うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1134日 】 2017年05月08日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1134 日め 葉 
第36代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
   ゆきの

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『 ぬるま湯 』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

俺が俺に優しくなくてどうするの真冬の米はぬるま湯で研ぐ

西村曜

13 12+1 秀歌

ハナゾウ纏弥生涸れ井戸たかだ牛道花 暁梶原一人深影コトハ堂那灼風CIPHER静ジャック冬桜塾カレー

上の句が特に気に入りました。「俺」までが「俺」に優しくなかったらたまったもんじゃないです。と思いながら、きっと己に厳しい方なんでしょうね。「ぬるま湯」も効いていると思います。
静ジャック

そう来たか!と言いたくなるような一首。
単純明快な短歌は強いのです。

塾カレー


ぬるま湯が冷水になりデパートのお手洗いからはじまる夏だ

塾カレー

5 4+1 星


ぬるま湯が好きだと言えば比喩として受けとる人もいて月曜日

冬桜

3 2+1

といじま東風めかり

連休明けのブルーマンデーに真顔で言われたら、淡々と日常を送りたい人なんだなと思います。
といじま


ぬるま湯のぽちょりぽちょりに閉じてゆく昼間は音を聞きすぎる耳

深影コトハ

3 2+1

黒井真砂しの

ものすごく分かる……!耳と神経を癒やす時間、大事です。
黒井真砂

「昼間は音を聞きすぎる耳」という下の句に切実なものを感じる。
勿論、耳には蓋など無いのだが、「閉じてゆく」という表現から自らの内面に沈潜してゆく作中主体の様子が伝わる。「ぽちょりぽちょり」は湯船に落ちる水滴の音だろうか。オノマトペは多少甘さがあるかもしれない。

塾カレー


ぬるま湯で溶かしたチョコを冷やすだけハートに喜ぶ素直さが好き

瀬和璃羽

2 2

莉奈こわくないもり

確かに。一からチョコレート菓子を作るのは大変ですが、ぬるま湯で湯煎をして冷やし固める方法なら、比較的容易に自家製チョコを作ることができます。バレンタインデーかと思いますが、本命でも義理チョコでも、もらう側にとっては嬉しいものです。この場合は御手製だから、おそらくは本命でしょうね。男にとっては非常にありがたいものですよ。
雨宮 司

女性の愛ってこんなコワさをしたためているんですね。発想も面白いし、男の単純さにまんざらでもない捉え方に母性を感じます。
安達せきる


食事後のお経にもにた日本史はぬるま湯みたいでみんな眠った

こわくないもり 家

2 1+1


ぬるま湯で作ったカップヌードルのように今夜は頑なな指

ハナゾウ

2 1+1


溜めこんだ寒い言葉が湯に溶けてぬるくなったらそろそろ出よう

といじま

2 1+1 星


ぬるま湯で溶かした葛のゆるやかさ 眠れぬ夜を今日は赦そう

莉奈

2 1+1


ぬるま湯の時代に生きた先人を恨んで切り詰める日々の飯

堂那灼風 家

2 1+1


ぬるま湯で作ったカップヌードルのような連休明けの仕事場

静ジャック

1 0+1 星

連休明けの状態でしょうか。比喩が効いてると思いました。
涸れ井戸


ぬるま湯に身体からだを丸めて潜る時羊水の中の胎児を感じる

すどちん

1 0+1


ぬるま湯になってしまった風呂の中カラマーゾフの兄弟を読む


火傷にはぬるま湯も刺すよ 夜の2時きみの勝手なやさしい言葉

悠葉

1 1

久哲

個人的には、刺すよ の よ がなければ♥にしていました。でも、君に対する語りかけの言葉とすれば、よ があっていいのかな。
寿々多実果

良い場面の見せ方ですね。勉強させていただきました。♡
久哲


ぬるま湯に浸かり続けていいような真夏の夜に吹き抜ける風

纏弥生

1 0+1


退屈だ刺激がほしいと言いながら夜中にホッと浸かるぬるま湯

CIPHER

1 0+1 通算50首詠


護衛艦かがぬるま湯のごとき海漕ぎ出せばつと灼熱の雨

梶原一人

1 0+1


心地よさだけではいつか冷えるけど熱くなるにも何かたりない

東風めかり

1 0+1


ぬるま湯のような日々だと言うけれど追い焚きして上がるのは君だ

橙田千尋

1 0+1


ぬるま湯のニッシン焼そばUFOの三分たっても麺ほぐれない

たかだ牛道

1 0+1


膨大な汗を流してぬるま湯に浸かってますと言い張る男

涸れ井戸

1 0+1 星


片想いいつも楽しいいつまでも浸かってられないいまも楽しい

しの

1 0+1


題詠が遠くに見える(ぬるま湯でいいから)日記に逃げちゃおうかな

笠和ささね

1 0+1


芸術は問い続けてる「ぬるま湯につかる人生、それが答えか?」

花 暁

1 0+1 星

どんまい!

これは難しい問題です。アンディ・ウォーホールみたいなアプローチもありますからね。アンディがぬるま湯に浸かっていたかと言われると、そんなことはないと断言できるけれど、誤解を受けることは多いでしょうね。芸術は時代の影響をもろに受けますが、ぬるま湯に浸かっていては他人の模倣に終わるだけです。独自の発想と研鑽はいつの時代にも必要ですね。
雨宮 司

雨宮さま、選評ありがとうございます! 最初は「青春漫画」くらいをイメージしたんですが、大風呂敷を広げすぎたでしょうか。参加したばかりです。精進します。
花 暁


ぬるま湯に浸かるような恋でした情熱的な恋では死ぬから

うた猫

0 0


昨日 2017年05月08日(月) 明日

出詠した人選歌した人



 2017 05 
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31