うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1136日 】 2017年05月10日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1136 日め 葉 
第36代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
   こいのぼり まいち

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『 自由詠 』

  •  毎月10日は自由詠の日です。
  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

蓮根の穴に挽き肉詰めながらこれも凌辱なのかとおもう

ひの夕雅

5 4+1 星

安達せきる井筒ふみ黒井真砂堂那灼風

こういうの好きです。真夜中ツマミ用にちくわにきゅうりとか詰めるとき、「嫌でもアレを連想して興奮するなぁ」って感じと、親子丼みたいな料理を見て「人間って残酷だな」と冷める感じと、2つの意味で自分は捉えました。
安達せきる

まさか蓮根も挽き肉を詰められるとは思ってなかったでしょうね。
淡海わこ

これも、というところから連想のもとになっている凌辱のイメージが気になります。読み手の凌辱のイメージを呼び起こす心理テストみたいな巧みなお歌だなあと思います
御殿山みなみ


自動ドア開いた隙に流れ込む雨の匂いに癒されている

5 4+1

はるかわらびむうこ藤 かづえ

雨って憂鬱にはなりますが、降る時の匂いは濃厚で、すごく存在感あるんですよね。
そこに自然の偉大さというか、力強さを感じて、匂いは不思議と不快感はない。
寧ろ癒しを感じるというのは分かる気がします。これからは、そんな季節ですね。

わらび

どういう理由かはわかりませんが、自動ドアから出ていけない苦しさをベースに感じました
御殿山みなみ

空気が乾燥している時の雨の匂いを連想しました。そういう時の雨の匂いはほっとします。
むうこ


「ママ宿題なくてええなぁ」ママはもう自分のドリル済ませただけや

祐鈴

4 3+1

遠木音寿々多実果衣未(みみ)

そうです。子どもに宿題があるように、大人にも職業や立場に応じた様々な用事や仕事や勉強があるのです。別にしなくてもいいんだけれど、そうすると仕事がうまく進まなくなったり、まさかの時にそれに応じた行動がとれなかったり、人間関係がぎすぎすしたりします。それらはドリルの宿題よりも難しい場合が多いのです。正解が一つとは限らないから。人間、一生勉強です。
雨宮 司

子どもの気持ちもママの気持ちもよくわかります。ママのほうに「」がないあたりがいいなあと思いました
御殿山みなみ

関西弁がいいですね。そして、「そうや。大人はみんな、子どもステージをクリアしたんや!」と言いたくなりました。
遠木音

「あんたもええなぁ、ご飯炊かんでええし、洗濯せんかてええんやから」と言い返したら意地悪かな(笑)
寿々多実果


要点にマーカー引けば公道の植え込みさらに目を惹くツツジ

伏屋なお

4 3+1 星

桜望子苔井 茅

要点とツツジと、視点をフォーカスさせるところにアナロジーがありますね。ついでに因果関係もあるようで、なにげない日常のはっとする瞬間ですね
御殿山みなみ


真っ白い湯のみにみどり満たしてはそっと飲み干す 夏がはじまる

わらび

4 3+1 星

祐鈴山口正剛

お茶とかではなくてみどり。満たしては、というところに何度も飲み干してるイメージがあります。それはすごく夏のはじまりっぽいと思うのです
御殿山みなみ

♡、♪ありがとうございました。
自由詠でこんなにいただけたの初めてで嬉しいです。
御殿山みなみさま、評もありがとうございます。
新茶のみどりは若葉のみどり、何度も飲みたくなる季節が来たなと思いまして。夏を感じてくださって嬉しかったです。

わらび


やる気ある犬がやる気ない飼い主を散歩に連れ出し帰ってこない

大西ひとみ 家

3 2+1 星

楢原もか石海史乃

二句目が3+5の字余りになっているため、少しリズムがもたつくように思いました。助詞を省いて読点にした方が私は好きです。結句の“帰ってこない”は、歌に意外性を与える点で効果的だと思いました。
亀山真実

思わず笑ってしまいました。「やる気」という表現を使っているところが面白いと思いました。
岡桃代

走るなと言ってついてくじいちゃんはトイプーに散歩させられてる
寿々多実果

主従関係をわざと逆にしたユーモラスなお歌ですね。でもこの構図だから帰ってこないのに説得力があってすきです
御殿山みなみ

♥・♪・選評ありがとうございました
破調だったので、色々悩みました
評、嬉しいです

大西ひとみ


悪いのはすべて自分と知ってても買って食べたいティラミスがある

御殿山みなみ

3 2+1 星

天田銀河岡桃代

わかります!ティラミスと言うところがまたいいですね。
大西ひとみ


縁側で豌豆の筋をとりながら祖母の姿を庭に探して

知己凛

3 2+1

成瀬山水

穏やかな中にほんのりとした切なさを感じる、そんな一首。

体言止めでないからまだ続きがありそうな感じがするのも良いなぁと思ったポイント

成瀬山水

おばあちゃんの不在とゆったりとした日常がやけに時の止まったような情景に感じます
御殿山みなみ


こんにちはと挨拶をする幼子の帽子がゆれる君のとなりで

岡桃代

3 2+1 星

遠井海ひの夕雅

感情は述べられていないけれども、様々なシチュエーションがあるなと思いました。良いなと思っていた人に子供がいた、結婚していた事を知った瞬間か、付き合っていて、実はという事もあるかなと。何だか切なくなりました。
伏屋なお

ママに「こんにちは、は?」と言われて恥ずかしそうに「こんにちは」という幼子を少し切ない気持ちで眺めている主体のことが鮮やかに景として浮かんで来ました。何てことのないシーンなのですが、主体にとっては、例えば昔の恋人もしくは好きだった人を、その子供とセットで偶然とはいえ対面するというのは、ちょっとした事件にもなりうるのではないかと思って。幸せそうにしている親子を目を細めながら見つめている様子が心地いいです。
ひの夕雅

ゆれる、を倒置したことで目線が幼子から君に移っていく様子がよく出ていていいなと思いました
御殿山みなみ


麦秋が刻一刻と近づいて麦の穂たちがさあ武者震い

遠木音

3 2+1 星

淡海わこだゆう

麦秋ってもう確かに近くなってるんですねぇ。主体さまの楽しみな気持ちが擬人化の表現に出ている気がします
御殿山みなみ


月を見るたびになんだかうれしくてついウォウォウォンと吠えたりもして

花代

3 2+1

CIPHER大西ひとみ

ウォウォウォンと吠えるのはどんないきものなのでしょう。特定の動物を真似ていないあたりが主体さまのうれしさを増幅させているようです
御殿山みなみ

きれいな月が見えると嬉しいですね、私もテンション上がります。ウォウォウォンもかわいい。
大西ひとみ


けぶるように小糠雨降りあなたから別のシャンプー香る夕暮れ

藤 かづえ

2 1+1

御殿山みなみ

霧も小糠雨もどうしてこんなに香りを含んだ情景を呼ぶんでしょうねぇ。湿っぽい心情と、よろしくないシャンプーがむわっと伝わってくる感じに魅了されました
御殿山みなみ

湿気の中で隣の人から香る匂い、ドキッとするお歌です。
大西ひとみ


せんせえとけっこんするってみんなすぐいうけど俺のはほんきだからね

石海史乃 家

2 1+1 星

宮坂変哲

先生の恋人が幼稚園的なところの子供達と同じレベルに落とし込んだ語りかけと捉えました。はりあいかたがほっこりして素敵です
御殿山みなみ

そのまま保育所なり幼稚園なりの先生ガチ勢のつもりで詠みましたがなるほど張り合う恋人という読み方もできますね。むしろその方が自分でも好きかもしれません。ありがとうございました。
石海史乃


ポケットの中に見つけた一枚のきみの秘密をこっそり捨てた

遠井海

2 1+1

ぽつり

想像が膨らむお歌です。ポケットは誰のポケットでしょう。きみのポケットから見つけてこっそり捨てる読みもドキドキします
御殿山みなみ


丸善で勝負便箋選びぬき文学少女の意気も購う

苔井 茅

2 1+1 星

木蓮

形から入るかわいさにユーモアがまじってますね。こんなふうになりたい、というまっすぐさが伝わってきました
御殿山みなみ

大切な人への手紙ならば、確かに勝負はそこから始まっていますね。それだけで気分が高揚していく様子が伝わってきました。メールやLINEが通信手段になってから便箋を選ぶ喜びから遠ざかっていますが、素敵な便箋で誰かに手紙を書きたくなりました。
寿々多実果

御殿山みなみ様、寿々多実果様、すてきな評をありがとうございます!
♡、♪ うれしいです(*^^*)
便箋選びは、いくつになっても軽くテンションが上がる買い物です。

苔井 茅


はつなつのスイカ真っ赤に輝いて高級フルーツの顔をしている

淡海わこ

2 1+1 星

纏弥生

スイカが誇らしげな顔をしているところが浮かびました。果物にも表情があるって素敵ですね。
纏弥生

主体さまのスイカに対する、情景のきらびやかさを味わう気持ちとイジる気持ちがまじってるのがほほえましいです
御殿山みなみ

すいかの丸い形と「顔」のイメージがうまく合っていると思いました。たしかに、スイカも出始めは値段も高いですし、ある意味高級フルーツですよね。
岡桃代


さっきまで見ていた夢に戻りたきゃ ドアノブは月 探しにいこう

花 暁

2 2

棚笠花代

わたしは夢からさめると戻れないよなあとネガティヴに考えてしまうので、こんなにポジティヴに夜に誘ってくるこのお歌はたいへんイケメンです
御殿山みなみ

御殿山みなみ さん 嬉しいコメントありがとうございます! ぼくは日をまたいで前の夢の続きをみているんじゃないかと思う時もあります。この歌も、続きをみたいなあと思ったことがモチーフです。
花 暁


母がいて母が女でよかったとほほ笑むわけは言わない娘

山口正剛

2 1+1

知己凛

なぜ女でよかったのでしょう。全然わかりませんがそういうのをふふふと笑ってかわすお歌なんだなあと感じます
御殿山みなみ


赤黒い雲を見ているクレーンを乗せたトラックが軋むララバイ

井筒ふみ

2 1+1

伏屋なお

軋むララバイとは意味深ですね。クレーンが眠るようで仕事終わりの気だるげな情景をかもし出していると思います
御殿山みなみ


ゆく春を送り佇むはなみずき君に似ている そして切ない

木蓮

2 1+1

仙冬可

そして、がはらむこのお歌の感情がたいへん複雑に思えます。切なさの前に来るハナミズキになぞらえたきみの感傷やいかに
御殿山みなみ


眠りから覚めた仔犬は膝にのり談笑の輪に入る初夏はつなつ

はるか

1 0+1

仔犬が談笑の輪をつくるのでなく、すでにある輪にすっと入っていくのですね。主体さまのまわりの慣れ親しみがよく伝わってきて、きっといろんな季節ごとにこうなのでしょうね
御殿山みなみ


早世の友の不在がクラス会ひとりひとりにさみしさ配る

ぽつり

1 0+1

あまりに近い友だと配るのはかなしさだと思うのです。絶妙な死者との距離感がクラス会という言葉遊びに集まっている気がします
御殿山みなみ


旅立ちを終えて仲間も増えてきて到達地点の名前は知ってる

堂那灼風 家

1 0+1

RPGが好きなので、一見すでにやったゲームをやり直してるお歌としても通ると思いました。人生となぞらえた読みもできて、それらが重なるとまた考えさせられます
御殿山みなみ

冷静に終焉を見つめる時期は、大往生となり得る人ほど長くなるのでしょうね。どんな感情がそこに芽生えるのかは自分で確かめるしか無いのでしょうが、少し空しさもあるんじゃないかしら。
安達せきる


背の低い花もきりりと咲いているヒエラルキーを忘れさせてよ

楢原もか

1 0+1

高さのヒエラルキーに凛々しさのヒエラルキーがぶつかる上の句に、忘れさせてという下の句ですね。序列づけそのものへの倦みが感じられ、いろんな価値があるよね論から深まった悟りがいいなあと思いました
御殿山みなみ


「あんな声の頃があった」と負け惜しみ苦みばしったテノールと酒

成瀬山水

1 0+1 星

声変わりを惜しむテノールなのでしょうか、しかしそれをお酒が飲める年齢で負け惜しむというのは相当な情念なのではなかろうかと圧倒されました。深みではなく苦みがはしるのですね
御殿山みなみ


赤子抱き出来た筋肉二の腕の今は退化しぷにぷにと揺れ

むうこ

1 0+1 星

「ぷにぷに」を上手く入れているなあと思いました。ちょっと自虐的なところもありながら、母としての誇りも感じられます。
岡桃代

上の句がカチカチした発音多めでプニプニに行っちゃう感じが効果的に出ていると思いました
御殿山みなみ


ウイルスは呪いのろのろ床を這うホラー映画の女のように

亀山真実

1 0+1

たとえも何もかも怖いはずなのですが、のろのろというのがウイルスの性質とも違いそうで怖さを和らげているようで、じわじわと迫り来る別の感覚になってくるお歌ですね
御殿山みなみ


淋しいと言えばあなたは犬になり私の頰を舐めてくれる

1 0+1

リアルな情景であれば文句なしのらぶらぶで末長くお幸せに案件ですし、わたしは妄想力がねじれているのであなたを妄想として読みたくなってしまいました。すき
御殿山みなみ


起きるたびわたしは生まれ変わるはずだから朝から食むピザポテト

天田銀河

1 0+1

ダイナミックな言い訳ですね。2音でピザポテトを韻律的に食べたいのですが中々3音の動詞が多いような。わたしなら安直に「食う」ってしそうですが控えめな食むがお歌に合ってると思います
御殿山みなみ


ホテルダイヤモンドに吸い込まれゆく二人の指には光らない石

言葉遊びと光の対比に、しぶく愛がやどってるなと思いました。その観察眼が主体さまの孤独感にも感じられたりします
御殿山みなみ


「訃報」という言葉初めて知ったのは十九の時に友がお酒で

棚笠

1 0+1 星

あまり御縁になりたくない言葉ですが、死が人間の避けられぬ宿命である以上、いずれは直面せざるをえない言葉ではあります。そうですか。御友人が酒で亡くなりましたか。飲むまでは酒に合う体質か否かは分かりませんからね。花見の時だったのでしょうか。大学に入った人間が最初に酒を飲まされるのはその頃ですからね。類推するのも、時に辛いなぁ。
雨宮 司

訃報の実感ということでしょうか。友は未成年だったのですかね、結句の印象はそういう驚きを孕んでおるように思います
御殿山みなみ

選評、本当にありがとうございます。今日が命日です。
棚笠

音符も、ありがとうございます。励みになります。
棚笠


学力は試験前日まで伸びる今から志望を下げるな吾子よ

お子さんの不安がすごく伝わってきました。そういうのは大人になってからでよいですね
御殿山みなみ


からっぽで不甲斐ない吾を許せるかピーナッツチョコは優しい甘さ

0 0

ピーナッツチョコとはまたぎっしり詰まったものを持ってきましたね。からっぽな吾を許してくれそうです
御殿山みなみ


人間の見分けがつかない猫はそれぞれ模様が違っているのに

神保茂 家

0 0

ラジカルな始まりにびっくりしてしまいました。もののたとえなのでしょうか、わたしには人間の見分けは目に見えないところに多くがあるものなのだなあという感慨をもたらされたのですが
御殿山みなみ


昨日 2017年05月10日(水) 明日

出詠した人選歌した人

苔井 茅 むうこ 花代 遠井海 ひの夕雅 棚笠 ぽつり 伏屋なお 大西ひとみ家 花 暁 木蓮 山口正剛 桜望子 藤 かづえ 天田銀河 井筒ふみ ホシキョウイチ 御殿山みなみ 成瀬山水 楢原もか 知己凛 はるか 祐鈴 神保茂家 石海史乃家 わらび 岡桃代 亀山真実 遠木音 淡海わこ 堂那灼風家

知己凛 伏屋なお 桜望子 纏弥生 木蓮 天田銀河 祐鈴 御殿山みなみ 棚笠 CIPHER 楢原もか 安達せきる 井筒ふみ 花代 黒井真砂 はるか わらび 遠木音 遠井海 成瀬山水 苔井 茅 仙冬可 ひの夕雅 淡海わこ ぽつり 石海史乃家 岡桃代 堂那灼風家 大西ひとみ家 むうこ 寿々多実果 宮坂変哲家 藤 かづえ 山口正剛 だゆう 衣未(みみ)

34 人

39 人



 2017 05 
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31