うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1109日 】 2017年04月13日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1109 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

これ父の作なんですと言はれればフラミンゴより檻を見てゐる

西村曜

5 4+1

一〇〇八しま・しましま桔梗ひの夕雅

見ちゃいますね、言われれば見ちゃいます。フラミンゴの鮮やかささえ置いといて檻を見ちゃう感じ、いいなって思いました。
しま・しましま


満開の桜のなかに置いてきた作中主体は泣いただらうか

七緒せしん久哲文佳

自身の作品の中の作中主体であれば、自身が泣くかどうか決められるような気もしますが、意外と勝手に行動しちゃうものなのかも。本当は作者が泣きたいことあるのかなって思いました。
しま・しましま

あ。これは見える。綺麗だ♡
久哲


べつべつの明るい未来の副作用みたいにさくら降りださないで

文佳

5 4+1


息切らし作業着のまま飛び込んできた男だけが泣いていた通夜

ひの夕雅

3 2+1

莉奈井筒ふみ

通夜の席のひとコマですが、忌中の際の正装やら何やらの形式的なこと(これも大事ですが)は二の次だということを、まざまざと見せつける一首である。通夜の席でお悔やみの言葉を口にする者はたくさんいるでしょう。しかしながら、人目も憚らずに泣く人はそうそういるものではありません。感情を弾けさせる者は友人の宝です。心ゆくまで泣かせてあげて下さい。
雨宮 司


なめらかにネクタイ解く兄の指 作家になるって言ったじゃないか

七緒

3 2+1


作文の夢にただよふ誤字などを刺繍のやうに正す赤ペン

3 2+1


山ぎはに残れる夕陽は茜さすきみ住む街を影絵とせり

藤 かづえ

3 2+1


‪恋なんてムダだと書いて逃げ出した作者の気持ちは無視してください‬

五條ひくいち

3 2+1


手作りのパイをもらった日の夜はいただきますと丁寧に言う

冬桜

2 2


作文を読み上げられてゐし午後の中庭を横切る真つ青なホース

しま・しましま

2 1+1 星


作業服見慣れぬ父を送り出す再就職の緊張の朝

可奈美

2 1+1

寿々多実果

作中主体の父親は、どうやら現在無職らしい。そうは言っても、一日も早く安定した収入を得る術を持たなければ、家族にまで金銭的な不自由を強いることになってしまう。親として、また夫として、その状況は何としてでも避けなければならない。少々危険だろうがキツかろうが、仕事を選り好みしている場合ではないのだ。作業服、イカすじゃないですか。胸張って仕事をこなしてください。
雨宮 司


鉛筆が尖りすぎてて先生の好きな作文書けそうもない

苔井 茅かんぬきたくみ

作文が好きな先生なのか、先生が好きな内容や表現を使った作文なのか、たぶん後者の方だと思いましが、とにかく書けない理由が言いがかりっぽいところが面白いなって思いました。
しま・しましま


工作はそっちの意味か手づくりの素朴な船と思ったけれど


作文は「せんせいあのね」で始まって今でもずっと書き続けてる

えだまめ

2 1+1

衣未(みみ)

懐かしい!濃い鉛筆でひらがないっぱいで書きましたね!
衣未(みみ)


作られた順に正しく死んでいくハロー、オートマチックコンビニ

南瑠夏

2 1+1


飲みかけのペットボトルをかき集め海を作れと夢で言われて

街田青々

1 1


作業着の男が浮いたり沈んだり夜の八郎潟の遠浅


さよならのときに涙をながしつつ頭のなかで作歌していた

ミルトン

1 0+1


都合よく作り話をくり返しそれを記憶とすり替える人

ぽつり

1 0+1


愛すべき人つくりそこねた詩のようにつけそこなった睫毛のように

雀來豆

1 1


嫌々作らされていた作品が優秀作としてさらされる

キョースケ

1 1


手で筒のかたちを作り見る星も大きく見えて次は両手で

スコヲプ

1 0+1


作文に書いた夢から飛び出して動物たちがあいさつに来た

伏屋なお

1 0+1


神さまが赤い糸から無作為にえらんだ人をさがしだすまで

井筒ふみ

1 0+1


歌会の作者あけまであと5分ドキドキ感をひたすら隠す

知己凛

1 0+1


呼吸する生活をするあいしあう流れ作業でこなせばおわる

一〇〇八

1 0+1


作家でも書きようのない生きざまだ桜の下で死ぬ気も無いし

ただよう

1 0+1


作られた私作っている私どちらも私目立ちたがりの


今日は歌作れんと思う夜に買う桃色雑誌の表紙が重い

大橋春人 家

1 0+1


これからは雲など作って暮らします正論ばかりの教室をでて

0 0


書いて生きることを選びし老作家最後の夕陽を明日と記せり

シュンイチ

0 0


前もって食べさせたいと手の込んだ料理になると作りすぎちゃう

流歩詩

0 0

どんまい!

昨日 2017年04月13日(木) 明日

出詠した人選歌した人

かんぬきたくみ 伏屋なお 街田青々 ぽつり ミルトン 冬桜 西村曜 五條ひくいち ひの夕雅 あおきぼたん シュンイチ けら こりけ☆忍☆ケリ子 井筒ふみ 桔梗 ただよう えだまめ しま・しましま 可奈美 藤 かづえ 南瑠夏 キョースケ 大橋春人家 七緒 知己凛 雀來豆 流歩詩 文佳 一〇〇八 スコヲプ

西村曜 ぽつり ミルトン 知己凛 スコヲプ 一〇〇八 こりけ☆忍☆ケリ子 南瑠夏 ただよう 苔井 茅 莉奈 七緒 しま・しましま 五條ひくいち 可奈美 寿々多実果 典子 けら 大橋春人家 静ジャック 藤 かづえ 伏屋なお 大西ひとみ家 せしん 衣未(みみ) 桔梗 井筒ふみ かんぬきたくみ ひの夕雅 えだまめ 久哲 文佳 だゆう

32 人

34 人



 2017 04 
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30