うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1122日 】 2017年04月26日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1122 日め 葉 
第36代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
   元の部 木タロー

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『 かさぶた 』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

むしらんと毟らないのよかいかろうけど痒いだろうけどかかんとよ掻かないのよつばむしったら瘡蓋を毟るとまたちのずっよまた血が出るよ

寿々多実果

5 4+1 星


もうとうになくした肘のかさぶたに触れながら聞く相談事を

しま・しましま伏屋なお衣未(みみ)

肘って無意識についさわってしまうことありますね。そこに傷があればなおさら。ちゃんと聞いてないというつもりではないけど、なんとなく身が入らない相談事の感じと、もうないものを触れてしまう感じが合ってるようでいいなって思いました。かさぶたなのに「なくした」という表現をされてるところも好きです。
しま・しましま

深刻な話なら、スマホを弄りながらとか髪をくるくるさせながらとかはしちゃいけない。でもこれは実際やる。無意識にやってしまう。
寿々多実果


かさぶたが花瓶のかたち ほろほろとくちの方から欠けてゆきます

けら太田宣子小川けいと

「か」で韻が踏んであるところに、「ほろほろと」というオノマトペが心地良いなぁって思いました。
しま・しましま

どうしても抽象的になってしまいがちなお題だと思うのですが、とても具体的なかさぶたがよかったです。
太田宣子


ジーンズをたくしあげたら最強のかさぶたふたつあって楽しい

金子りさ

5 4+1

黒井真砂苔井 茅桔梗ナタカ

「最強のかさぶた」頼もしい感じでいいなって思いました。
しま・しましま

右膝と左膝にひとつずつでしょうか。思いきり遊んで思いきりこけたのかなと思いました。それは確かに最強のかさぶたですね。最高ではなく最強というのが、ちょっと小学生男子みたいな元気良さがあって良いなと思いました(もしかすると主体は子供ではないのかもしれませんが)。
ナタカ


かさぶたにしづかに触れる さみしさは忘れたころにやつてくるんだ

桔梗

4 3+1


学校へ行けなくなつた春もあつてちひさき傷のちさきかさぶた

太田宣子

4 3+1 星


とてもいいかさぶただねと褒められてあの日の傷が誇りにかわる

小川けいと

4 3+1

西瞳えだまめ楢原もか

上の句がいいなって思いました。お医者さんとか、なにか信頼できる大人の人に言われたのかなとか想像しました。
しま・しましま

悲しい歌が多い中、ポジティブな歌で惹かれました。
淡海わこ


かさぶたの下のつるつるした皮膚に「忘れちゃえば?」と軽く言われて

ぽつり

3 3


かさぶたをやさしく剥がすきみの手のどう触れたってのこる傷痕

文佳

3 2+1


瘡蓋にまだならぬ傷やはらかくあなたと今日を繋いでしまふ

3 2+1


土曜だけ銀を外した左手がひみつ探ってかさぶたに着く

久哲山口正剛

開いたら最初の歌で目を引いたが、最後まで諸作読んでも、この歌がやはり良い♡
久哲


また人を愛してしまうかさぶたをわざと剥がして痛がってしまう

楓子

2 1+1

宮本背水

かさぶたは、痛みが癒えかけた昔の恋愛のことですね。「わざと剥がして」というところが気になる。過去の傷を好きな人に見せたがっているのか? 相手の気を引くにしても、ちょっとばかり悪趣味かな。普通は心配させまいとしますよ。殊更に昔の恋愛を語るのもどうかと思います。困ったな。
雨宮 司


かさぶたは傷が癒えてる証拠だと言ったあなたは嘘つきだった

伏屋なお

2 1+1 星


かさぶたを引き剥がしたら光りだす何も知らない新しい皮膚

2 1+1


通院と投薬を終え寝る猫をなでる腕には細いかさぶた

楢原もか

2 1+1

真坂きみか

猫ちゃんの通院なのですね。飼っていないのでわからないのですが、調べてみたら猫ちゃんにもかさぶたの出来るような病気も幾つかあるらしい。家族も同然ですから、人間に対するのと同様の悲しみがありますよね。主体さんの深いため息が聞こえてきます。
伏屋なお


夜明けなど来ないねついついかさぶたを剥いちゃう癖が直らないから

なぎさらさ

2 1+1


かさぶたの縁をめくりてハルゼミのまつすぐに降る森へ出でたり

しま・しましま

2 1+1 星


覗いてはいけないと鶴がいうように掻いてはダメよとささやくかさぶた

CIPHER

2 1+1

わらび

何と優しいかさぶたか。ささやくというのが、かさぶたのイメージに合っている気がします。自己主張は控えめという。
わらび


かさぶたが剥がれたような青い空おもしろそうにこいが泳いで

nonたん

2 1+1


さよならを新たな好きで覆ってもやわらかいまま血が滲んでく

白子

2 1+1


何をそんなに飢えるのか かさぶたを剥がして食べて作り剥がして

ただよう

2 1+1

寿々多実果

野性的とか本能的に生きてたらそうなのかもしれない。子どもの頃にしたことがあるから。
寿々多実果


痛みなら時間が経てば消えるから心のかさぶた剥がさずにおく

薄荷。

2 1+1

心のかさぶたは殊の外、剥がさない方が良いかもしれませんね。程良いところでストッパーになってくれるかもしれない。誰にも得手不得手はあって、人とは違う所が痛む人がいる。そういう方を数人知っているので、この歌はとても理解しやすいものでした。
伏屋なお


耳の裏二センチ弱のかさぶたはあなたじゃなくて猫がつけた傷


朝起きて爪に詰まりしかさぶたに抱え込んでるものを尋ねる

安達せきる

1 1

久保 直輝

かさぶたを剝がしたのがすごいし爪に詰まるのがすごいし尋ねるのがすごい。
久保 直輝


カチカチをパリンパリパリえぐっている かさぶたではなくクレームブリュレ

夏凪

1 0+1

遊び心が勝った短歌です。かさぶたのオノマトペにしては硬質な形容が続き、どうも今ひとつだなと思わせておいて、ラストでどんでん返しをかましてくれました。これは嬉しい誤算です。クレームブリュレは砂糖と溶き卵を加えた牛乳を加熱してから冷やし、最後に表面に焦げ目をつけて仕上げます。確かにこんな感じの質感ですね。作中主体が楽しんでいるのが見てとれます。
雨宮 司

確かに似てるパリパリ感。あれは はがす ではなくて、えぐる とか ほじくる という感じですね。
寿々多実果


かさぶたの剥がれしのちのひりひりと火星が熱を持ちし頃はも

塾カレー

1 1

金子りさ

火星が熱を持っていた頃、どのぐらい昔の話でしょうか。かさぶたの剥がれてしまった痛みと、その奥の熱っぽさから、ふと火星、それも古い昔の火星へと思いが飛ぶ感じがいいなって思いました。
しま・しましま


かつて私の血であった なぞらえて気が付く恋があってもいいと

西瞳

1 0+1 星


東北でよかったですか? 八重桜みたいなピンクのかさぶたの色

宮本背水

1 0+1


はぐためにあるかさぶたはみずうみにわらってなげたこいしのかたち

天田銀河

1 0+1

かさぶたから、みずうみにイメージの広がるところがすてきだなって思いました。
しま・しましま


平凡な日々にスリルを じわじわとかさぶた剝がす 血が出たら負け

久保 直輝 家

1 0+1 星


傷つけた左手首のかさぶたがもう剥がれてた 生きるしかない

キョースケ

1 0+1

傷が治ったことの証明としての「かさぶた」の終わり。結句の言葉を言われたような気がしたのかもしれませんね。傷一つ治っただけで「生きても良いのかな」と思うほどには厳しい世の中なので、それを思うと力強い歌だと感じました。
伏屋なお


かさぶたをお守りにして生きている君を一生忘れないため

冬桜

1 1


残された噛み跡の痂皮引っ掻いて愛の不在を確かめている

せしん

1 0+1


かさぶたに覆われている心だと笑おうとするたびに血が出る

宮嶋いつく

1 0+1


あなたとの関係は息をしてなくてかさぶた1つ作れないまま

淡海わこ

1 0+1 星


しわなのかかさぶたなのか見境もなく掻き毟る夏の夜です

1 0+1


剥がれてくかさぶたにキス さようなら君が最後に遺した傷よ

わらび

1 0+1 星


かさぶたの痒みのようね思い出は触れて剥がして傷口見てる

高木一由 家

1 0+1


かさぶたって傘をさしてるブタさんとずっと思っていた昔々

花代

1 0+1

「はれときどきぶた」を知っている身としては、こういう可愛い歌はどうしても選びたくなりますね。失礼かもしれませんが、これを見て傘を持った彼が出てきてしまいました(笑)「ぶた」には違いないですからね。私も幼い頃に何だったかピュアな間違いをしていたような気がします。
伏屋なお


新しい私ここからこんにちは泣いた恋でも今はかさぶた

けら

1 0+1


かさぶたが治ってしまえば貴方との日々は思い出 赤いペティキュア

真坂きみか

1 0+1


かさぶたをゆっくり剥がす うすもものセカンドラブがすでに再生

たかだ牛道

1 0+1


いつだって剥がせば鮮血滲み出る 瘡蓋かさぶたになるしかない恋は

詩音

1 0+1

どんまい!

かさぶたのように被さる青い幕 癒えない傷は死体と変じ

ササキ アンヨ

1 0+1

どんまい!

傷つけてしまった君の心には誰かがかさぶたしてくれるでしょ

0 0


傷を癒す暇もないほど青春の我がかさぶたに霹靂はしる

堂那灼風 家

0 0


昨日 2017年04月26日(水) 明日

出詠した人選歌した人

白子 伏屋なお ぽるかどっとみずたま ササキ アンヨ 寿々多実果 安達せきる 詩音 花代 ぽつり 宮本背水 キョースケ なぎさらさ 太田宣子 ただよう 文佳 久保 直輝家 薄荷。 夏凪 楓子 高木一由家 冬桜 塾カレー せしん 楢原もか 宮嶋いつく しま・しましま ホシキョウイチ 金子りさ 桔梗 淡海わこ CIPHER 西瞳 真坂きみか 小川けいと nonたん けら ナタカ たかだ牛道 天田銀河 わらび 堂那灼風家 永昌

詩音 さかさ 白子 しま・しましま 宮本背水 寿々多実果 伏屋なお 久保 直輝家 なぎさらさ キョースケ たかだ牛道 せしん ただよう ササキ アンヨ 西瞳 楓子 CIPHER 黒井真砂 花代 nonたん えだまめ けら 楢原もか 真坂きみか 太田宣子 衣未(みみ) ホシキョウイチ 淡海わこ 小川けいと 久哲 天田銀河 夏凪 高木一由家 WPP 苔井 茅 わらび 桔梗 山口正剛 薄荷。 宮嶋いつく ナタカ 金子りさ 永昌 ぽるかどっとみずたま 文佳 だゆう

46 人

49 人



 2017 04 
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30