うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1137日 】 2017年05月11日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1137 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
   守宮やもり パンと緑茶

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

うつぶせで歌誌読み耽るきみの尻を枕に借りて歌誌読み耽る

梶原一人

5 4+1

元の部二宮 隼人小野田光黒井真砂

リフレインの楽しさがある。「きみ」も作中主体も歌誌を読み耽っているのだが、お尻を枕にするわけだから、無限連鎖にはならない。作中主体は仰向けになるわけですからね。似た者同士で、それはそれでいいのではないですか?
雨宮 司

お尻を枕に借りられても読み続けるなんて、よほど熱中してるのでは、と思います。
寄り添って短歌の世界に入り込む二人の姿が目に浮かびます。

金子りさ

「歌誌読み耽る」のリフレインが独特でおもしろいです。「うつぶせ」と(直接は書かれていないけれど)仰向けの短歌カップル。すてきですね。「きみの」おしりのやわらかさが情景の親密さを引き立てていると思います。前述のリフレインも、「きみ」「尻」「借り」「歌誌」の音の響きもすてきです。
小野田光

ふたりとも同じ趣味で微笑ましい歌ですね。つい自分なら片方を官能小説とかバイクの雑誌とかにしちゃうけど、尻を借りる程の仲睦まじい関係なので同じベクトルの雑種じゃなきゃ成立しないですね。計算されてて無駄がない。
安達せきる


夕暮れに明日をさがす尻の下ガードレールのたしかなかたさ

二宮 隼人

4 3+1

纏弥生松木秀金子りさ

夕暮れを見ながら明日のこと、これからのことを考えつつも、今ここでお尻に触れているガードレールの硬さを気にしてるところが面白いなと思いました。
「たしかなかたさ」の音の運びも、なんだか頑なな感じがして面白いです。

金子りさ

固さって表現がいいなと思いました。無機質でモノクロな生活にセンチメンタルな夕暮れの色が染み入るような、寂しさがあり泣きそうになります。
安達せきる

ガードレールに座っているのだろうが、明日をさがす、という場面てそぐわないように思えるが。
村田馨


しりとりが続いてしまうバス停に小さくゆれるダンデライオン

金子りさ

3 2+1 星

静ジャック岡桃代

バスを待つ二人の姿が詠み込まれていないのに目に浮かびます。ダンデライオン(タンポポ)の花言葉は「愛の神託」だそうです。二人の行く末を気遣う思いが揺れているのでしょうか。しりとりのようにいつまでも続くといいですね。
静ジャック

「続いてしまう」に惰性のような気持ちが見える。タンポポが脇役としてうまく効いている。
村田馨


ぼんじりが美味いんだよとしじゅうにで実家暮らしのヒロシが語る

猫旦那

3 2+1

東風めかり安達せきる

歌人の虫武さんの「三十歳職歴無しと告げたとき…」を思い出しますが、こっちの歌は主体目線ではなく親とか友人とか彼女(彼氏)とか誰目線なのかと想像が出来て充分オリジナリティがありますね。偏見ですけどヒロシって名前が脂っこそうなぼんじりと親和性が高いなって思いました。
安達せきる


黒々と目尻跳ね上げたる人が込み入ったプラン丁寧に説く

ぽつり

3 3

苔井 茅大西ひとみ村田馨

何だろう。保険か株か。やり手の営業レディという感じがよく出ている。
村田馨

いますねーこういう人。バッチリ化粧してててハキハキ喋る。有能な人が多いイメージですけど、携帯ショップとかだと相手がお爺さんとかでなかなか伝わらず混雑する。そんな社会のズレの面白さを考えて一人でクスッとしてしまいました。
安達せきる


晴れるだろう彼女が履いてくる靴とパンダの尻は何色だろう

中牧正太

3 2+1


登別に「とんけし」という地名あり沼の尻(末)という意味なり

松木秀

3 2+1

天使きらり衣未(みみ)

松木さんかな? 「とんけし」という地名の響きが持つ面白さがある。おそらくはアイヌ語だろうと思うのだが、北海道には「~けし」という地名が多い様に思えますね。代表が「厚岸」だと思うのだけれど、それ以外にもいろんな地名がありますね。どっちだろう。沼なのか、尻なのか。
雨宮 司

豆知識短歌なんてジャンルがあるのか分からないけど、勝手にそこにカテゴライズされてしまいそうな味わいのある歌ですね。(末)の意味が見ただけではよく分からないけど、「とんけし」で調べてみたら分かるのでしょうか。気になります
安達せきる


奥尻の桜そろそろ咲く頃か波がさらいし浜の真砂よ

村田馨

2 1+1 星


キャタピラで二つの山を乗り越えておいらは今日も働きに行く

涸れ井戸

2 1+1


パレードで見せるお尻は衣装なの にぎにぎやかなリオ・カーニバル

花 暁

2 1+1

たかだ牛道

にぎにぎやかって表現がいいですね。ただの音数合わせでなくリフレインが利いてるし、なんかオッサンが若いこの手を握るようないやらしい目線も想像できちゃいました。いい意味で解釈して欲しいです。
安達せきる


満月を選んで掏摸が「お返し」と尻ポケットに金を忍ばす

東風めかり

2 1+1

涸れ井戸

尻ポケットからサイフを盗んだスリが小銭を返したということ?なにゆえ?
村田馨


尻を上げ尾を右に寄せねだる猫わたしに挿せるものはないのに

笠和ささね

2 1+1


スカートに尻のラインが透けている女のヒール音が遠ざく

纏弥生

2 1+1 星

寿々多実果

作者がこの光景をどう受け止めているかが知りたい。
村田馨

お酒の席でおっさんと一緒に聞きたい歌ですね。合コンで披露したら賛否の嵐でしょうねこれ。でも遠ざかっているヒール音なあたり、しっかり空いての隙をついてスマートにみてるので、変態紳士的とも言えますし、ちょっとカッコいい気もしてきた。
安達せきる

女を感じる人につい見とれたり嫉妬したりしています。
纏弥生


大人たちの鳩サブレーは頭からそれとも尻か議論が続く

天使きらり

1 0+1

どっちでもいいんじゃない。
村田馨

スタイリュシュな歌ですね。自分ならこの手の話はたい焼きを連想しめすが、はとサブレによってローカル色が少し出た都会系のシティポップな雰囲気を醸し出しるというか。内容の不毛さとのギャップが下らなくて笑ってしまいますけど。
安達せきる


しりすぼみ、とすぼめる口がうつくしくもうそれだけで末広がりだ

西村湯呑

1 1


すわわわとお尻を撫でて過ぎてゆく迷惑条例違反の風よ

静ジャック

1 0+1 星


尻込みをしているような猿がいう見ざる聞かざる言わざる也と

大西ひとみ 家

1 0+1


お尻とは罰の丘だと言い放ち翌日撤回していた教師

あおきぼたん

1 0+1


かのひとの別れの涙信じたい 意のまま目じり濡らすひとだが


「沼尻さん、お元気ですか?」に付け加え猫の画像も添えるおはよう

天野うずめ 家

0 0

批評会が盛況でありますことを願って。
村田馨


コショコショと尻尾の付け根を撫でられて気持ち良すぎてお尻を上げる

瀬和璃羽

0 0


昨日 2017年05月11日(木) 明日

出詠した人選歌した人



 2017 05 
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31