ともに泣いてはともに笑いて

えみ

1 0+1


かあさんを泣かせてしまった反抗期 心は消しゴム何度も消した

こたきひろし 家

1 1


母さんと呼べばくっきり目に浮かぶぼくが泣いてもあなたは笑顔

nonたん

1 0+1


子育てを終えたる妻を「母さん」と未だに呼んで甘えています

雅夢士

1 0+1


母である資格などない女ですごめんね息子愛しています

いずみ 美帆 家

1 0+1


元気かい?ご飯はチャンと食べてるの?四十越えても子供扱い

宮坂変哲 家

1 0+1


この子だけわたしを母と呼んでいいカーネーションよりかがやく笑顔

1 0+1


階段をおりるたんびに屁をこいたって笑っていたなあ なあ母さん

ツナマヨ

1 0+1


幼子はいつまで経っても「ねぇ」と呼ぶ我もいつかは母になるのか

1 0+1 星


青汁のCMしっかり感動し元をとったとよろこぶ母だ

西村湯呑

1 0+1


種を蒔きこの千年を見守ったその惑星の父は我らだ

堂那灼風 家

1 0+1

どんまい!

割りきれぬ子を負う時に微笑みを浮かべてそうな肝っ玉分母

仙冬可

1 0+1

どんまい!

童らの戯れ「かーらすー何故鳴くのー?」「ママのからすを待ってるからじゃん」


昨日 2017年05月14日(日) 明日

出詠した人選歌した人

ハナゾウ 苔井 茅 えだまめ 雨宮 司 nonたん えみ ササキ アンヨ なぎさらさ chari家 小泉夜雨 大西ひとみ家 雅夢士 西村曜 ツナマヨ 小川けいと 安達せきる ひの夕雅 照屋沙流堂家 多香子家 いずみ 美帆家 仙冬可 天田銀河 堂那灼風家 こたきひろし家 桜望子 夏凪 宮坂変哲家 石海史乃家 山口正剛 西村湯呑

なぎさらさ 小泉夜雨 安達せきる 大西ひとみ家 幸香 いずみ 美帆家 ぽつり ハナゾウ 衣未(みみ) 小川けいと 西村曜 宮坂変哲家 えだまめ 仙冬可 西村湯呑 雨宮 司 天田銀河 多香子家 ひの夕雅 桜望子 石海史乃家 えみ 花 暁 だゆう 夏凪 苔井 茅 山口正剛 ツナマヨ nonたん 雅夢士 民生 堂那灼風家

33 人

35 人



 2017 05 
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31