うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1126日 】 2017年04月30日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1126 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
 ササキアンヨ

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

神の手が春と夏とを縫い合わす透明な風を針に通して


縦の糸横の糸にもなれぬまま消えゆく飛行機雲を見ていた

璃子

5 5


この糸の色を赤だと思いたい二人はいつも夕焼けに会う

史乃 家

3 2+1

まつぼっくり夏凪

夕焼けだから、どんな色の糸もセピアカラーに見えるわけですね。まあ、人が一番感覚を働かせねばならなくなる時間帯ですから、ロマンティックにもなるでしょう。二人を結ぶ糸が、運命の赤い糸なのか他の色の糸なのかは知りませんが、きっと二人は幸せになれますよ。
雨宮 司

同じ心で会っているところが素敵です♪
苔井 茅


糸電話できるくらいの距離にいて横顔ばかりずっと見ている

3 2+1 星

えんどうけいこnonたん

「糸電話できるくらいの距離」という表現が絶妙だと思いました。
えんどうけいこ

えんどうけいこ様、ハートと選評をありがとうございました。
糸電話出来るくらいの距離って、つかず離れずで眺めるのにちょうどいいと思うのです。

ハートと音符をくださった方、ありがとうございました。


絡まった糸を切るしかなくなってマリオネットはもう踊らない

えんどうけいこ

3 2+1 星

CIPHER雅夢士

どのようなからまり{問題}が起きたかは窺い知ることはできませんが。大きな問題が起きた事は分ります。
雅夢士


「赤い糸あの娘に貸してあげたのよ」からりと笑ふ君いとをかし

CIPHER

3 2+1


何一つ求めることがない君の扉を叩く糸雨に紛れて

まつぼっくり

3 2+1


その糸を引いて引いてとんとんしたらすとんとあなたの巣に住んでおり

西村湯呑

2 1+1


絡まった糸がほどけず編みかけのセーターに向かい馬鹿と怒鳴る

大西ひとみ 家

2 1+1

永昌

あるあるな場面、上手くいかなくてつい文句が出ちゃうのに共感しました。素直に情景が浮かびます。
ただ、怒鳴るというほど大声は出ないのではないかと思ったのですが、作者の感性からは怒鳴るがちょうど良い表現だったのかもしれませんね。

えいお

からまった糸を解くには決して短気をおこしてはなりません。気長に輪を広げるだけ広げると縺れは解けます。
雅夢士

セーターに向かってとありますが、本当に怒鳴りたかった相手は誰かな?って想像しました。
居待月


結ばれた赤い糸さえ溶かすような酸味の効いたあの娘と出逢う

nonたん

2 1+1


大島の紬と聞けば泥染めの地糸がうかぶ加那の黒髪

雅夢士

2 1+1 星


ちくちくちく ×××はゆるされて 泣きたい夜は刺繍にすが

夏凪

1 0+1

×××にふりがながなかったので「クロスステッチ」と読みましたが合っているでしょうか?
(違ったらごめんなさい)
針仕事などの単純作業って救いですよね。

なぎさらさ


問い詰めて今更何を晒すのか千島桜に糸雨降り止まぬ

桜子

1 0+1


糸通しだけが得意な母だから通園グッズは全て外注

なかばまち子

1 0+1


そんな日もある弁当の豆飯が糸を引いてる とりあえず喰う

宮嶋いつく

1 0+1

勇気がありますね。納豆になったのだろうか。無事を祈ります
雅夢士


適当な相槌打てり舌先はデンタルフロスのようにはいかず

永昌

1 0+1


なぜ糸を巻いたら靴ができるのか無知の幸せ紡ぎつづける

苔井 茅

1 0+1 星


左手の小指を縛る赤い糸その先にある闇を見つめる

ミルトン

1 0+1


針に糸通そうとしているひとのぎゅっと引き結ばれるくちびる

椋鳥

0 0

下句の「引き結ばれるくちびる」が、「糸」の縁語になっていて、よく考えられた表現だと思います。普遍性も高いんじゃないいかな? 真剣に針仕事をしている人って、大抵こんな表情になっていますよね? まあ、この境地を卒業したら、会話でもしながら仕事を進める、ということになるのですが、なかなかその境地にまでは、ねぇ。数年間は引き結ばれたままかな?
雨宮 司


夕方の多摩川は銀の糸となる河原を去って不在のわれに

照屋沙流堂 家

0 0


幾万と絡んだ糸がほどけたら出逢えるかしら運命の人

龍也 家

0 0


贈り物毛糸で編んだ赤色のタンスの底で眠りは覚めず

冬夜

0 0


冬鳥の旅立つ頃だアクリルの毛糸が指をやすりがけする

笠和ささね

0 0


クソリプを反省してる 糸電話の糸に洗濯ばさみを下げる

神戸亜美

0 0

どんまい!

滲んでく小指の先から流れ出る赤い糸はもう行き場がなくて

うた猫

0 0

どんまい!

昨日 2017年04月30日(日) 明日

出詠した人選歌した人



 2017 04 
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30