うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1124日 】 2017年04月28日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1124 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
 悠佳里

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

ブルーベリージャム掻き出せば瓶底にのぞく夜明けのような明るさ

ナタカ

6 5+1 星

七緒たかだ牛道寿々多実果あおきぼたん静ジャック

やってみたことはありませんが何となくそうなのかなあ、と思わされました。思わぬところに思わぬ発見があるものですよね。
静ジャック


夜の底 手さぐり同士のドライブは落ちてる軍手が指さすほうへ

4 3+1


はなびらに夢をさまされ魚族うろくずは水底ふかくもぐろうとする

雀來豆

4 3+1


夕暮れに底があるならここだろう路地じゅう続くケンケンパッパ

松岡拓司

3 2+1


井の底の蛙はわりと物知りで例えば月の満ち欠けのこと

涸れ井戸

3 2+1


椿の花はゆっくりと沈みゆきいま水底の論理のうえへ

メモリ

3 2+1

ナタカ松岡拓司

「水底の論理」という表現が印象的です。陸の世界のものだった椿の花が水に落ちて、水の世界のものとして水中で朽ちていくさまを想像すると、美しく、広がりのある歌だと感じました。
ナタカ


葛籠尾つづらおの湖底に眠る土器かはらけをなぐさむやうなけふの月光

東風めかり

2 1+1


まつくらなお風呂にひとり水底のさかなのやうに月を見てゐる

桔梗

2 1+1


涸れ井戸の底に根付いた蒲公英に如雨露の水をたっぷり注ぐ

たかだ牛道

2 1+1


魔法瓶覗けば底に未来への口が開いてた昭和であった

あおきぼたん

2 1+1


新緑の匂い嗅ぎつつ真夜中の底をあるいてきみの家まで

ミルトン

2 1+1

桔梗

「真夜中の底」が川端康成『雪国』を彷彿とさせていますね。でも、この場合は感覚的な表現ではなく、例えば谷底の様な、具体的な表現に近い気がします。真夜中の街の細道を歩いて「きみ」の家に通う作中主体はどんな気持ちなのでしょうか。
雨宮 司


水底に転がる錆びた斧の数だけ幸せを得た人がいる

深影コトハ

2 1+1


どん底に落ちたらあとは上るだけ気楽に言ったアナタは青い

瀬和璃羽

2 2

といじまかんぬきたくみ

シンプルな言葉で内容もストレートに入ってきてとても納得しました。
といじま


シリアルをパフェの底からすくいだすようにわたしを見つけてくれた

雪間さとこ

1 0+1


健康で文化的とは何でしょう鞄の底のゼムクリップよ

中牧正太

1 0+1


底辺と高さをかけて二で割った中にあの子と俺たちがいる


底辺を20メートル掘ってみるそれ相応の人があつまる

@aokikenichi 家

1 1


缶の底目指して伸ばす舌がまだ黄色の粒に届かない冬

長月美和

1 1


長身の君に合わせて買いました 厚底靴で繰り出す初夏はつなつ

はるか

1 0+1


鍵盤の底に生身の思い出があってやらこく弾くノクターン

笹谷香菜

1 0+1


きっと良い人だカップにいつだってコーンスープが溶け残る君

七緒

1 0+1


碧々と湖底のような薄暮れの僕らふたりは地獄におちる

黒井真砂

1 0+1


水難が不思議と多発する市営プールの底に沈んだテディ


鉄のペン落とさず増える金のペン万年筆の沼は底なし

といじま

1 0+1 星


水底の泥にぶづぶづ埋まりゆく夢母親を傷つけた夜

小川けいと

1 0+1

どんまい!

藍色のたとえば澄んだ海の底ゆるりと歩き貝殻ひろう

西瞳

1 0+1

どんまい!

どん底に突き落とされた気分です バンジージャンプしたシュークリーム

街田青々

0 0


底辺の下の真下のさらに下そこに私はおります 嫉妬

野守風聴

0 0


水底から見上げた青を空色と水色そして恋と言うのか

chari 家

0 0


吸い込まれそうな空だと言ってみる空の底には限りなく星

堂那灼風 家

0 0

「空の底」がいい。空に吸い込まれそうな感覚に襲われる時ってありますよね。山間部なのだろうか? 「限りなく星」と言うからには、かなり暗い星までしっかり見えている必要があります。新感覚派の様な表現がキマっています。
雨宮 司


つぶらなる乳房に我は生命をのむやわき記憶の水面みなもの底で

七遊司

0 0

どんまい!

昨日 2017年04月28日(金) 明日

出詠した人選歌した人



 2017 04 
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30