うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1138日 】 2017年05月12日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1138 日め 葉 
第36代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
 宮木水葉

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『 0 』

ゼロ
  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

君が来て君が出て行く プラスいちマイナスいちがゼロにならない

静ジャック

10 9+1 星 秀歌

すどちん冬桜ぽつりといじま常盤このは居待月宮本背水えだまめ涸れ井戸

リズムが滑らかでスッと意味が入っていくリフレインだと思いました。それでいて最後は切ないですね。
といじま

一度恋人になった人が去っていくことを「プラスいちマイナスいち」、そしてその後「ゼロにならない」と心の状態をあらわしている、一連の表現が素敵だと思いました。
岡桃代

せつない・・・(ノへ;)
宮本背水

温もりなど知らない方が幸せだったとはよく聞くけれど、三十一文字でここまでスマートに表現できるんだなぁと勉強になります。失恋の秀歌ですね。
安達せきる


4桁の0が並んだタイマーでまたカップ麺計る月末

といじま

3 2+1 星


惜しげなくさいごの1本だったのに煙草を分けてくれたあのひと

東風めかり

3 2+1 星

纏弥生藤 かづえ

最後の一本は真夜中なんかは特に大事なわけですが、それをためらわずにくれる人の優しさが伝わってきて好きです。
纏弥生


ガチャピンと歌おうヤッホー新幹線こだま0系ふたり占めして

しの

3 2+1

東風めかり中牧正太

楽しそう。楽しそうです!
東風めかり

冷静に考えると、今は走ってない(んですよね)にしても、新幹線を貸し切るって、贅沢ですが…。「ガチャピン」「ヤッホー」から伝わってくる明るい感じがいいと思いました。
岡桃代

音も内容も楽しくて好きです。ガチャピン→歌おう→ヤッホー→こだま、と初句から順番に縁語が引き出されてるのも言葉遊び感があって楽しい。
黒井真砂


ゼロじゃなく零と言うこと「ちり紙」で笑わないこと 好かれたかった

冬桜

3 2+1

井筒ふみ黒井真砂

そういう古風さ、というか折り目正しさを持った人物には、わたしは好感を持ちます。結句から察するに好かれたかった誰か、あるいは大多数の人には好まれなかったのでしょうか。なんだか胸を打ちます。
黒井真砂

すみません、コメントを送ってしまってから、こういう「折り目正しさ」を好む人がいて、主体はその人に好かれたかった、っていう読みもあるなあと思い至りました。その場合主体がいじらしくてかわいい……どっちにしろ好きです…。
黒井真砂


このようにとても上手などなたかに負けることですラブゲームとは

中牧正太

2 1+1

たかだ牛道

「このように」の言葉だけで多種多様な想像の余地があるのがいいなぁと思いました。好きになった方が負け、みたいな歌が木下龍也さんの歌に通じると思いました。
安達せきる


ゼロふたつ少ない桁で買い取られ帰路かさかさの心で歩く

葵の助

2 1+1


大台にのる誕生日にまた0からと一の位が微笑んでいる

CIPHER

2 1+1

静ジャック

誕生日の一日前と比べて、実際にはそんなに変わっているはずもないのにこの一日はずいぶんと違う気になります。「大台にのる」の破調がその重たさをうまく表していると思いました。大台にのった日の一の位は「0」、そういわれると微笑んでいるようにも(30とか)見えてきます。
静ジャック


海抜の0mから投げ込めば-1mに花束

メモリ

2 1+1


0ひとつ少ない僕の年収に足をつかまれている週末

きつね

2 1+1

安達せきる

深刻なヒエラルキーを感じる歌のはずなのに、どこか淡々と詠めるあたりが良い。月末じゃなくて週末っていうのもわざとズラした表現で、自分の状況を只絶望するのではなく達観することで希望を見出だせる気がします。
安達せきる


そっと待つ0が揃って次の日になった瞬間俺は変わると

心伝

2 2

衣未(みみ)笠和ささね

そう言っている限り、「俺」は何者にもなれないと思います。おそらくはリセットの意識があるのでしょうが、人間は経験から様々なことを学んで未来へと活かしていく存在です。リセットを意識したところで、全くのゼロの存在にはなれないのです。厄介な話ですが、その前提を受け入れない限り、「俺」は本当に変わることができないと思います。
雨宮 司


思い切り息吹き込まれて放たれた風船みたいに0になる恋

常盤このは

2 1+1


時計草狂へ ゼロには戻れずに肩震はせる僕等のうへに

黒井真砂

2 1+1 星

ナタカ

「ゼロには戻れずに」は時間を戻せないという意味に取りました。時計草が狂って時が巻き戻れば良いのにということでしょうか。巻き戻れば良いのにと思いながらも、その一方でそんなことは不可能であると分かっていて、結局「僕等」は肩を震わせ続けるしかないのだというやりきれなさが滲んでいるように感じられるところが良いと思いました。
時計草はちょっと毒々しい花なので、「狂へ」と共に初句に置くことで強い印象を残す歌になっていると思います。

ナタカ


広々と抱かれるような0であり0点ですが生きていきます

ナタカ

2 1+1 星

岡桃代

下の句の決意表明(ということでいいでしょうか)、最初の「広々と抱かれるような」のおかげで変な暗さや切迫感がなく、のびやかな感じが伝わってきて、いいと思いました。
岡桃代


0か100完璧主義のきみの飲むカフェオレの味何点ですか?

すどちん

2 1+1


食欲が0になるような夏の恋そっとしまおう日記のすみに

藤 かづえ

2 1+1


0からは何も生み出せないならばこれは種だよ花が咲く種

桜望子

1 0+1


深淵を覗いたときに深淵はこちらを覗く 「0」ということ

野守風聴

1 1


音もなく匂いで雨と気がついてけぶる零雨が立ちのぼるよう

居待月

1 0+1


海抜はかぎりなくゼロ干潮にあらがっている貝の亡骸

井筒ふみ

1 0+1


ひとこぶの背中の海でだいじょうぶ 水分ゼロのサハラ砂漠も

たかだ牛道

1 0+1

ヒトコブラクダに乗ってサハラ砂漠を旅しているのでしょうか。どことなく、『アラビアのロレンス』を彷彿とさせます。ラクダはかなり我が儘な性格らしいですがね。水分ゼロならかなり困りはしないかと思います。乾燥に強いラクダといえども動物ですからね。水は持って行った方がいいですよ。
雨宮 司


0と1ふたつの数の隔たりは「ない」と「ある」の違いでもある

岡桃代

1 0+1 星


俺だって駅のホームでにやにやと身体を触られたことありますよ 0円

水沼朔太郎

1 1


午前0時のオフィスでひとり幸せな未来を想ふ 薔薇になりたし

宮本背水

1 0+1 星


宿題は全部終えたし深夜からスフレ食べても無論チャラです

涸れ井戸

1 0+1


母の死を受け入れられず0の中はまりこみつつ泣きぬれている

ミルトン

1 0+1


乗客は只今0人このバスは失恋経由次の恋行き

梶原一人

1 0+1


中三のテストにこの点軽率につけれませんよね答えろ先公

棚笠

1 0+1

どんまい!

喉の奥まで全開で吼えてみろゼロも叫べばイチになるんだ

笠和ささね

1 0+1

どんまい!

0と1、声も画像もデジタル化、アナタの場所へ私も送って

瀬和璃羽

0 0

自分が数字になって送られていく錯覚を覚えました。
纏弥生


うなだれて落ちる夕日を眺めてたLIVEが僕のグラウンド・ゼロ

たのうえ 家

0 0


零距離を目盛りの示す停車場に襟を正して辞儀をして、霊

どんまい!

ゼロ備えゼロに照準定めたり詩作の日々はワイルドな日々

だゆう

0 0

どんまい!

昨日 2017年05月12日(金) 明日

出詠した人選歌した人



 2017 05 
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31