うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1134日 】 2017年05月08日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1134 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
   ゆきの

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『 ポニーテール 』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

おそろいのポニーテールを泳がせていつか大人になるのがこわい

楓子

5 4+1


勝ち進む姿ばかりが目に浮かぶポニーテールをきつめに結って

加治小雨

5 4+1 星


グーグルでポニーテールと検索し出てきたひとが全員タイプ

ツナマヨ

3 2+1 星

けら倉橋千帆

これ、歌と言うより感想ですよね。でも好きです。笑っちゃいました。(そして私も画像検索してしまいました)
大西ひとみ

面白かったですw
ポニーテール好きな人多いですよねぇ

淡海わこ

えへっ、てなりました。ほんまに、かわいい人ばっかり出てきますね。
加治小雨

大西ひとみさん、淡海わこさん、加治小雨さん、評ありがとうございます!
かわいいですよね!

ツナマヨ


きみのポニーテールがつくる水滴をプールサイドで受け続けたい

ナタカ

3 2+1


無造作なポニーテールをなびかせて夏の匂いのきみが近づく

文佳

3 3


ざっくりとポニーテールを作る朝淡き毒気の残る首すじ

和沢舞衣

3 2+1 葉 はじめて

安達せきる金子りさ

エロスを感じるうたですね。岡崎裕美子さんの「したあとの朝日はだるい…」を思いだしました 。
安達せきる


いのちあるように弾んだ後ろ髪きっとひかりの国との境

スコヲプ

3 2+1


赤色のポニーテールのあの子から手紙をもらう初夏の始まり

黒猫ななこ

3 2+1


引く弓の馬手めてが虚空を掴むときポニーテールはかすか乱れて

鳥尾鮭介

2 1+1

藤 かづえ

顔には出さないけれど髪が揺れるというのが素敵だなと思いました。弓道着×ポニーテール、最高です。
加治小雨


はつなつの風がうなじを撫でていくポニーテールを季語と呼びたい

藤 かづえ

2 1+1

史乃

爽やかさにやられました。季語にしたい気持ちも納得。
加治小雨


堂々とポニーテールをひるがえす学ラン姿の応援光る

キョースケ

2 1+1

七緒

最近は応援団に女子が入ることも珍しくなくなりましたね。ひょっとすると助っ人かもしれないけれど。髪が長いと汗をかいた時に収拾がつかなくなってくるから、ポニーテールにまとめているのでしょうね。男臭い応援にも味わいがありますが、女の人が凛とした表情で応援の檄を飛ばしているのもなかなかにいいものです。学ランに身を包んだ姿には、ちょっとした勇ましさがあります。
雨宮 司

甲子園のアルプスを思い浮かべました。学ラン応援団の女の子も選手に負けないくらい一生懸命で素敵です。
加治小雨


もう二度とポニーテールにしないって決めたあの子のきれいなうなじ

小川けいと

2 1+1


春嵐 ポニーテールがめちゃくちゃに暴れ泣き出したいほど恋だ

黒井真砂

2 1+1


木漏れ日にポニーテールが濡らされてきらめくあなたの初夏の輪郭

2 1+1


艶やかなポニーテールにジャレルとき前世はネコと悟りもうした

冬夜

2 2


その足であなたが走ってゆけるようポニーテールは高いめに結う

笹谷香菜

2 1+1


薫風がポニーテールを捕まえてシャボンの香と混ざるはつ夏

淡海わこ

2 1+1 星

だゆう

薫風は初夏特有の、森の香りを含んだ風です。好きな人もいれば、癖のある香りがどうしても苦手だという人もいます。それはともかく。この短歌は初夏でなければ成立しません。薫風には石鹸の匂いが混ざり、独特の匂いになります。前述のようにその香りには癖がありますが、それが忘れられない記憶となっていきます。いい短歌です。
雨宮 司


緑燃える街駆け抜ける刹那なる一陣の風 ポニーテールは

詩音

2 1+1


早く早く はつなつが来るスイカバー齧ってポニーテール結んで

七緒

1 0+1 おとの日


母が結うポニーテールの柔らかさ四月の風にちょっと負けそう

金子りさ

1 0+1

娘の立場としても、母の立場としても、共感しました。きつく結ぶのって難しいんですよね。
倉橋千帆


走り去るポニーテールを目で追った振り子のように揺れる初恋

倉橋千帆

1 0+1 星


君はもうポニーテールができるのか後悔してるわけじゃないけど

居村杏

1 0+1


ポニーテールにするには少し短くてヘアゴムはまだゴムのままある

天野うずめ

1 1


いちばんに起きてばたばたする母のポニーテールに反対しない

中牧正太

1 0+1


窓を揺らす五月の風に立ち向かうきりりと結んだポニーテールで

薄荷。

1 0+1


ふんわりと結わいた髪をゆらす風どこへ行くのかどこから来たか

永昌

1 0+1


じゃあまたね、太宰治の女生徒さん、さよならポニーテールの少女

西淳子

1 1


子供らはポニーテールに憧れる大人は酒に飲まれる土曜

大橋春人 家

1 0+1


浅き夢月曜の朝100人のポニーテールが揺れて悩まし

けら

1 0+1


横顔が麗しいきみ我々はポニーテールの君と命名

大西ひとみ 家

1 0+1 星

どんまい!

大海へ行けぬ一滴眼の前のポニーテールを滑り落ちる間

松岡拓司

0 0


くるくると髪を巻いてる子はいつも僕の知らないところでポニテ

野守風聴

0 0


五年ぶりポニーテールの君を見て胸がトクンと何故か動くの

心伝

0 0


昨日 2017年05月08日(月) 明日

出詠した人選歌した人



 2017 05 
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31