うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1139日 】 2017年05月13日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1139 日め 葉 
第36代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
   社会適合者

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『 最低 』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

ほほえみを 健康で且つ文化的な最低限のさよならとして


「最低!」は日々に更新されており今日のところは急な土砂降り

といじま

3 2+1


最低なわたしが一人眠っててわたしに夢をみせようとする

大西ひとみ 家

3 2+1 星

涸れ井戸小川けいと

ちょっと不思議ですねこの歌。幽体離脱のように自分を俯瞰してる目線だと思うんですけど、普通は「一人眠って」のあとの助詞は「る」とか「た」にしがちですけど、「眠ってて」にすることで“あくまでも眠るわたしと夢をみせるわたしは別物ではない”として違和感を出してるんですかね。面白い。
安達せきる

最低なわたしがわたしの中に眠ってると解釈したのですが、そんな最低なわたしが見せようとする夢がどんなものなのかすごく気になりました。広がる歌だと思いました。
小川けいと


最低なくらゐに星空あかかりて俺へは開かれぬ手のひらだ

3 2+1


背伸びした勇気も身長制限でアトラクションから息子が戻る

須磨蛍

3 2+1 星

莉奈多賀盛剛

寂しいパターンですね。「うん、分かってた」みたいな顔で戻って来てくれると成長してるなぁ、と思います。
伏屋なお


傘と傘擦れ合ふ街のは今日の最低気温に到達しゆく

萩野聡

2 1+1

あい

雨が降る夜なのでその日の中で一番気温が低くなるという、誤解を恐れずに言えば、ごくごく当然な歌意ですが、惹かれました。おそらくは意識されてだろうと思いますが、漢字を多く使うことと旧かなをうまく取り入れ、あえて堅いイメージのある情景を詠まれているのかなと感じました。
須磨蛍


今ここが奈落、どん底、最低の場所だとしても星はキレイだ

たかだ牛道

2 1+1


最高の人生ならば生まれ出たその日がいちばん最低な日だ

多賀盛剛 家

2 1+1

伏屋なお

何もかもゼロからのスタートからですからね。日々の努力が問われている気がしました。
伏屋なお


家具はなくガスも止まったアパートで見ている朝日 最低じゃない

静ジャック

2 1+1


予報では晴れだったのに 夏服をおろした朝の雨は最低

冬桜

2 1+1


片想いする苦しみを噛みしめて風俗に行く最低な俺

梶原一人

2 1+1


もういいや最低だなと言われても大団円を外で見ている

小川けいと

2 1+1 星

梶原一人

最低だなんて。最終的に大団円になったのならそれでいいではないですか。エラリー・クイーンの疎外感に通じるものを感じます。
雨宮 司

身につまされる歌ですね。ある集団が和気あいあいと、所謂身内ノリをしている場所にうまく馴染めず、離れて見てる人物の姿が容易に想像できます。もっと上手に生きたいと思っている人ならではの繊細な感情がこの歌からは滲んでると思います。
安達せきる


この低い地に仰向けに寝転ぶと星が一番たくさん見える

涸れ井戸

2 1+1

安達せきる

直接テーマを折り込まずとも、誰がみても最低の意味がわかるし、逆説的な価値観を心理描写無しでシンプルに・見たままを歌っていて、すごく救いがあるなぁと思いました。何の知識もいらずに詠める歌って大事ですね。
安達せきる

山あいの地なんでしょうか。平地に較べると街の灯の干渉を受けにくくなるから、星々の観測には丁度いいんですよね。そんな地で夜空をじっくり見上げてみたい。
雨宮 司


冷蔵庫あけっぱなしで噛みついた最低はカレーパンの味です

七緒

2 1+1


最低な夜を迎えたその時は甘くて苦い一かけのチョコ

瀬和璃羽

1 1

蟻男

誰かから貰ったわけではなく
自らにあげる慰めは、やはり ほろ苦いですね。

蟻男


昼休み過去最低の点数を折鶴にして飛ばしてみました

長月美和

1 1

大西ひとみ

飛行機ではなく鶴?!と思ったのですが、鶴ならば勝手に見えないところに飛んでいってくれそうです。
といじま

折鶴がいいなと思いました。紙飛行機と考えがちですがそれだと普通っぽいですし、折り鶴が羽根をひろげ飛ぶのがどんな感じなのか想像しながら読みました
大西ひとみ


最低を笑顔で探し はしゃぐ女子 澄ますスイーツのカロリー表示

蟻男 家

1 0+1 星


神だった人が最低な男に変ってしまった やるせなきかな

詩音

1 0+1

どんまい!

半透明な海を無視して走る 最低なこの身を護るため

安達せきる

1 0+1 星

どんまい!

優しくてダンスも巧い顔もいい忘れないでねあのひとはクズ

東風めかり

0 0


試しがきひとつで揺らぐ事くらい知ってるでしょう最低ね すき

笹谷香菜

0 0


さいてい!と言ったきり顔を伏せた子と風に揺れてるピンクのふうせん

深影コトハ

0 0


諦めてしまった夢の話など きみの最低な春が終わる

文佳

0 0


最低と吐き捨てそれでおしまいですませられればよかったものの

野守風聴

0 0

どんまい!

昨日 2017年05月13日(土) 明日

出詠した人選歌した人



 2017 05 
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31